インテリア備品/高級ホテル・一流旅館仕様をご家庭にも1枚・1台からお届け = ホテル業界ニュース =

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■HOTEL GRAPHY(都内台東区)では、インスタで人気の「柴犬まる」とコラボした「まるルーム」を期間限定で販売している。
「柴犬まる」は、東京の谷根千を中心に活動しインスタグラムフォロワー数262万人を越え、国内外問わず人気の柴犬で、「まるルーム」では、部屋1室を柴犬まる仕様にデコレーションした。室内には、壁のパネルやクッションなどのグッズ、DVDの映像が流れる他、”まるの家”としても知られる段ボールハウスなどを設置し、ファンにはたまらない「柴犬まるワールド」が広がった空間を提供。
期間中には宿泊のお客様以外も楽しめる、1Fカフェでのまるをかたどった限定メニューの展開や、実際にまるがホテルへ来場し、ファンとの交流も実現するふれあいイベントの開催も予定しているという。
■ホテル日航金沢(石川県金沢市)は、スイートルームの1室を、加賀友禅和柄デザインを施した客室にリニューアルした。
27階にあるスイートルームの1室で、友禅和柄アーティストの上坂幸栄氏による加賀友禅のデザインをデジタルプリントした壁紙と手描き加賀友禅パネルを施した客室とした。
北陸新幹線の金沢延伸後、より増加を続ける国内外からの利用者に対し、金沢の魅力を感じることができる部屋にすることでPRを狙う。
■「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」「ディズニーアンバサダーホテル」「東京ディズニーランドホテル」(千葉県浦安市)内の各レストランでは、東京ディズニーリゾートで7月7日まで開催中のイベント「ディズニー七夕デイズ」に合わせ、「「ディズニー七夕デイズ」スペシャルメニューを提供している。
各ホテルで工夫を凝らした料理は、味はもちろん、見た目にも七夕を感じられるものばかり。さらに、「ディズニー七夕デイズ」スペシャルメニューやスペシャルノンアルコールカクテルを注文すると、パークのデザインとは異なる各ホテルオリジナルの短冊「ウィッシングカード」のプレゼント特典も付く。
■ホテルオークラ福岡(福岡市博多区)のオールデイダイニング”カメリア”では、7月18日から20日まで、「トロピカルデザートブッフェ」を開催する。
3日間限定のブッフェでは、マンゴーやパパイア、パイナップルなどのトロピカルフルーツを使ったデザートが勢揃い。パイナップルタルトやピニャコラーダソルベ、ライチムース、トロピカルハニートーストのほか、ココナッツミルク風味のフレンチトーストやパイナップルとチョコレートを使用したスイーツピザなど、ユニークなメニューがラインナップ。また、目にも涼しげなグラススイーツも展開される。さらに、チキンココナッツレッドカレーやメキシコ料理のケサディーヤ、フライドチキンなど食欲そそる軽食も用意される。
■渋谷東急REIホテル(都内渋谷区)は、7月1日から、レストラン「ハシュハシュ」で、ホテル内料理コンテストの上位入賞作品「ザ☆カレー」を販売する。
コンテストには、同ホテルで働く全ての料理人が参加し、素材や調理法、見せ方にこだわった多種多様な「夏カレー」を出品して腕を競い合った。5月に行った審査会には、総支配人をはじめホテルで働く多くのスタッフが審査員として参加し人気投票を実施。接戦の末に選ばれた、同率1位の「鶏挽肉と夏野菜の菜園風カレー」と「アボカドチキンカレー」、3位に入賞した「タンドリーチキンのバロティーヌ風 キヌア入りライスとスパイシートマトカレー添え」、また、同レストランの人気メニューのローストビーフとカレーのコンビネーションが楽しめる「ローストビーフカレー」の計4品を「サ☆カレー」として販売する。9月10日まで。
■BELKEN HOTEL TOKYO(都内中央区)がグランドオープンした。
場所は、東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線「日本橋」駅より徒歩3分、日比谷線・東西線「茅場町」駅より徒歩5分の立地。客室数は99室。客室ベッドは、当サイトにも掲載のホテルベッドを全室に導入、抱擁感のある寝心地と快適空間を提供する。観光、ビジネス、その他東京での活動の拠点としての利用を見込む。
■ホテル・ザ・エム金沢雨庵(石川県金沢市)が12月1日に開業する。
「ホテル・ザ・エム」は、ソラーレホテルズが展開するホテルブランドの中で最上級ブランドという位置付けで、金沢は2号店となる。
「ホテル・ザ・エム」は「その土地に求められることを。」をコンセプトに、その土地らしさや地域とのつながりを強く持つブランド。金沢は、日本海側気候で日本でも有数の年間降水量が多い地域で、今回、「雨」が多い地域性をホテルに取り込み、「雨」も旅の魅力にしたいと「雨庵」という名にした。客室数は47室で、小規模でひっそりと佇む、閉ざされた雰囲気は現代の「茶屋」をイメージした。外観は和モダンに設計され、共用部、客室のインテリアにも随所に和のテイストを取り入れた。
■アンドワーク京都(京都市中京区)が7月にオープンする。
「アンドワーク」は、ホテルのロビーラウンジにコワーキングスペースを併設し、ホテルを拠点とする新しいワークスタイルを提案する。コンセプトは「Work、Nap、Work、Beer!」。コワーキング会員限定で朝はコーヒーサービス、日中は客室でシャワー利用や昼寝のサービスが受けられるほか、夕方は宿泊者との交流を目的にビールを無料で提供する。従来のコワーキングスペースは閉館日や閉館時間があるのに対し、ホテル業態のアンドワークは24時間365日利用できる。フロントサービスの機能が備わっているため、ホテル同様のホスピタリティを受けられるのも特長だという。月額料金は税別2万5,000円~。ホテルの収容人数は150人を予定している。
■Minn(大阪市淀川区)が8月にオープンする。
IoTを活用した宿泊特化型ファミリー向けホテルで、自社開発のシステムを活用することで、民泊サイトやオンライン旅行会社サイトへのクロス掲載による高い集客や、事前決済機能によるキャンセルリスクの回避、クラウドソーシングの活用による人件費の低減などを実現する。
コンセプトは「暮らすような宿泊」。「ミニマル」(minimal、最小)な運営体制、「イン」(inn、宿泊施設)、「家族みんな」で泊まれる部屋、という3つの構想から、「Minn」と名付けた。
メインターゲットは、グループやファミリー利用の訪日外国人旅行者。客室は全室30平方m以上で、通常のホテルより広めに設計した。また、台所やリビングを備えることで「暮らすような宿泊体験」や「セカンドハウスのような施設」を提供する。
同社独自のシステムを通じて、訪日観光客が年々増加し国内の宿泊業界で喫緊の課題となっている「労働力不足」の解消・緩和にも貢献していきたいとしている。
■「竹田まちホテル」が8月中旬にスタートする。
これは、大分県竹田市の城下町をホテルに見立て、空き家をリノベーションした客室に泊まるという試み。フロントはJR豊後竹田駅で、開始時は1室だが、1年後には4室まで増やす計画だという。
客室は竹田町中心部に位置する築40年余りの木造住宅で、2棟の2階部分をつないだ。48平方mの客室には和室とフローリングのベッドルーム、IHコンロのキッチン、シャワールームを備えた。木の素材を生かした温かみのある空間デザインで、改修費用856万円は県と市が助成した。駅長室に設けたフロントでチェックインと決済をし、約300m離れた客室に移動。風呂は近くの「竹田温泉花水月」を使う。
旅館業法の届け出は簡易宿所。料金は1人8,900円で中学生以下は無料。3泊以上は3割引きになる。移住のため訪れた人が2泊以上した場合、1人1泊3,000円を上限に支給される補助金もある。
空き家対策とにぎわい創出につなげたい考え。
■米国の「Radical Innovation Award」で、「ハイパーループ・ホテル」という、部屋ごと都市間移動するという、夢の様なアイデアがアワードを獲得した。
ネバダ大学ラスベガス校の大学院生、Brandon Siebrecht 氏が、交通と宿泊が融合した新たな体験を提供する方法として考案したもので、アメリカ国内の13都市にホテルを建て、それらを独自の交通システムでつなげるというもの。
同アワードは、独創的なホテルのデザインを競い合うもので、ホテル投資家、デベロッパー、建築家から構成される7人の審査員によって審査される。
もし実現すれば、都市間を移動する電車などの交通手段を使う必要がなくなり、ハイパーループ・ネットワーク状にあるホテルならば、部屋を出ることなく都市間を高速移動できるようになるという。実際にハイパーループ・ホテルが建てられる具体的な計画は今のところないが、同氏は、5~10年以内にはホテルの建設が実現可能になると信じているという。
「ハイパーループ」の発想は、もともとテスラモーターズの代表でもあるイーロン・マスク氏が2013年に発表した案で、減圧されたチューブ内をポッド状の車両で高速移動するという次世代交通システム。実現するかどうかは別としても、Siebrecht氏の提案は、それをホテルの客室に応用するという斬新な提案。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; https://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホテルのインテリアを一般のご家庭にも – ホテル備品販売(株) –

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■サッカー、FCバルセロナに所属するアルゼンチン代表のリオネル・メッシが、スペインにある4つ星の高級ホテルを購入した。
バルセロナから南へ40kmほどにある地中海沿岸のリゾート地、シッチェスの高級ホテル「Hotel MiM Sitges」。シッチェスはメッシが住居を構えるカステイダフェルスからもそれほど遠くなく、自身の関連会社を通じて3000万ユーロ(約37億円)を投じて購入したという。
観光客で賑わうビーチから100mほどの位置にあり、2013年に建設されたもの。部屋数は77室、内、5室はジュニアスイートルームで1室はスーペリアスイートとなっている。なおメッシのホテルへの投資は初めてだが、不動産への投資は過去にもあり、バルセロナ市内アシャンプラ地区の物件を所有している。
昨年7月には、レアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウドが故郷ポルトガルのマデイラ諸島に豪華ホテル「CR7」をオープンしており、今回、メッシもホテル業界に進出した。
■シャングリ・ラ ホテル東京(都内千代田区)では、最高級スイートで過ごす贅を極めた宿泊プラン「KRUG SUITE by SHANGRI-LA HOTEL,TOKYO」を販売している。
究極至高のプレジデンシャルスイートでの宿泊、ゲストを招いて開催するコンテンポラリーイタリアンのディナーコースに比類なきシャンパーニュ・メゾン – クリュッグが誇る最高峰のシャンパーニュ4種類のペアリング、そして音楽という芸術が饗宴した晩餐会が含まれた贅を極めた宿泊プラン。2名の宿泊に加え、最大6名までのゲストを招き豪華な晩餐会を愉しめる。
同ホテルのプレジデンシャルスイートは、「エリート トラベラー」誌による「世界のトップ101スイート」にも選ばれている。
■スイスホテル南海大阪(大阪市中央区)では7月1日より、1万円の高級素麺を期間限定で販売する。
同ホテル料理長が日本一細いといわれる素麺「白髪」 や黒鮑、瀬戸内産鱧ちりなど、高級食材を厳選し豪華に仕上げた。かつおベースの三種のオリジナル麺露で味わえる。涼を感じる見た目も美しい素麺で、8月31日まで。
■インターコンチネンタルホテルが大分県別府市に進出する計画を進めている。
アジア圏からを中心に大分県内を訪れる外国人観光客は増える傾向にあり、国内外の富裕層をターゲットに温泉資源を生かした高級リゾートホテルを建設するとみられる。
場所は、明礬温泉に近いIT企業研究所跡地(約8千平方m)を計画。建物はの約90室規模で、温泉を備えた高級志向の造りにする。2019年のラグビーワールドカップ大分開催までに開業する見通し。
同ホテルグループはこれまで、IHGと全日空が業務提携して設立した「IHG・ANA・ホテルズグループジャパン」が東京、横浜、大阪、沖縄で計7ホテル(計約2,900室)を運営している。ANAクラウンプラザなど他のブランドも含めると、同グループは国内で33ホテルを展開する。
■米・ホテルチェーンのハイアットが、日本で長期滞在型ホテルの運営を始める。
2020年に金沢市で第1弾「ハイアットハウス金沢」を開業する。訪日外国人客が地方都市にも押し寄せており、北陸新幹線の開業で集客が見込める金沢に着目した。同社は日本で「パークハイアット」など10カ所を運営する。2020年までにブランド全体で10カ所増やす計画で、幅広い宿泊需要を取り込む。ハイアットが北陸地方にホテルを開くのは初めて。
「ハイアットハウス」は2012年に生まれた新たなブランドで、現在は世界で75ホテルを運営し、年内にさらに12ホテル増える予定。平均の宿泊日数は5~7泊。金沢の客室数は約90室で、家族や長期出張者の利用を想定する。
■大分県別府市で開催されるアートプロジェクト「in BEPPU」で、現代アーティストの西野達氏が、作品「油屋ホテル(仮称)」を披露する。
西野氏はこれまで、世界各地で大掛かりなインスタレーションを手掛けており、シンガポールでマーライオン像を仮設物で囲み、ホテル客室とした作品「ザ・マーライオン・ホテル」(2011年)は約2カ月間で91万3,000人が訪れ、話題を集めた。
今回、JR別府駅前の油屋熊八像や、そばにある手湯を仮設物で囲い、ベッドルームや露天風呂、ロビーがあるホテルのような空間(約65平方m)をつくる予定だという。58日間で約1万人の集客を目指す。他にも別府タワーを装飾して地蔵に見立てる「別府タワー地蔵」(仮称)など市街地に複数の作品を点在させ、回遊しながら楽しむ仕掛けにする。事業全体の制作費は2,500万円。会期は10月28日から12月24日まで。観覧は無料。
■ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル(長崎県長崎市)が、リニューアル工事を完了した。
ロビーには約7000個のスワロフスキーが輝くシャンデリアを設置したほか、壁面にはポルトガルの伝統的なタイル”アズレージョ”をデザイン。ホテルに相応しい華やかさに加え、長崎らしい異国情緒を感じられる意匠とした。
また、熊本地震以降、長崎でも地震への備えが求められる中、耐震補強工事も完了した。これにより、これまで以上に「安心・安全」を提供できるとしている。
■プリンスホテルは、低価格帯の新ブランドを設ける。
4つ目のブランドとなり、名称は「プリンススマートイン」。従来よりも小規模で、1泊1室1万円前後と「プリンスホテル」よりも3千円程度安く設定するという。同社がホテルを展開していない地域を中心に進出し、20~30代のビジネス利用や国内外の観光需要を取り込む。1カ所目は2019年度をめどに新設し、最終的に100カ所をめざす。現在は全国約40カ所で手がける全ホテルが直営だが、新ブランドの運営方式はフランチャイズチェーンや運営受託も検討するという。
■(仮称)西鉄ホテルクルーム名古屋(名古屋市中区)が平成31年1月に開業を予定している。
西鉄ホテルズが運営する。名古屋市では、平成39年のリニア新幹線の開業を控える中、今後も観光客や訪日外国人旅行客の増加が見込まれ、ホテル客室供給数の不足が課題となっており、同ホテルグループとしては「西鉄イン名古屋錦」を既に運営しているが、宿泊ニーズの多様化に対応するため、「CROOM」ブランドで出店する。「CROOM」は「西鉄イン」シリーズと比較し、より高質でゆとりのある客室に加え、ラウンジや大浴場等、共用部を充実させており、ビジネス層に加え、増加する訪日外国人旅行客や女性観光客の取り込みを図る。
客室は、カップルや女子旅等複数名での旅行等の需要に対応するため、全室ダブルおよびツインで構成。トイレ、洗面台、バス(一部シャワー)を独立させるほか、ソファ・テーブルを設置し、客室内でゆったりと寛げる空間を提供する。
■SEKAI HOTEL(大阪市此花区)が開業した。
従来ホテルが持つ、フロント、宿泊、飲食、物販、アクティビティなどの機能を一つの大規模な建物の中に納めるのではなく、点在する空き家を再活用しながら、町全体にホテルとしての機能を持たせるという「クラウドホテル」構想を掲げている。
中古住宅のリノベーションを手掛けるクジラ、民泊と旅館業をおこなうOtomari、サイバーポート、Chinese Language School、フォーカスクライド法律事務所、特定非営利活動法人ARCOが開発した。
客室数は6室で、4名から10名に対応。最大収容人数は32名。年内に8室まで拡大する計画。フロントはエリア内に設けており、観光ガイドやオリジナルグッズの販売も行う。2018年には近隣飲食店との連携や、客室清掃メンテナンスなどの人材雇用を開始する見込み。
■アウトドアホテル「The Caravan(ザ・キャラバン)」が7月15日より週末限定で開業する。
「日本の四季と旬を楽しむ」をテーマに、東から西、北から南へと旅する新しいスタイルのホテル。アウトドアを気軽に手ぶらで楽しめる、というグランピングのスタイルはそのままに、ホテル品質のサービスとホスピタリティで快適に過ごしてもらいたいとしている。
宿泊テントには、Canvascamp社のコットン製のベルテントを使用。アメニティは、アルガンオイルが人気のフランス発のオーガニック認証コスメブランド「Melvita」を用意。到着後のランチは、自身で作る楽しみを感じられるDIYスタイル。ディナーはその土地の食材を使ったアウトドアフルコースディナーを気鋭のシェフが用意。朝食では、搾りたてのフレッシュジュースと美味しいコーヒーを用意し、ビュッフェ式の朝食をテントの近くで味わえるという。バーラウンジでは、モエ・エ・シャンドンのシャンパンや、ワイン、ウイスキーからフレッシュミントを使ったモヒートまで豊富なドリンクがそろう。
■ホテルウィングインターナショナルセレクト東大阪(大阪府東大阪市)が11月15日に開業する。
地下鉄中央線・長田駅3番出口すぐの立地。「進化し続けるモノづくりのまちに寄り添う”産業アートホテル”」をコンセプトに据え、「モノづくりのまち」「ラグビーのまち」の魅力を感じられるデザインを随所に取り入れる。地上8階に全132室と大浴場、レストランを設ける。商業施設「フレスポ長田」に面するホテルの西側壁面には、ラグビーボールとゴールポストをデザイン。ロビーは、ねじやボルト、バネなどの形や素材、連続性をデザインで表現しているという。客室は、2階・5階・8階を「ラグビーフロア」、3階・4階・6階・7階を「産業アートフロア」とし、ラグビーフロアは客室内にラグビーボールやゴールポスト、産業アートフロアは「モノづくりパーツ」をデザインモチーフに取り入れた。エレベーターホールにも、ラグビーフロアはラグビー場、産業アートフロアにはねじなどをデザインした。
■(仮称)ベッセルイン千葉駅前(千葉県千葉市)が2019年2月に開業する。
東急建設がホテルを建設し、竣工後にベッセルホテル開発が賃借する。ベッセルホテル開発による千葉県でのホテルの出店は、「ベッセルイン八千代勝田台駅前」に続き2施設目。「ベッセルイン」ブランドでは10施設目のホテルとなる。
地上14階建て、シングルルーム、ツイン・トリプルルームなど全172室と大浴場、サウナ、38台を収容できる立体駐車場を設ける。12歳以下の添い寝は無料。
場所は、JRと千葉都市モノレール千葉駅から徒歩5分、京成千葉駅から徒歩4分の立地。観光やビジネスでの利用を想定する。
■タイ・バンコクに、「ソラリア西鉄ホテルバンコク」が2020年春に開業する。
西鉄は福岡空港の民営化も見据え、福岡と航空ネットワークで結ばれる台湾や、ベトナムなど東南アジアで、ホテル事業を本格展開する。場所は、巨大商業施設やオフィスが集まるスクンビット地区。今月中に着工し、客室は267室の予定。
バンコクは、観光・ビジネスで訪れる外国人が多い半面、スクンビット地区には、日系ホテルは少なかった。西鉄は日本人客を取り込み、さらに現地で「ソラリア」ブランドを浸透させたい考え。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; https://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホテルのベッドや寝具をホテル向けだけでなくご庭向けにも1台1枚からお届けするNET専門店がクリップ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■旅館つるや隠宅(大分県由布市)は、公式キャラクター「千鶴」を設定した。
同旅館は、従来からアニメ関係の情報を多くツイートすることでも知られ、昨年の熊本・大分地震で多くの宿泊がキャンセルになった際も、直後からアニメファンや関係者が多く訪れて宿泊し助けられたという。そのため「何か楽しい事をお返しできないか」と、萌えキャラ「千鶴」を考案した。長い髪を一つに束ねて左前に垂らし、紫地に「鶴」の文字が入った衣装に、金地に白い鶴が描かれた前掛けを着けた仲居さん風の姿になっている。「千鶴」は20代という設定で、趣味は散歩とカメラだとか。職業はネット上で宣伝活動を行う電脳女将で、公式キャラとしてTwitterなどで旅館や観光情報の発信を行っている。オリジナルグッズも制作。「千鶴オリジナルA4クリアファイル」には、同旅館の玄関先を背景に、着物姿でお出迎えする「千鶴」が描かれている。
■京王プラザホテル(都内新宿区)では、ピーターラビットのスイーツ・パーティを開催している。
作者ビアトリクス・ポターの生誕150周年を記念したスイーツブッフェで、「うさぎの森でベリー摘み~」を副題に、ピーターラビットの世界観を表現した「トムのねこまきだんご」をはじめ、甘酸っぱくて可愛らしいベリーのスイーツ。
オールデイダイニング「樹林」で6月30日まで。
■ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪市北区)では、ザ・ロビーラウンジで、スイス高級機械式時計メーカー「フランク ミュラー」による期間限定のアフタヌーンティーを提供する。
チョコレート製の時計のネジを飾ったストロベリーマカロン、アイコニックなビザン数字をあしらったチョコレートフィナンシェといったスイーツに、チキンとマッシュルームクリームのミニタルトといったセイヴォリーなど、10種をゆっくりと楽しめる期間限定のアフタヌーンティー。目にも楽しい口福な「フランク ミュラー」ならではの華やかで豊かなひと時が堪能できる。
■京都ホテルオークラ(京都市)は、新たにロゴマークを制定した。
これは、1888(明治21)年に「京都ホテル」の前身「京都常盤」が創業して以来、来年で創業130周年を迎えるのに合わせ、さまざまな記念事業、記念商品の展開を予定しているのに先立ち、制定したもの。
「時を刻む、人が集う、花が咲く」様子をモチーフにして表現した。色は、創業時の名称「京都常盤」にちなんだ「常盤色」や、京都ホテルを設立した6月7日(創立記念日)の誕生花であるクチナシの色「深支子色(こきくちなしいろ)」、同ホテルグループがこれまでロゴ等で使用してきた伝統的な深い青色「紺藍色(こんあいいろ)」で表現した。
■THE JUNEI HOTEL 京都御所西(京都市上京区)が7月1日に開業する。
全8室の地域密着型スモールラグジュアリーホテルで、「五感で感じる心地良さ」をコンセプトに、京都の伝統技術を駆使した素材を中心にしつらえた客室とサービスを提供する。
茶室を模した畳の小上がりスペースと京からかみのアートディスプレイが特徴的な客室には、和束の茶畑から直送された宇治茶と400年の歴史を持つ京御菓子司「亀屋清永」季節の菓子を用意してゲストを迎える。全ての客室に特注の信楽焼のバスタブと高濃度水素水生成器を設置、また、当サイトにも掲載のホテルベッドで最上級のくつろぎを提供する。
地域密着型の経営を目指し、老舗の仕出し処の朝食を客室で堪能できる「朝食付きプラン」のほか、京都散策にうれしい一日着物レンタル付の「着付けプラン」、職人の指導による「紙漉き体験プラン」など体験型の宿泊プランも用意する。
■米・オクラホマシティに、ヒルトンの新ブランド「トゥルーbyヒルトン」の第1号となる「Tru By Hilton Oklahoma City Airport」が開業した。
「トゥルーbyヒルトン」は、ヒルトンが2016年に立ち上げた中規模ホテルブランド。ウィル・ロジャーズ・ワールド空港に近く、客室86室を備える。現在ほかに425軒の開発が進められているといい、今後、業界史上最速のペースで、「トゥルーbyヒルトン」ブランドのホテルが開業される予定だという。
■(仮称)日光ふふ(栃木県日光市)が2019年秋頃に開業する。
不動産大手のヒューリックと東武鉄道が計画している高級温泉旅館で、東武が所有する「田母沢御用邸付属邸」の跡地をヒューリックが賃借し、計22の全客室に温泉の露天風呂を備えた低層の旅館を建設する。レストランやバー、大浴場も備える。来春頃に着工の予定。料金は1泊2日で、1室あたり10万円以上(2人利用なら1人5万円以上)を想定。建設地は広さが約1万4千平方mあり、旧日光田母沢御用邸に隣接して付属邸があった場所。払い下げを受けた企業を東武が傘下に収め、2006年まで「日光田母沢ホテル」を運営した後は更地になっていた。富裕層のシニアや外国観光客の獲得を狙う。
■ホテルサンルートプラザ福島(福島県福島市)は、12月から新たなホテルとして開業する。
これは、同ホテルが賃貸借契約の合意解除に伴い11月26日で営業を終了し、ビルを所有するSKハウジングが12月から新たなホテルを開業、運営するもので、フロントなどを改装するが、現在の客室257室は維持。ツインルームが100室を占めることから、ビジネス客だけではなく、観光客の利用にも力を入れ、地域活性化につなげたい考え。従業員も希望者については引き継ぐ方針。ホテルサンルートプラザ福島への宿泊は11月25日まで。SKハウジングは全国で不動産賃貸借事業を展開しているが、ホテル運営は初めて。
■「STAND BY ME」(福岡市中央区)が6月15日にオープンする。
立ち飲み居酒屋と宿泊機能を融合させた施設で、1,000円で4杯のお酒を飲むことができ、酔っ払っても上の階にある宿泊施設ですぐ眠れるのが売り。
福岡市の大濠公園の近くにある建物を改造して開業。1階が約35席の立ち飲み屋、2、3階は宿泊スペースでドミトリータイプの客室と個室によって構成されている。宿泊定員は35人。シャワーとトイレは共用で、宿泊料は1室3,780円から。
若者や出張の会社員、外国人観光客の取り込みを図る。
■ハウステンボスが中国に進出する。
ハウステンボスの特徴である欧州の街並みや花と緑をテーマにして音楽イベントなどを展開する計画で、投資額は1,000億~2,000億円を見込む。現地企業をパートナーに共同事業化に向けた協議を進めており、2020年を目標にする。
広さは日本のハウステンボスとほぼ同規模を想定。ジェットコースターなど遊園地的なアトラクションも整備する。候補地は上海から鉄道で30分から1時間の圏内で人口2,000万~3,000万人規模の都市を検討。年間入場者数はハウステンボス(約300万人)の約10倍を想定する。
ハウステンボスは花や音楽のイベントや、仮想現実(VR)のアトラクションなどの新企画を展開して集客につなげており、運営を通じて得たノウハウを海外展開にも生かす。中国の施設が成功すれば、ベトナムなど他のアジア地域で展開する考えだという。
■米・トランプ・ホテルズは、3つ星価格帯の新ホテルチェーン「アメリカン・アイデア」を立ち上げる。
超高級ホテルの看板ブランド「トランプ」はそのまま維持しつつ、庶民も取り込むのが狙い。
新ブランドのホテルはまず米南部ミシシッピ州で3店が開業する。「米国の地方文化や歴史、アップルパイ(米国伝統)の味わいを紹介する場所」を目指すという。
2007年創業のトランプ・ホテルズは当初、米国を中心に「トランプ」ブランドを展開してきた。近年はカナダやブラジルなど米国外での出店を加速しているほか、昨年は4つ星の新ブランド「サイオン」を立ち上げた。「アメリカン・アイデア」を含めると、最高級から中級までカバーできることになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; https://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホテルのインテリアをご家庭にも – ホテルの企画やデザイン、サービス・宿泊に関する色々なニュース

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■京都センチュリーホテル(京都市下京区)では6月30日までの間、「星空テラス~Cafe&Bar~」で、青白く輝くおとめ座の1等星「スピカ」をイメージしたカクテルを販売している。
「星空テラス~Cafe&Bar~」は、天体望遠鏡等の光学機器メーカー「ビクセン」の「宙(そら)ガール」とコラボしたビアテラス。ホテル内のチャペル前に広がるガーデン空間で、星空をゆっくりと眺める至福の時間を提案。「星空テラス」では、ビクセンの天体望遠鏡、双眼鏡、星空観察ベッド「ソラリラ」などが無料で使用でき、星空を眺めながらロマンティクな時間を過ごすことができる。7月1日から31日までは、オレンジ色に輝く赤色巨星「アークトゥルス」をイメージしたカクテルを提供する予定で、夏の夜空を彩る恒星や準惑星を表現したカクテルを月替わりで用意する。
■変なホテル ラグーナテンボス(愛知県蒲郡市)が8月1日にオープンする。
2階建て100室。場所は、複合リゾート施設「ラグーナテンボス」内のテーマパーク隣接地。全国で3カ所目の「変なホテル」となる。ロボットを導入し7人で省力運営するのは従来通りだが、フロントロビーに高さ4mで鳴き声も出す大型の動く恐竜ロボットを置き、受付や室内のロボットの外見も刷新。照明などを操作する卓上ロボットも恐竜型に変える。レストランは季節単位などで和洋中などメニューを入れ替える。
パークの入園券(開園15分前に入場可)や温泉利用券、駐車券もセットで販売し、この料金込みプランで1室あたり1泊平均2万円で販売する計画だという。
■大手予備校、河合塾の旧校舎がホテルに転用される。
貸会議室運営のティーケーピー(TKP)が手がけるもので、「ファーストキャビンTKP名古屋駅」を今夏開業する。簡易宿泊所運営のファーストキャビンと共同で開発、運営する。名古屋駅周辺にある自社の会議室とセットで利用してもらい、企業の研修需要を開拓する。
全199室で、窓やドアのない簡易宿泊所の形態を取る。部屋は大きさに応じてファースト、ビジネス、エコノミーの3タイプを用意。宿泊料金は4,500~6,500円程度に抑え、カプセルホテルとビジネスホテルの中間の価格帯を狙う。男性、女性で階を分けており、新入社員研修などに利用しやすくする。
TKPとファーストキャビンは3月に資本・業務提携。今後3年間で同様のコンパクトホテルを10店舗開設、売上高20億円をめざす。
■グランドハイアット東京(都内港区)では、6月中旬より、夏限定のスイーツを販売する。
ピーチ、マンゴー、マスカット、パッションフルーツなど、夏を代表するフレッシュフルーツを贅沢につかった、この時期にしか味わうことができない夏季限定スイーツで、「フィオレンティーナ ペストリーブティック」で提供する。さらに、夏が旬の枝豆をつかったパンや食欲を刺激するスパイシーなカレーパンなど2種類の新作パンも登場する。
■ロイヤルパークホテル(都内中央区)では7月1日より、宿泊者が無料で使えるスマートフォンのサービスを導入する。
これは、「handy」が提供するサービスを、同ホテルが国内で初めて導入するもので、スマートフォンは客室に備え付けられ、宿泊している間は自由に持ち出して使えるAndroidスマホ。国内通話と国際電話の通話料、データ通信料が無制限で無料となっている。データ通信はブラウザのほか、Google マップやYouTubeなどを利用できる。ユーザーのGoogleアカウントを登録すれば、自由にアプリをインストール可能。撮影した写真はユーザーのGoogle フォトなどにバックアップできる。独自のホーム画面を搭載しており、ホテルのホームページやhandyが作成した周辺の観光・グルメ情報、Google マップなどにアクセスできる。また、ホテルが配信する情報やクーポンなどお店が配信する情報が、プッシュ通知で端末に表示される。また、ホテルの内線電話として、部屋同士の通話に利用したり、外出先からホテルのコンシェルジュサービスに通話したりできる。利用したデータは、チェックアウト時に抹消される。尚、同サービスをホテルが導入する際、ホテル側にかかる料金は1部屋あたり月額980円(税別)だという。
■新宿プリンスホテル(都内新宿区)では、PlayStation Vita用ゲームソフト「Collar x Malice(カラーxマリス)」とのタイアップ企画による宿泊プランを販売開始した。
同ゲームは、新宿を舞台に起こる連続事件を5人の男性と共に捜査を行っていく、サスペンス要素のある恋愛アドベンチャーゲームで、昨夏の販売と共に非常に人気のあるゲームソフトとなっている。今年3月に40周年を迎えた同ホテルは、歌舞伎町や新都心まで見渡せるロケーションで、ゲーム内の背景のモデルになった地域を窓辺より眺めることができるなどゲームの世界観を表現できることから、特別タイアップ宿泊プランとして企画した。
客室には、ゲームに登場するキャラクターが、特別に描きおこされたホテルマン姿のちびキャラと等身大キャラクターで壁面に登場。ベッドスローやクッションなどがタイアップオリジナルデザインとなっているコンセプトルームで、オリジナルグッズも付く。9月30日まで。
■ホテルグランヴィア京都(京都市下京区)の15階に、6月17日に運行を始める豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の専用ラウンジができる。
市内を一望できる。広さは約130平方mで、室内は瑞風と同様、アールデコ調のデザインで統一した。瑞風が停車する駅ホーム近くと専用のエレベーターで直結。乗客は出発の1時間ほど前にラウンジで受付を済ませ、クルーの案内で改札を通らずに乗車できる。待ち時間で京都の文化人などによる高話を聞いたり、玉露や日本酒、人気の洋菓子店「京都北山マールブランシュ」によるスイーツなどを楽しんだりできるという。
■(仮称)アゴーラリージェンシー堺アネックス(大阪府堺市)が2020年夏にオープンする。
現在、南海本線堺駅前で運営する同グループのホテルの稼働率が高く、インバウンドの増加などを見込んで受け入れ能力を拡大する狙い。場所は、堺駅西側の旧堺港に面する堺市の市有地。12階建てで、延べ床面積は約3万8千平方m。敷地面積は約1万2千平方mで、市から50年程度にわたり定期借地する。総事業費は130億円。客室は5~12階で、年間約15万人の宿泊利用を見込む。1~4階には物販・飲食店や温浴施設、エステサロンなどが入居。3階のシーフードレストランは海を望むテラスを売り物とする。堺市も7億3千万円を投じ、旧堺港の親水護岸に通じる橋や周辺道路などを整備する。
■長浜ロイヤルホテル(滋賀県長浜市)12階に、SANKEN-TYAフロア「ジャパニーズスイート、和モダンMATSURI」の2種類のコンセプトルームが誕生した。
ジャパニーズスイート天守とジャパニーズスイートは戦国時代のイメージをモチーフとしたコンセプトスイートルーム。客室は、天守閣をイメージしており、和の伝統色を配し、格子天井や本陣幕をモチーフに、本丸御殿の重厚感を表現したデザインが戦国の時へといざなう。また、客室の中央に鎮座する6mのDENと呼ばれるベッドとしても使用できる緋色のソファが特徴。また、ジャパニーズスイートルームの向かいにあるのが、和モダンルームMATSURIで、こちらは、400年の時を経て続く長浜曳山まつりをイメージした客室となっている。室内は、提灯や祭をイメージしたアートワークなどで華やかさを演出しており、洋の中にも和の要素を感じられるような、いつか見た懐かしい記憶が蘇るような客室となっている。
■(仮称)楢葉ホテル(福島県双葉郡)が2018年7月末の開業を予定している。
場所は、楢葉町の竜田駅東側。神奈川県箱根町の旅館業「一の湯」の関連会社ファーストスプリングが経営する。鉄骨4階で客室数207。レストランやコンビニを備え、温泉も掘削。従業員30人程度を予定する。当面は廃炉関連の利用が7、8割だと見込まれるが、将来の観光目的の利用に耐えられる施設にするという。
■米・フロリダのホテル「The St. Regis Bal Harbour Resort」に、「世界一高価なマカロン」が登場した。
その名も「クリスタルマカロン」。価格は、1箱9,703ドル(約100万円)。「9703 Collins Avenue」という住所の番地にちなんで価格が付けられたという。
同ホテルでは、フランスの高級クリスタルブランド、ラリックとタッグを組んで宿泊客に向けたさまざまなコラボ企画を展開しているが、今回はその目玉となるもの。ラリックの伝統的な技術を駆使したクリスタルボックスを開けると、中にはシュガークリスタルでコーティングされたホワイトティ香るマカロンが4つ、表面に施された金箔でも高級感を演出。ただ、100万円という価格の中には、実はこのマカロンを購入すると、スイートルーム「スカイパレススイーツ」に無料で1泊滞在できるという特典が付いている。最大8名まで宿泊できる室内には、豪華なベッドルーム4部屋のほか、大西洋のオーシャンビューを見渡せる約20平方mのバルコニーも完備。またバトラーサービスも無料。
マカロン以外の企画としては、一杯200ドル(約2万2,000円)のコラボカクテルもあるが、こちらは、ラリックのグラス付きなので、飲み終えたグラスを持ち帰ることができる。マイグラスとして、バーでグラスをキープしてもらうことも可能で、その場合は、名入れサービスも受けられる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; https://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━