ホテル業界ニュース20190913

■フォーシーズンズホテル東京大手町(都内千代田区)が来年夏にオープンする。
三井物産と三井不動産が共同で開発を推進している大規模複合再開発プロジェクトの上層階に位置する。
同計画は、オフィスを中心とした2棟の複合用途ビルの開発計画で、最先端の機能を備えたオフィスに加え、同ホテルやビジネスとエンターテインメントの両方に対応した多目的ホール、皇居に面した緑地広場等、多様な機能や用途を複合化させたミクストユースな街づくり計画を推進している。
同ホテルの運営は、三井不動産リゾートマネジメントとフォーシーズンズホテルズアンドリゾーツとのパートナーシップ契約により、フォーシーズンズが行なう。

■門前宿 和空法隆寺(奈良県生駒郡)が9月8日にオープンする。
積水ハウスが設計施工し、寺社観光コンサルティング業の和空プロジェクトが運営する。現在、奈良県斑鳩町に宿泊施設は2軒しかなく、日帰り観光が中心になっているのが同町の課題で、ホテル誘致により回遊・滞在型観光の盛り上げを図る狙い。2棟からなる2階建て、全60室。参道沿いに建つ初のホテルとなる。茶道、香道などの和文化体験や、大和牛や大和野菜など地域食材を使った懐石、精進料理を楽しめる。

■横浜市の現市庁舎の行政棟が、星野リゾートが手掛ける「レガシーホテル」として2024年に開業する。
横浜市の市庁舎は、来年6月に現在の関内駅前から、馬車道駅近くの北仲通南地区に移転するが、現市庁舎の活用は、昨年1月より横浜市が公募をしていた。今回の事業者グループの構成は、三井不動産を代表とし、鹿島建設、京浜急行電鉄、第一生命保険、竹中工務店、ディー・エヌ・エー、東急、関内ホテルマネジメント(星野リゾートの全額出資子会社)。同グループの提案は、既存建物のうち建築家の村野藤吾が設計した現庁舎の行政棟を保存活用してホテルと商業施設を設けるというもの。市会棟は取り壊し、オフィスや大学などを収める地上30階・地下1階建て、高さ160mの超高層ビルを建設するという。ホテルの入る行政棟は、1・2階が商業施設で、3~8階がホテルとなる。

■ホテルウィングインターナショナルセレクト熊本(熊本県熊本市)がグランドオープンした。
客室は、ダブル・ツイン・トリプルなど全152室。2室を内扉で行き来可能なコネクティングルームも用意した。ホテル最上階(12階)に設置した大浴場の営業時間は15時~翌11時。朝食は6時30分~9時30分に3階レストランで提供。約40種のメニューを和洋バイキング形式で用意する。
熊本市電「水道町」電停より徒歩約3分、商業施設や飲食店が密集するエリアの東端に立地。
繁華街が徒歩圏内にありながらも喧騒から離れた環境。館内には男女別のサウナ付大浴場を設置したほか、建物1階にセブンイレブンが出店している。

■ホテルアマネク京都河原町五条(京都市下京区)が9月12日にオープンする。
同チェーンとしては5棟目になる。ファサードは、観光都市「京都」を意識した和テイストに。客室は118 室で、国内外のカップルや夫婦、家族の旅行者を対象に主力のツインとトリプルのみの構成。全室43型の4Kテレビを設置。VOD や客室内の照明、空調、テレビを操作できるタブレットシステムも完備。また、大浴場「四季の湯」では四季折々のテーマに合わせた効能豊かなアロマ風呂を提供。レストランでは和洋ブッフェスタイルの朝食のほか、昼から夜にかけてはラウンジとしてウエルカムドリンクやアペリティフタイムなどを用意する。京阪「清水五条」駅から徒歩約3分、市営地下鉄「五条」駅や阪急「河原町」駅も徒歩圏。

■若手アーティストMozu氏による「こびとの旅館」がちょっとした話題となっている。
旅館やホテル等にある窓際の広縁をミニチュアで再現したもので、そのメイキングも公開されている。壁のコンセントの脇に、小さな旅館の空間が出現。机上のトランプや冷蔵庫など、細部まで丁寧に作られている。特に冷蔵庫のドアは開けることができ、開けると中に電気がつく。画像で見ると、その謎は深まるばかりだが、動画を見るとそのトリックがわかる。壁に穴をあけているわけではなく、壁も含めた作品として作られている。iPadを使って窓の風景を表示させれば、富士山が見える旅館や、海水の中にある旅館の雰囲気を出すこともできる。

■米・ラスベガスでは、このところホテルの名称変更が相次いでいる。
ストリップ地区の北端に位置するカジノホテル「SLS Las Vegas」が、8月29日から「Sahara Las Vegas」に変更。また、インドの Oyo Hotels & Homes 社がフーターズを買い取ったため「フーターズホテル」は年内にも「OYOホテル」に名称変更する。また、「ハードロックホテル」はバージン社に買い取られたことから、来年「Curio Collection by Hilton」に名称変更。(運営はバージン社)。ちなみに今年は既に「ストラトスフィア」が「ストラット」に名称変更しており、昨年は「モンテカルロ」が「パークMGM」に、「Hotel-32」が「ノマド」に、そして「マンダリンオリエンタル」が「ウォルドルフ-アストリア」に。数年前には「インペリアルパレス」が「クアド」、その後「リンク」に、また「バーバリーコースト」も「クロムウェル」に変わっている。さらに少し遡れば、ラスベガスヒルトンがウェストゲート、アラジンがプラネットハリウッドなど・・・枚挙にいとまがない。詳細の理由はさまざまだが、名称が変われば、当然ネオンサインからルーレットテーブル、さらにはスタッフのユニフォームからカジノチップまで色々と変わる。久しぶりに同地を訪れる利用者は、以前のホテルがない!!ということもあり得るので注意が必要かも。

━━━━━━━━━━━━━━━
ベッド ホテル シーツ ホテル ベッドカバー ホテル 枕 ホテル
ベッドスプレッド サータ 和室 ベッド ベッドスロー
大きいサイズ ベッド サータ ホテル ベッド
━━━━━━━━━━━━━━━