最新ホテル業界ニュース

ブルガリホテル東京(都内中央区)が2022年末に開業する。
八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業で建設予定の複合ビルのうち、39階~45階(最上階)の7フロアを占める。同ビルは、オフィスや商業施設が入るハイグレードなミクストユースビルとなる。
ブルガリホテルズ&リゾーツは、ミラノ・ロンドン・バリ・北京・ドバイでラグジュアリーホテルを展開しており、今後は、2018年に上海、2020年にモスクワ、パリにオープンする予定で、東京は9軒目となる。
客室は、ツイン・ダブルルームを中心に、ラグジュアリーなスイートから究極のブルガリスイートまで、多彩なタイプを取り揃えた全98室を予定。約1,500平方mのブルガリ・スパでは、トリートメント、リトリート、グルーミングなどを提供、最先端のフィットネスジムと25m屋内プールも併設する。インテリアデザインは、これまでのブルガリホテルズ&リゾーツ同様、著名なイタリアの建築設計事務所アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィールが担当。洗練されたイタリアン・スタイルのエッセンスを取り入れた、機能的にも優れた空間を創出する。

ロイヤルパークホテル ザ 名古屋(名古屋市中村区)は、新ブランド「ザ ロイヤルパーク キャンバス 名古屋」にリブランドした。
新ブランド「キャンバス」の名称は、お客のスタイルに合わせて自由に利用してもらえるホテルを目指し、「キャンバスに絵画を描くかのごとく、自由に自分色でご利用いただく」という思いが込められている。
ゆったりと過ごせる「キャンバスラウンジ」も2階に新設、ちょっとしたおしゃべりをしながら、仕事をしながら心地よく過ごせるよう、キャンバスオリジナルコーヒーも用意。これまでに培ったロイヤルパーククオリティを元に、新ブランドのファーストホテルとしてスタートする。
全室に、有線・無線LANを完備。照明、デスク、チェアに至るまでビジネスをサポートする環境を実現。全室に、全米ベッドシェアNo.1の「サータ」ブランドマットレスを採用。ロイヤルパークホテルズ初の大浴場も併設。全客室 禁煙。更に、空気加湿清浄機を全室に用意。ホテル1階には、コンビニ、レンタカー受付もあり、ビジネス・観光の拠点として活用できる。

■Mギャラリーbyソフィテル(京都市東山区)が来年3月までにオープンする。
場所は、2015年に廃業した老舗旅館「いろは旅館」の跡地で、洗練されたデザインのホテルを開設する予定で、外資系ホテルチェーンのアコーホテルズグループが初進出する。
京阪電気鉄道の三条駅の東側にある旅館跡地約1,500平方mに、地下1階地上5階建て全144室を建設している。年内に完成の予定。
アコーホテルズは、フランスを拠点に世界100カ国・4,300ホテルを運営。Mギャラリーは同社のブランドの一つで、洗練されたデザインの建物や内装を特徴としており、世界に90施設ある。

フランス・パリに今年9月1日、フォション(FAUCHON)初のホテル「フォション ロテル パリ(FAUCHON L’ Hotel Paris)がオープンする。
場所は、高級グルメ食料品店の老舗御用達として知られるフォションが1886年に誕生した地でもあるマドレーヌ広場。
デザインは、建築家リシャール・マルティネとアトリエ・パリュエル・マルモンが担当。客室数はスイート11室を含む全54室。カリタ(Carita)のアメニティを配し、ホテル内にカリタスパとフィットネスセンターも完備。室内のミニバーのラインナップをフォションのペストリーやフォアグラ、フルーツフレーバーティーやシャンパンなど、フォションが供する美食の数々にゲストの好みでカスタマイズできる”グルメバー”を導入。その他、部屋でフォションのシェフが用意するプライベートディナーや、セーヌの川面をチャータークルーザーで散策など、パリ滞在をフォションスタイルで満喫できる。

中部国際空港セントレアホテル(愛知県常滑市)に10月1日、新棟がオープンする。
11階建てで、客室数は160室(ツイン100室・ダブル60室)。空港ターミナルビル直結というアクセスの良さと、バス・トイレ・洗面が独立した従来棟の魅力はそのままに、客室内は横に広い窓で明るく開放的な空間とし、スーツケースが拡げられる十分なスペースを確保する。
また、新棟開業に併せ、本棟にラウンジを新設、レストランのリニューアルも実施する。ラウンジでは、「景色・伝統・文化」をテーマに、モダンな茶室空間、旅の情報を収集できるビジネスコーナーや、待ち合わせに利用可能なリビング空間を完備。レストランは、地元食材を取り入れたメニューに一新、席数を従来の80席から106席に増やし、6月3日にリニューアルオープンする予定。

ANAクラウンプラザホテル神戸(神戸市中央区)では、北神急行電鉄とコラボし、「ANAクラウンプラザホテル神戸&北神急行電鉄30周年記念電車ケーキ」を販売している。
ANAクラウンプラザホテル神戸が9月29日に開業30周年、北神急行電鉄が4月2日に開通30周年を迎えたほか、両社がともに30周年を祝福したいとの思いで実現したコラボ。ホテル階下の地下3階には、北神急行電鉄の新神戸駅もある。
記念の電車ケーキは、新神戸駅から谷上駅まで続くトンネルを抜ける車両の光景にインスピレーションを受けたホテルのパティシエにより、北神急行電鉄監修のもとに制作。ホワイトチョコレートムースとラズベリームースを重ね、周囲をピスタチオのグラサージュでコーティングした土台のケーキが山を表現。チョコレートを使ってトンネルやレール、7000系車両を細部まで作り込んだ。サイズは4号(直径12cm)、高さ約13cm。同ホテル4階のティーラウンジ ザ・ラウンジで発売。5月31日まで。

大阪新阪急ホテル(大阪市北区)では、地下1階グルメバイキング「オリンピア」で阪急電車とのコラボ企画を実施している。
かつて阪急電車の先頭車両に付いていた運行標識板(円形)をモチーフにした赤と白のチョコプレートを用意。アイスやケーキなどにトッピングして楽しめる。また、オリンピアの入口前には阪急電車の列車先頭部を模した顔出しパネルが設置され、家族での記念撮影などに利用できる。4歳から小学生までを対象としたスタンプラリーも実施。スタンプラリーカードで指定した料理コーナーを阪急電車の駅に見立て、その料理を食べるとスタンプが貯まる仕組み。終点の梅田駅まで制覇すると、次回使える「オリンピアご招待券」がもらえる。

京王プラザホテル(都内新宿区)では、「美女と野獣」をテーマにしたフェアを開催している。
開催されているのは、同ホテル館内レストラン・ラウンジ4店舗での、フランスの童話「美女と野獣」(ボーモン夫人作)をテーマにしたフェア「バラに恋した美女と野獣」で、特別メニューを提供する2階のレストラン3店舗前と、4階のウエディングサロン前、計4か所には「美女と野獣」をテーマにした装飾が施され、絶好のフォトスポットとして人気を呼んでいる。6月30日まで。

■海辺ホテルプライムリゾート賢島(三重県志摩市)では、オーシャンウイング3階全客室をリニューアルオープンした。
計15室で、改装のコンセプトは、「静かでゆったりとした時間の中で過ごす南欧リゾートでの休日」。リニューアル後の客室は、南欧風の白を基調に、木目の優しさと海を感じさせるブルーグリーンのアクセントを加えた、やさしく明るいスーペリアツインルームに変更。洗い場付きのバス・シャワーブースを設置したほか、朝食のルームサービスなどの特典も用意した。客室の内装には、やさしい色の木目「Natural」、英虞湾を感じさせるブルーグリーンのアクセントカラー「Blue Green」、スペインのトレンドを取り入れた家具やカーペット「Spanish」の3つの要素を取り入れ、客室に居ながら伊勢志摩の海と空と風を感じる上質な癒しの空間を演出した。
広さは室内スペースが40.5平方m、客室テラスが10.0平方m。バスルームは洗い場のついたバス・シャワーブースとし、ミキモトコスメのバスソルトを用意したほか、女性には「ミキモトコスメティック」またはフランス発マリンコスメティクス 「アルゴテルム」のフェイシャルスキンケアとバスアメニティを用意した。また、客室にはミニボトルワイン赤と白をセットで用意したほか、プライムリゾートのオリジナルブレンドコーヒーも楽しめるという。

■鶴居ノーザンビレッジホテルTAITO(北海道阿寒郡)では、自転車に乗って観光する「サイクルツーリズム」事業に本格的に参入した。
「サイクリストに優しい宿」として専用の客室やサービスを提供するほか、東京の旅行業者などと提携し、村を拠点に管内を自転車で周遊するツアーも企画している。
サイクルツーリズムは、ロードバイクなどスポーツ用の自転車で各地を巡る体験型観光。道内では冷涼な気候や直線道路の多さといった利点を生かし、開発局を中心にモデルルートの策定など普及に向けた取り組みが進んでいる。
同ホテルでは、全16室のうち1階の洋室6室に自転車を引っかけるハンガーを設置。1台100万円を超えることもあるスポーツ用自転車を客室内で保管できるようになったほか、工具や消耗品など自転車用品の貸し出し、販売も行う。初心者向けには自転車を貸し出し、村周辺を周遊するガイドも始める予定だという。

■ホテルマイステイズ函館五稜郭(北海道函館市)がオープンした。
旧ホテルネッツ函館の運営を引き継ぎリニューアルオープンしたもの。
今回の改装で客室数が202室から208室に増室し、室内を明るい内装に刷新。ファミリー向けにも利用できるトリプルルームも新設した。全客室に携帯充電器を設置しており、高層階北向きの客室からは五稜郭公園と五稜郭タワーを望むことができる。また、2階レストラン「アザレア」では、函館名物の「イカ刺し」など地産地消にこだわった約30種類の和洋バイキングを提供するほか、1階ロビーには、直結したコンビニエンスストアもある。

■長崎に、ホテルやマンション併設の、サッカースタジアムパーク構想が浮上している。
長崎は、今季からサッカーJ1に参戦しており、建設予定地は、JR長崎駅近隣で、スタジアム建設費だけで百数十億円をかけ、そばにはホテルやマンションを建て、総事業費は500億円となる予定。2023年からの使用を目途に、親会社のジャパネットホールディングスが全額出資する方向で進めているという。
特徴は、同じ敷地内にホテル、マンション、商業施設、オフィスなども建設する点。プロ野球やサッカーのスタジアムで、同一敷地内でこれだけ多くの建物を併設するのは、日本では例がない。ホテル、マンションはいずれも300室の予定。ホテルでは例えば、スタジアムで試合がある日には相手サポーターの宿泊も想定したもてなしも考えているという。この他にアリーナの建設も検討しており、また、敷地内には企業向けの大規模なオフィスもつくり、企業誘致も狙い、新たな雇用の創出も目指したい考え。現在の本拠地は、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で、最寄りのJR諫早駅からは徒歩約30分で、試合日は周辺で車の交通渋滞が発生するというアクセスの課題も抱えている。同市内にはクラブハウスがあり、新スタジアム完成後は選手らの練習拠点になる見込み。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭にも」) ; https://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; https://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です