最新ホテル業界ニュース20180518

Booking.com(ブッキング・ドットコム)では、「テラハク」のサービス開始する。
和空と提携し、世界からの旅行者に、寺社を活用した宿泊・体験を提供する。
ブッキング・ドットコムは、世界各地に数億人のユーザーがおり、ウェブサイトとモバイルアプリは40以上の言語で利用可能で、226の国・地域、13万以上の目的地で登録されているリスティング数は2,800万件以上の、世界最大の宿泊予約サイト。同サイトにとって、日本での予約数は世界で8位となっており、重要な人気渡航国の一つとなっている。今回の「テラハク」は、旺盛な世界のユーザーの要求に応えるもので、日本ならではの宿坊や神社などの特別な施設での宿泊体験が可能となる。今後、向こう3年間で約1,000の寺社における「テラハク」施設の登録を目指すという。

京都ホテルオークラ(京都市中京区)は、創業130周年を記念したオリジナル切手シートを販売している。
京都ホテルグループは1888年(明治21年)、前田又吉が二条橋西詰に「京都常盤」を創業したのがはじまり。1890年には長州藩の京屋敷跡にあたる現在の場所に京都ホテル(当時通称「常盤ホテル」)を開業し、1976年には「粟田山荘」を、1983年には「からすま京都ホテル」を開業。1994年には約3年の全面建替え工事を経て「京都ホテル」新装開業、2001年にホテルオークラと業務提携し、翌年に「京都ホテル」の名称を「京都ホテルオークラ」と改称した。
今回発売の切手シートには、明治期のホテル外観や昭和期と現在のメインロビーの他、グループの「からすま京都ホテル」「粟田山荘」の外観などがあしらわれ、グループの歴史と現在の姿がわかる内容となっている。
記念の品としてだけではなく、手紙にも使える切手にすることで、広くホテルの歴史を知ってもらいたいとしている。

ホテルニューオータニ(都内港区)では、ナイトプールの営業を開始した。
毎週、金・土曜日に、「POOLSIDE BEER GARDEN」としてガーデンプールのナイトタイム営業を行っている。1階のプールサイドでは夕暮れに合わせ、活躍中の人気DJによる音楽がスタート。クラブミュージックに耳を傾けつつ、2階デッキテラスでは本格料理とカクテルを提供するダイニングで舌鼓。音楽と美食が織りなす大人の遊び場を、夏に先駆け楽しむことができる。2階デッキテラスのプールサイドダイニング「OUTRIGGER」では同ホテルの本格メニューの数々を提供する。メニューには、ホテル館内のレストラン「トレーダーヴィックス東京」の定番バーガーやスペアリブに加え、プールだけでしか味わえないこだわりの逸品も提供する。

■第一ホテル東京(都内港区)では、阪急メンズ東京とコラボした宿泊プランを6月1日より販売する。
広さ189平方m、高品位なインテリアを贅沢に配した最高級スイートルームに宿泊し、阪急メンズ東京スタイリストのアドバイスによるオーダーメイドのスーツ2着を仕立てることが出来るプラン。さらに、体調や気分に合わせた体質別精油を使用した全身トリートメントエステの体験も。スーツの生地やスタイルは、同ホテル創業80周年を記念して用意した上質な生地から選べる。

ホテル木曽路(長野県木曽郡)が8月1日にグランドオープンする。
大江戸温泉物語グループが今年4月に取得したホテルをリニューアルしてオープンさせるもので、木曽の山々に囲まれた自然豊かなロケーションに位置する既存施設を最大限活用し、内装は木曽エリアならではの木の質感を随所に感じられるデザインにリニューアル、和と洋が調和した落ち着いた雰囲気とする。
あわせて、大江戸温泉物語流のバイキング料理を提供するためにレストラン会場を一新、客室は、既存の客室に加え、新しい客室を新設。落ち着いた和モダンテイストを取り入れ、15室増室して90室とする。モノトーンと木目を基調とした空間に洋のテイストを取り入れ、和と洋が調和した落ち着きのある和モダンスタイルの客室を目指す。畳には縁なしの琉球畳を使用し、上質な空間の中でくつろぎのひとときを演出するという。

■三井ガーデンホテルが2020年春、札幌に2軒目となるホテルを開業する。
JR札幌駅南口に近い札幌市中央区北5西6で、道内を訪れる観光客が増える中、国内外からの宿泊需要の取り込みを狙う。地上13階建て延べ7,247平方m。ダブルやツインを中心に約170室を予定。グループ企業の三井不動産レジデンシャルの所有地を三井不動産が賃借して建設。三井不動産ホテルマネジメントが運営する。建設地は、既存の「三井ガーデンホテル札幌」の西側。外国人観光客の増加などで同ホテルの稼働が好調なことから、さらなる需要が見込めると判断したという。

■ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区)では、一部の客室を改装する。
32~34階にある37室を刷新し、家具などを入れ替えて高級感を出し、限定のサービスも用意する。同ホテルの客室は2人用が中心だが、一部を4人用に切り替えグループで泊まれるようにする。ブランド紅茶を選べたり、フィットネス設備を1回無料で利用できたりする限定サービスも設ける。

新宿プリンスホテル(都内新宿区)では、「”シン・ゴジラからの脱出”ステイプラン」を5月25日より販売する。
昨年12月に歌舞伎町にオープンした国内最大級の常設型謎解きテーマパーク「東京ミステリーサーカス」の新しいコンテンツ「シン・ゴジラからの脱出」の参加チケットと宿泊がセットになった宿泊プラン。東京ミステリーサーカスとホテルが提携した初めての試みで、1日2組4名様限定の特別ステイプラン。9月26日まで。

■春日の湯ドーミーイン後楽園(都内千代田区)がオープンした。
空きビルのリノベーションが注目されている中、オフィスビルからホテルへのコンバージョンをおこなった。
近隣に東京ドームや日本武道館などが集積していることから、観光やレジャーを目的としたインバウンド需要も見据え、家族利用も考慮し、通常の客室タイプの他に、キャビンタイプも用意した。
朝食は、ドーミーイン初となる「エッグベネディクト」をはじめとした約40品目以上の和洋食バイキングを堪能でき、サウナ付きの大浴場でゆっくりと疲れを癒すことができる。都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」、東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」より徒歩すぐの立地。

■東横インが、ロシア・モスクワに進出する。
2020年にモスクワ中心部のピェールヴィイ・クラスノセリスキー横丁にホテルを建設する計画で、2019年3月に建設現場に入る予定。 クレムリン、赤の広場、ボリショイ劇場などの観光名所へ地下鉄を使えば乗り換えなしで10分ほどで行ける立地。敷地総面積は約11,000平方m。日本のホテルチェーンによるモスクワ初のホテルとなる。現在、東横インは、日本、韓国、ドイツなどで、エコノミークラスの269店舗を展開している。

■スイスに、屋根でスキーができるというユニークなホテルが計画されている。
「Audemars Piguet Hotel des Horlogers」がそれで、独創的なデザインで有名なデンマークの建築事務所「BIG-Bjarke Ingels Group(ビャーク・インゲルスグループ、通称BIG)が、スイスの高級時計メーカー、オーデマ・ピゲのためにデザインしたもので、スイスのジュー渓谷に新たにオープンする。
敷地面積は、6,400平方m。建物には特徴的な5つのジグザグのスロープがデザインされており、ホテルの屋根がスキー場になっているので、宿泊客は、スキーを履いたまま、屋根から滑ってそのままゲレンデへ出ることができる。
5階建てで、客室は50室。2つのレストランやその他様々なアメニティも用意されるという。ジュー渓谷の地形を活かしたデザインで、一般公開は2020年に予定されている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭にも」) ; https://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; https://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━