ホテル業界ニュース20181208

■ウェスティンホテル横浜(横浜市西区)が2022年春に開業する。
場所は、近年多くの開発計画が進み外資系企業の集積が進む横浜・みなとみらい21地区。積水ハウスが事業主としてプロジェクトマネジメントを行い、マリオット・インターナショナルがホテル運営を行う。
客室数は373室、レストラン、バンケット、フィットネス等を備える予定。各種特色のあるサービスも提供し、また、長期滞在対応型ホテル201室を併設、多様化するニーズに高品質な滞在の時間を提供する。

横浜ロイヤルパークホテル(横浜市西区)は、客室最上部3フロアを改装し、来年3月にリニューアルオープンする。
同ホテルでは、「ザ・クラブ」(65階・66階)「ザ・トップ」(67階)及び「アトリエ」(60階~64階)の、趣の異なる3つの「スカイリゾートフロア」を、「ホテル イン ホテル」と位置づけた。
「ザ・クラブ」は、シックで洗練された印象にすると同時に、エグゼクティブゲストが景色を楽しみながらデスクワークも行えるようにした。明るい印象の壁クロスやテレビボードに対して、モールディングなどの濃い色をアクセントにすることで、メリハリのあるモダンな印象を作り出した。「ザ・トップ」は、記念日の利用を想定し、特別な時間を過ごしてもらえる様、クラシックエレガントなイメージとした。全体的に優しく明るい印象のカラースキームとしながら、思い出に残る様、大人っぽく洗練された印象があるマゼンタをアクセントカラーとして採用した。「アトリエ」は、眺望を最大限に生かし、窓側に目が行くように全体の色味を抑えた。また、従来の窓台よりも奥行きを広くした”パレット”と呼ぶカウンターを設けた。

■「高輪ゲートウェイ駅」という名称に決まった山手線新駅の周辺には、ホテルが続々と開業する。
泉岳寺駅近くでは東急ステイが「東急ステイ高輪」が今年開業したほか、都ホテルズ&リゾーツは、高輪ゲートウェイ駅前に新ブランド「都シティ東京高輪」を来年開業する。品川駅前にあるグランドプリンスホテル新高輪や品川プリンスホテルも高輪ゲートウェイ駅やリニア開業を見据えて改装やリニューアルを進める。また、品川開発プロジェクトの都市計画では、30階建てツインタワーが立つ4街区の南棟には約200室の国際水準の宿泊施設が入居する予定。

東京マリオットホテル(都内品川区)は、12月31日にホテル1階「ラウンジ&ダイニング G」でカウントダウンパーティーを開催する。
「G.H.マムグランコルドン」とコラボレーションし、吹き抜けのアトリウム空間が鮮やかなマリオットレッドに染まる。ドレスコードは”セレブレーション レッド”。赤いアイテムを身に付けて来場した人にはオリジナルギフトをプレゼント。アメリカ人ミュージシャン、ウォルター・Q・ジャクソンによるライブとともに、新たな年の幕開けを祝うスタイリッシュなパーティーを楽しめる。

東京ステーションホテル(都内千代田区)は、スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(SLH)が発表した「SLH Award 2018」で、「最優秀グルメホテル賞」を受賞した。
日本国内の加盟ホテル(現在13ホテル)による SLH Award の受賞は初めてだという。
同アワードは、SLHに加盟しているホテルの中から、SLHの会員顧客や海外の旅行代理店などの投票により各部門に最もふさわしいホテルを発表。年間最優秀ホテルや最優秀デザインホテル賞、最も個性溢れるホテル賞、最優秀ホテルマン賞、最優秀インスタ映えホテルなど・・・、ホテルの個性を重視するSLHならではの部門が17あり、世界中の加盟ホテルのなかから各部門で高い評価を得たホテルが表彰を受ける。
ちなみに「スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド」とは、独立系で小規模、かつ、ユニークといったオンリーワンの高級ホテルのみで構成されたホテルブランドグループで、現在80カ国以上、500以上のホテルが加盟しており、毎年千を超える加盟申込みのなか迎えられるホテル数は5%ほどで、その独自で厳格な加盟基準と定期的な覆面調査等でブランドを維持し、世界中の顧客から高い信頼を得ている。

J.D.パワージャパンは「2018年ホテル宿泊客満足度調査」の結果を発表した。
「予約」「チェックイン/チェックアウト」「客室」「料飲(F&B)」「ホテルサービス」「ホテル施設」「料金」の7つの項目を設定したほか、正規宿泊料金などによりホテルブランドを4つの部門に分けて調査をおこなっている。
1泊3万5,000円以上のホテルでは、1位は3年連続で「帝国ホテル」。「客室」「チェックイン/チェックアウト」「料飲」「料金」「ホテルサービス」でトップ評価を得た。2位は「星のや」、3位は「ザ・リッツ・カールトン」となっている。1泊1万5,000円~3万5,000円未満では、「ホテルアソシア」が1位。次いで「ヒルトン」「三井ガーデンホテル」。また、1泊9,000円~1万5,000円未満では、「リッチモンドホテル」「ベッセルホテル/ベッセルイン」「JR九州ホテル」の順で、1泊9,000円未満では「スーパーホテル」「アークホテル」「法華クラブ」が上位となった。
同調査は、インターネットを使った調査で、直近1年間で宿泊施設を利用した18歳以上の男女が回答したという。

ザ・キャピトルホテル東急(都内千代田区)では、日枝神社とのコラボによる「ご朱印帳」付きステイプランを販売している。
同ホテルに隣接する日枝神社は約600年の歴史を持ち、江戸時代は将軍家の産土神として、現在は皇居の守護神として崇敬される由緒正しい神社。宿泊者限定のご朱印帳を片手に社殿へ足を運び、最初の1ページを刻むことが出来る。客室は、赤坂・新宿エリアの景色を臨む日枝神社に面した部屋を優先的に案内する。

美馬旅館はなれ 木のホテル(高知県高岡郡)がオープンした。
同旅館は、小説家の林芙美子ら文人や財界人も利用した老舗宿で、現在の本館は1936年の建築。近年は門限がなく、個室型を望む客が増えたため計画された。木造2階建てで、延べ床面積163平方m。県内で開発された木質壁ラーメン(ヒノキ材と県産スギ材のシングルウッドパネルを使った耐力壁)構造が特長で、木の香り漂うロビー、天井も高く広々とした造りで、開放感のある空間を確保した。バリアフリーのシングル6室、ツイン1室があり、Wi-Fiも完備。構造材や内装材には町産材を活用した。四国霊場37番札所・岩本寺の参道沿いで、京町屋風の和の装いが景観にもマッチする。

■京王プレリアホテル京都烏丸五条(京都市下京区)がオープンした。
全室禁煙とし、ツインルームを主体としてダブルルームや常設のトリプルルームなど、様々なタイプの客室を設けた。ホテルのデザインは、外観に格子を施し、1階には京都の五山をイメージした石庭(枯山水)やフロント正面の壁面には組子細工を使用するなど、京都らしさを感じられるようにした。建物は地上10階建て、客室は全9タイプで計305室。館内には宿泊者限定の大浴場、レストラン(80席)、中庭などを備える。アクセスは、京都市営地下鉄五条駅から徒歩4分、四条駅から徒歩5分、烏丸駅から徒歩7分の立地。
日本人の観光・レジャーの利用客をメインターゲットとし、訪日外国人観光客やビジネス目的の利用客まで幅広いニーズに応える。

H&Mでは、ホリデーキャンペーン「ホテル・マウリッツ」の動画を公開している。
テーマは「家族や友人と共に過ごす休暇」。物語の舞台は、「H&M」=「へネス・アンド・マウリッツ」から名前を取った、雪山にある「ホテル・マウリッツ」。主人公が家族や友人、ペットらと共に冬の休暇を楽しむ姿を、ハートウォーミングに表現した。主演を務めるのは、米女優のオーブリー・プラザ。ストーリーは全6エピソードで構成されており、毎週1話ずつ、6週間にわたって公開されるという。

カナダの企業が「動くホテル」構想を打ち出した。
考え出したのは、カナダ・トロントに拠点を置くアプリリ・デザイン事務所の創業者、スティーブ・リー氏で、ホスピタリティ業界のデザインコンテストで最優秀賞に選ばれたという。
自身のホテル設計、建築の経験を生かして提案されたのは、「自律移動スイート(ATS)」。利用者は自動運転で6~10時間の目的地へ向かう間、ホテルさながらの車内でくつろぐことができる。形状記憶マットレス付きのベッドや作業スペース、ミニキッチン、トイレ、シャワーのほか、映画やゲームを楽しめる娯楽ゾーンも完備されている。大きな窓は、ボタン一つで不透明になる「スマートガラス」。1人用から家族用まで、広さは数段階ある。アプリ上で出発地と目的地をセットすれば、自動的に最適の道を走行する。各地に設けた固定型のホテルで車の整備や水の補給、ごみ捨てなどができ、固定された客室にATSをドッキングさせて宿泊し、プールやジム、レストラン、会議室などの共有施設を利用することも可能。現在、実現に向けて自動車メーカーと交渉中とのこと。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ベッド ホテル シーツ ホテル ベッドカバー ホテル 枕 ホテル
サータ ベッド サータ サータ マットレス/ベッド
大きなサイズ ベッド 和室 ベッド ホテル インテリア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です