ホテル商品製造工場の歴史

 

こんにちわ。「一流ホテルのベッド」の渡辺克明です。
現在、日本全国の高級ホテルの客室向けにベッドを製造している工場は、私の祖父(渡辺礼市)の代に創業しました ———–

私はこれまで、大手ホテル客室のベッドを長年担当させて頂いた関係で、たとえば、都内・虎ノ門にあるホテルオークラの本社や、赤坂にあるホテルニューオータニの本社、あるいは、大阪・中之島にあるリーガロイヤルホテルの本社など々・・大手ホテルの本部に頻繁に出入りさせて頂きました。
(あるいは、日建設計、観光企画(KKS)、竹中工務店等々・・・有名ホテルの建築・設計・デザインに主に携わる大手企業等々)

その際、ホテルの支配人や上層部の方々から、ベッド工場の生い立ち等について、よく質問を受けました。

今でこそ、全国の名立たるホテル様にベッドを納入させて頂いたり、SERTAやROSETなどの海外のインテリア高級ブランドとライセンス契約を結んで日本国内で一手に製造するまで成長していますが、創業当時は、まだまだ日本の家庭にはベッドをはじめとする西洋式のライフスタイルが普及していない時代で、大変な苦労がありました。

祖父は、もともと広島出身で、戦前から戦中、そしてあの原爆投下から終戦に至る当時も、広島市内に住んでいました。
(実家は爆心地からは離れていましたので幸い一同は皆無事でした。)

祖父は、原爆投下で焼け野原になった広島で、戦後、「広島第一授産場」という工場を興し、戦災者・引揚者・戦災孤児など400余名が働く工場を作りました。
当初、そこでは、ミシン作業や木工作業などで多くの商品を製造していました。

戦後すぐに、天皇陛下が広島に来られた際には、この工場にも立ち寄られました。
その際の記録が残っていますので少しご紹介します。

↑手を振られる天皇陛下 (遠くに原爆ドームが見えます)

工場内では、多くの同作業場従業員や社会事業関係者、広島母子寮員、開拓団代表、子供達等、多くの人が出迎え、祖父が陛下をご案内致しました。
陛下は、社会事業関係者の前では「しっかり社会奉仕を頼みますよ。」と、一人一人に帽子をとってご会釈になられ、開拓団体には「いろいろ困難な事もあろうが食糧増産のためしっかりやって下さい。」とご激励、戦災者、引揚者などの生活困窮者400余名が働いている同授産所の工場、ミシン補導所、木工工場製作品陳列所をご視察になられました。

工場で働く、とある母に連れられた子を祖父が紹介すると、陛下は「しっかりやってね。」と、お言葉をかけられました。

授産工場内での天皇陛下↑

◇記録に残っている、祖父の陛下案内の際の言葉 ;

「私が、場長の渡辺でございます。只今から御先導申上げます。ここに陳列致しておりますものは当授産所の製作品でございます。只今従業致しております者は約400名でございまして、その内で約20名がこの場で働いております。自宅で内職として働いております者が約280名でございます。その大部分は、戦災者と引揚者でございまして、一部の生活困窮者も働いて居ます。これらの従業者の収入を申し上げますと、技術者で多く取ります者が1日百七八十円でございます。また、少ない者が未経験の者で1日四十円位でございます。平均いたしまして1ヶ月千七百八十円となっているのでございます。」

◇また、陛下をお見送りした後、祖父は次の様に語っています。

「天皇陛下には、中国地方御巡礼あそばし、同授産場にご来臨あそばされ、喧騒極まる塵埃の屋内作業現場の実情、及び、製品を御覧あそばされ、一々御激励・御慰労の御言葉を賜わりました。陛下の御温情溢るる御英姿御仁愛の御言葉に接し、一同、感涙に咽ぶ次第であります。私達、援護生産の事業に従事する者は、今日の善き日を記念し、更に業務に精励いたしまして、平和国家建設に微力を盡す決意であります。」

そして、その後、この授産工場に、広島に駐留していた進駐米軍のベッドの修理・マットレスの修理が持ち込まれたことをきっかけに、ベッド作りが始まったのです。
祖父は、これから日本人の生活が西洋化してゆき、ベッドが日本人の一般家庭に普及していくことを予知していました。

1957年(昭和32年)1月に会社設立。同年(昭和32年)7月、製造部門を分離して、別会社を設立しました。

現在、工場の本社やショールームは、広島市内にありますが、この敷地内には、実は以前、私(渡辺)の住まいもあり、小学校2年生までは、工場の敷地内に住んでいました。(その後、事務所・ショールームの拡張により広島市郊外に移転)

今では、東京や大阪にもショールームを構えるまでに発展しました。

製造工場は、創業当時は広島市西区にありましたが、その後、郊外に移転し、現在は、広島の少し北にあります。

工場内には、私の祖父の胸像が飾られています。

祖父(渡辺礼市)の胸像 ↑

現在、日本全国の高級ホテル向けにベッドを製造したり、海外ブランドのベッドを日本国内で一手に製造している工場のルーツは、この様に、広島の戦後の復興の歴史とともに歩んできたのです。

参考動画 ;

ちなみに、工場本社建物のすぐ傍には、原爆で被爆したレンガ造りの給水塔が現在も残されています。

今では緑の蔦で覆われている為、外からはよくわかりませんが、広島市の被爆建造物にも登録されている建物です。
私が小さな子供の頃から慣れ親しんだ遺構です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭にも」) ; https://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホテル・旅館・観光・インテリア業界の最新ニュース

■セントレジスホテル大阪(大阪市中央区)では、5月14日から、1~2階のフレンチビストロ「ル ドール」で、映画「ピーターラビット(TM)」とコラボしたCINEMAデザートブッフェ「ピーターラビットガーデン」を期間限定で開催する。
英国人絵本作家 ビアトリクス・ポターが描く「ピーターラビット」の世界を実現した企画で、物語の舞台となる美しい山と湖に囲まれたイギリスの湖水地方をイメージしたブッフェ台に、絵本から飛び出したようなマクレガーおじさんの庭や、いたずらなピーターがかけ回るニンジン畑などを再現。スコーンや、ヴィクトリアサンドイッチケーキなどのイギリス伝統菓子や、物語にちなんだ菓子、フィッシュアンドチップスやミートパイといった英国らしいセイボリー、ラビットカプチーノなどのオリジナルドリンクなど、”ピーターワールド”をお届けする。7月1日まで。

■京王プラザホテル(都内新宿区)では、「美女と野獣」をテーマにしたフェアを開催している。
開催されているのは、同ホテル館内レストラン・ラウンジ4店舗での、フランスの童話「美女と野獣」(ボーモン夫人作)をテーマにしたフェア「バラに恋した美女と野獣」で、特別メニューを提供する2階のレストラン3店舗前と、4階のウエディングサロン前、計4か所には「美女と野獣」をテーマにした装飾が施され、絶好のフォトスポットとして人気を呼んでいる。6月30日まで。

■軽井沢マリオットホテル(長野県北佐久郡)では、カーリング体験ができる宿泊プランを販売している。
2月の平昌冬季五輪で盛り上がった競技人気を背景に、通年型カーリングホール「軽井沢アイスパーク」のある軽井沢の新しい楽しみ方を提案する。
カーリング体験は宿泊日か翌日の1時間で、対象年齢は5歳以上。アイスパークでインストラクターの指導を受けられる。ホテルの部屋は温泉が付く。宿泊プランは1人38,234円から。
20~30代の友人連れを主なターゲットとし、需要をみながら、夏季のトップシーズンでの販売や、ファミリー層へのPRも検討する。今回のプランは6月30日まで。

■川奈ホテル(神奈川県伊東市)では、ゴルフの大島コースが開業90周年を迎えることを記念し、グループ利用で2泊3日、900万円の豪華宿泊プランの販売を始めた。
大島コースは「日本ゴルフの父」と呼ばれる大谷光明が設計し、1928年6月15日に開業。自然を生かした手作りのコースでゴルフ愛好家からも人気が高い。
1936年にはホテルがオープンし、女子のフジサンケイレディスクラシックが毎年開催されている富士コースも開業。今回、ホテルの歴史の原点である大島コースを多くの人に親しんでもらいたいと、900万円のプランを企画した。
4~10人利用で同一料金(税込)。主な特典は、1泊40万円弱の最高級のインペリアルスイートルームなど希望の部屋を選べるほか、滞在中は専属の執事が付く。レストランやバーも自由に利用でき、各種料理やドン・ペリニヨンなどのシャンパンや高級ワインも味わうことができる。両ゴルフコースを90ホール回る権利(3カ月間有効)や市内観光施設の入場券や土産も付く。この他、最大4人で利用できる90万円プラン、1人9万円のプランも販売中。

■ホテルセントラーザ博多(福岡市博多区)では、開業33周年を記念して、記念日プランを販売している。
「ホテルセントラーザ博多開業33周年 記念日プラン」は、同ホテル総料理長による記念日特別フルコース料理または婚礼復刻フルコースを大切な人とプライベート空間で楽しめるほか、チャペルでの記念撮影やミニブーケのプレゼントなど記念日を彩る様々なアイテムを用意。大切な一日を華やかに演出する。9月30日まで。

■ホテルグランバッハ京都御池セレクト(京都市中京区)が2019年秋、開業する。
京都市営地下鉄「烏丸御池」駅より徒歩約2分に位置。地上10階建で1階が自動チェックイン機を備えたロビーと宿泊者専用のラウンジ、2階から10階までが客室(88室)となる。
周辺の落ち着いた町並みを反映した「BACH x 京都 心に響く”Concerto”(コンチェルト)」をデザインコンセプトに、J.S.バッハの音楽が持つ風格と京都ならではの気品が美しく調和する空間を創り上げる。
また、「ホテルグランバッハ仙台セレクト」も2020年夏にオープン予定で、今後、全国展開を積極的に推進し、大都市圏を含む主要7都市のほかリゾート地や地方都市への出店で、2020年3月期までに計7店舗まで拡大(開業決定ベース)することを目指す。

■HOTEL講(コウ)大津百町(滋賀県大津市)がオープンする。
全国初の商店街ホテルとなる。場所は、江戸時代に東海道五十三次の宿場町として「大津百町」と呼ばれるほど賑わった土地。時を経てシャッター商店街となっていたが、今回のプロジェクトでその商店街の空き家7棟が一棟貸しホテルとしてリニューアルされた。
地元の工務店が事業を担い、全棟にFinn JuhlやLouis Poulsenなどの北欧インテリアを設置し、町家と北欧デザインを融合させた上質な空間を作り上げた。
客室として使用される建物はすべて2階建て。全7棟がJR大津駅と京阪浜大津駅の間の旧東海道沿いやアーケード商店街内に点在するというユニークなスタイルで、利用者は待合ロビー「大津百町スタジオ」でチェックインした後、町なかを散策しながらホテルへと向かう。
近隣の観光、ショッピングスポット、飲食店を訪れるのはもちろん、地元食材を買って料理をしてみたりと地域に住まうような楽しみかたができるのも魅力。建物に合わせて一棟ごとのインテリアはすべて異なる。定員4~5名の一棟貸切なので家族やグループでの宿泊も可能。

■富士マリオットホテル山中湖(山梨県南都留郡)では、「Lake Explorer with KABA(レイクエクスプローラーウィズカバ)」を販売している。
夏休み期間の3日間限定で、山中湖のアクティビティとして人気の水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」にホテルエントランスから乗車できる宿泊プラン。
通常は山中湖畔の「森の駅 旭日丘」発着の水陸両用バスが、同宿泊プラン専用でホテルエントランス発となる。早めの朝食を済ませ、そのまますぐにユニークな形をした水陸両用バスに乗車。ガイドによるストーリー仕立ての話を聞きながら湖畔の森をドライブし、ドキドキわくわく感いっぱいのまま湖へ向かってダイビング。 湖上からの富士山の眺望は圧巻。ホテルでの宿泊は、40平方m以上のゆとりあるスーペリアルームで家族でもゆったりと過ごせる。

■豪華客船クイーン・エリザベス2世が、海上ホテルとしてオープンした。
2007年にドバイの政府系ドバイ・ワールドがキュナード社から1億ドル(約107億円)で購入したが、2008年の金融危機で再利用計画が遅れていた。同船は、ミナ・ラシド港に係留され、絨毯、劇場などオリジナルデザインに基づき改装され、レストランでは往年のメニューも取り入れ、4月18日に公式オープンした。
同船は、1969年に運航を開始。世界を25周し、延べ250万人を乗せた。今回ホテルとなり、客室は1,300室、宿泊料金は200ドルからスイートの15,000ドルまで幅広い。博物館のほか、レストランやバーが13軒入る。
すべて1969年当時のように作られたが、一方で最先端技術も導入し、チェックイン、ルームキー、照明、テレビなど、スマートフォンで制御できる機能も取り入れたという。
━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭にも」) ; https://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━

ドリームベッドの歴史とサータ(serta)の誕生秘話とは? (祖父の思い出)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕

サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちわ。「一流ホテルのベッド」の渡辺克明です。

大手ホテル向けのベッドを製造しているドリームベッド(株)の創業者である私の祖父(渡辺礼市)は、もともと広島の人間で、戦前から戦中、そしてあの原爆投下から終戦に至る当時も、広島に住んでいました。
原爆投下の際、祖父は広島市西区に居り、また、その息子(私の父)は、爆心地に近い広島市中区に居ました。父は当時まだ13才で、被爆はしましたが、何とか命だけは助かりました。

祖父は、原爆投下で焼け野原になった広島市で、戦後、「広島第一授産場」という工場を興し、戦災者・引揚者・戦災孤児など400余名が働く工場を作りました。当初、そこでは、下駄や草履の鼻緒・ ミシン作業・木工作業などで多くの商品を製造していました。
戦後すぐに、天皇陛下が広島にお越しになられた際、この工場にも立ち寄られました。
その際の記録が残っていますので少しご紹介します。

↑手を振られる天皇陛下(遠くに原爆ドームが見えます)
工場内では、多くの同作業場従業員や社会事業関係者、広島母子寮員、開拓団代表、子供達等、多くの人が出迎え、祖父がご案内致しました。
陛下は、社会事業関係者の前では「しっかり社会奉仕を頼みますよ。」と、一人一人に帽子をとってご会釈になられ、開拓団体には「いろいろ困難な事もあろうが食糧増産のためしっかりやって下さい。」とご激励、戦災者、引揚者などの生活困窮者400余名が働いている同授産所の鼻緒工場、ミシン補導所、木工工場製作品陳列所をご視察になられました。
工場で働く、とある母に連れられた子を祖父が紹介すると、陛下は「しっかりやってね。」と、お言葉をかけられました。

授産工場内での天皇陛下↑
◇記録に残っている、祖父の陛下案内の際の言葉 ;
「私が場長渡辺礼市でございます。只今から御先導申上げます。ここに陳列致しておりますものは当授産所の製作品でございます。只今従業致しておりますものは約400名でございましてその内で約20名がこの場で働いております。自宅で内職として働いております者が約280名でございます。その大部分は戦災者と引揚者でございまして一部の生活困窮者も働いて居ます。これらの従業者の収入を申上げますと技術者で多く取ります者が1日百七八十円でございます又少ない者が未経験の者で1日四十円位でございます平均いたしまして1ヶ月千七百八十円となっているのでございます。 」
◇また、陛下をお見送りした祖父は、次の様に語っています。
「天皇陛下には中国地方御巡礼遊ばし、同授産場にご来臨遊ばされ喧騒極まる塵埃の屋内作業現場の実情及び製品を御覧遊ばされ一々御激励御慰労の御言葉を賜りました。陛下の御温情溢るる御英姿御仁愛の御言葉に接し一同感涙に咽ぶ次第であります。私達援護生産の事業に従事する者は今日の善き日を記念し更に業務に精励いたしまして平和国家建設に微力を盡すけついであります。」
そして、その後、この授産工場に、広島に駐留していた進駐米軍のベッドの修理・マットレスの修理が持ち込まれたことをきっかけに、ベッド作りが始まったのです。
祖父は、これから日本人の生活が西洋化してゆき、ベッドが日本人の一般家庭に普及していくことを予期していました。

1957年(昭和32年)1月に、株式会社広島ベッド商会を設立。同年(昭和32年)7月、広島ベッド商会の製造部門を分離して、ドリームベッド株式会社を設立致しました。

現在、ドリームベッド(株)の本社やショールームは、広島市西区にありますが、この敷地内には、実は以前、私の住まいもあり、小学校2年生までは、会社の敷地内に住んでいました。(その後、事務所・ショールームの拡大により広島市郊外に移転)
現在、ドリームベッド(株)は、東京の渋谷や大阪の心斎橋にもショールームを構えるまでに発展致しました。

(渋谷ショールーム)

(心斎橋ショールーム)
ドリームベッドの製造工場は、創業当時は広島市西区の本社の敷地内にありましたが、その後、郊外に移転し、現在は、広島県の少し北部、安芸高田市八千代町や山県郡北広島町などにあります。

工場内には、私の祖父の胸像が飾られています。

祖父の胸像 ↑
現在、サータのベッドを日本国内で唯一製造しているドリームベッド(株)のルーツは、この様に、広島の戦後の復興の歴史とともに歩んできたのです。
ちなみに、ドリームベッド(株)本社の建物のすぐ傍には、原爆で被爆したレンガ造りの給水塔が現在も残されています。今では緑の蔦で覆われている為、外からはよくわかりませんが、広島市の被爆建造物にも登録されている建物です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭にも」) ; https://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホテルの業界に関するニュース_ホテルのベッドや寝具をご家庭向けにもホテル向けにもお届け

■ホテル椿山荘東京(都内文京区)では、将棋観戦ができる宿泊プランを販売している。
同ホテルは、第76期名人戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)第1局開催会場となっている。同ホテルで将棋名人戦が行われるのは11回目で、2008年以降は毎年第1局の対局会場となっている。同プランは、この名人戦第1局の会場内で、その緊張感や臨場感を体感できるプラン。また、間近に棋士の対戦前の表情を感じられる「前夜祭」への参加、対局室内での観戦後は、大盤解説会場で対戦の行方を楽しめる。3期目の防衛を狙う佐藤天彦名人か、通算100期目のタイトルという大金字塔を狙う羽生善治竜王の注目の棋戦第1局。普段は決して味わうことのできない非日常体験のプラン。
■東京マリオットホテル(都内品川区)では、ハーゲンダッツジャパンとコラボしたサマーウエディングプラン”Happy Heart Wedding with Haagen-Dazs”を、7月1日から9月30日までの期間に披露宴を行なうカップルを対象に提供する。
ハーゲンダッツが今年から実施している「Happy Haagen Project-いっしょに食べれば、もっと幸せ。」の一環として提案する、ハートをモチーフに表現したスペシャルウエディングプラン。挙式から披露宴開始までの待ち時間に参列ゲストをおもてなしするハーゲンダッツウエルカムアイスクリームとインパクトのあるオリジナルフォトスポットをセットにしたプランや、ハーゲンダッツアイスクリームの新商品を使用して東京マリオットホテルのパティシエが心を込めて創り上げた、ウエディングケーキとゲストへのおもてなしデザートが登場するプランなど、新郎新婦のみならずゲストにとってもハッピーな、おもてなしウエディングが用意されている。
■三井ガーデンホテル大阪淀屋橋(大阪市中央区)に「くまモン」と「もずやん」がコラボしたツインルームが登場した。
全国の三井ガーデンホテルで展開している「トマリゴコチ」を追求する「ホテ活プロジェクトの一環で、今回は、熊本県営業部長兼しあわせ部長の「くまモン」と、大阪府広報担当副知事の「もずやん」のコラボレーションルーム。1日1室限定。
熊本県と大阪府では、両府県の交流を図る「大阪府 × 熊本県『超』盛り上げ共同声明」が発効されている。今回、熊本と大阪を「超」盛り上げる活動のひとつとしてコラボルームが実現した。特別制作の寝具などで部屋を装飾した他、オリジナルグッズなども用意し、「くまモン」「もずやん」と一緒に楽しい時間を過ごせるプランとなっている。また、両府県の魅力を味わえる特典として、熊本・大阪エリアで利用できる「三井ガーデンホテル宿泊優待券」を用意した。尚、同プランの売上の一部は熊本地震の義援金として熊本県へ寄付される。
■エースホテル京都(京都市中京区)が2019年末にオープンする。
1999年に、米・シアトルで創業したエースホテルは、「友人のミュージシャンがツアー中に滞在できる場所」をコンセプトに、現在はニューヨークやロサンゼルス、ニューオーリンズなど、アメリカを中心に9カ所で展開し、その土地の古い建物を改装して、地元のクリエイターたちとともに唯一無二のホテルを作り上げており、そのデザインセンスや間口の広さでホテル業界に革命を起こしてきた。今回、アジア初進出となる。
京都市中京区で再開発中の商業施設「新風館」に出店、建築家の隈研吾氏が外観や内装のデザインを監修する。新風館は大正15年に竣工した「京都中央電話局」が前身。平成13年に商業施設として開業したが、28年3月に閉館となり、昨年10月からNTT都市開発が再開発を進めている。約6,385平方mの敷地に地下2階、地上7階建ての複合施設を新築。2~7階をホテルとし、一部に飲食・物販店も入る。また烏丸通りに面し、京都市の登録有形文化財に指定されている旧電話局の2、3階も客室にする計画。客室数は213室。宿泊の5割以上を外国人客と見込む。宿泊代は「ラグジュアリーとアッパーアップスケールの間」と想定。
■ホテルオリエンタルエクスプレス大阪心斎橋(大阪市中央区)が開業した。
同社は神戸メリケンパークオリエンタルホテルなど12ホテルを運営しており、宿泊特化型は今回が初めて。全124の客室は全てダブル、ツインタイプで1泊1人5,200~33,500円。1店舗のみ設けたレストランでは野菜を中心とした健康的な朝食を提供。日中はカフェとしてオフィスワーカーなどの利用も見込む。訪日外国人客で8割、年間の1室当たり単価は1万~1万5千円を想定。客室稼働率は8割以上を目指す。今後も訪日客の需要が見込める地域に同ブランドの出店を広げる方針。
■東急ステイ札幌(札幌市)が4月24日に開業する。
場所は、札幌市中心部の大通地区で、客室には長期滞在に必要な家電を備え、国内ビジネス客や訪日外国人客の需要を取り込む。同ホテルの北海道への進出は初めて。地上14階建てで、客室数は185室。全室をダブルかツインにした。室内にはミニキッチンや洗濯乾燥機、電子レンジを用意。1階のレストランは訪日客向け飲食店などを手がけるノースグラフィックが運営する。訪日客の利用を見込むほか、訪日客の増加で宿泊先を確保しにくい長期出張者や長期旅行者を取り込む。同社は年内に札幌市内2カ所目となるホテルの開業も予定している。
■ホテルフェリーチェ赤坂(都内港区)がオープンした。
フェリーチェの東京進出第3弾となる。地下鉄千代田線「赤坂」駅から徒歩2分、銀座線・丸の内線「赤坂見附」駅から徒歩5分という立地を背景に、デザイナーズビジネスホテルを提案する。ブランドコンセプトは「伝統と先端のミクスチャー ~ まだ出会ったことのない日本 ~」。建築デザインには、和の趣と未来的要素を融合した。オーガニック・オールインワンシャンプーとして人気の高い「ジャムレーベル」とのコラボし、”刺激ゼロ” ”環境ストレスゼロ” のコンセプトを受け継いだオリジナル全身シャンプーを全客室に導入。客室に多言語対応のルームタブレットを常設。9階最上階に、男女別の大浴場とレストラン(4月下旬OPEN予定)を用意した。
■ホテルメッツ船橋(千葉県船橋市)がオープンした。
千葉県船橋市のJR船橋駅に直結する「シャポー船橋 南館」内にてオープンした。客室は全161室で全室禁煙の仕様。客室タイプは、主要客室のシングル(132室、約17平方m)をはじめ、ダブル(14室、約18平方m)、ツイン(14室、約20平方m)、デラックス(1室、33.8平方m)の構成。日本ホテル(株)が運営する30店舗目のホテルとなる。
■サッカーワールドカップ開催に向け、ロシアの小さな町では、大規模な移動ホテルをレンタルした。
試合が開催される予定のロシアの11の都市では、既に準備が完了しつつあるが、11都市の内、最も小さい都市は、人口30万人超のサランスク。サランスクでは、新しいスタジアムと練習場の準備は整ったが、ホテル不足の為、英・Snoozeboxの移動ホテルをレンタルした。Snoozeboxのホテルには、最高4つ星の2,000室の客室やバーがあり、試合を放映するための大きなスクリーンが設置されている。
ちなみに、同ホテルは、W杯閉幕後には解体される。また、サランスクでは、空港も臨時で追加設置されたが、このターミナルもW杯後は解体されるという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭にも」) ; https://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━