高級旅館や一流ホテル、さらに外国人観光客向け宿泊施設のベッドやマットレスを個人邸やマンション向けに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■米・女優のパリス・ヒルトンが、自らの名を冠した新たな高級ホテルを、近くドバイとニューヨーク、ラスベガスにオープンさせるという。
彼女の曾祖父はヒルトン・ホテルの創業者コンラッド・ヒルトンだが、「ヒルトン・ホテル」の名からは距離を置こうとする一方で、長年にわたり自身の高級ホテルチェーンをつくる考えを温めてきた。これら3都市のホテルは、「ビーチ」をテーマにしたものになるという。
彼女はこれまで、世界各地に約50店舗の「パリス・ヒルトン」ブティックを展開し、パフュームをはじめハンドバッグ、時計、靴などを販売。また、近くバーチャル・リアリティー関連のプロジェクトにも投資しており、テクノロジー業界にも進出する。さらに彼女は、数年前にはフィリピンのセンチュリー・プロパティ―ズと協力し、同社がマニラ首都圏パラニャーケ市に開発する「アズール・リゾート・レジデンシズ」内のクラブハウス、「パリス・ビーチクラブ」のコンセプト設計に参加。さらに、パンパンガ州の州都サンフェルナンドにある「アズール・ノース」にも先ごろ、2か所目となるクラブハウスを着工した。ファッションモデル、デザイナー、女優、歌手などとして活躍する一方で、多彩な商才も見せている。
■青森ワイナリーホテル(青森県南津軽郡)では、ホテル内にワイン工場を開設した。
同ホテルを運営するのは、ワイン製造のサンマモルワイナリーのグループ企業で、ホテル別館地下1階を約2億5,000万円かけて改装し、第2工場として整備した。面積は地下2階のワインセラーを含め約1,500平方m。
同県鶴田町、田舎館村などで作られるブドウ品種「スチューベン」を使う「津軽ワイン」や県産リンゴのワインを醸造する。720ml入りの製品を年間約30万本製造できる設計だという。初年度は約10万本の出荷を目指す。
一般向けの見学コースを用意し、観光施設の役割も担う。果実をつぶす圧搾機や醸造タンク24本が稼働する様子、瓶詰め工程などを見学できるようガラス張りになっている。ワイン10~24種を有料で試飲できるコーナーもあり、試飲したワインは購入可能。ワイン酵母を使ったパンの工房なども併設した。
■イスラム教徒(ムスリム)向けのホテル、シャリアホテル富士山(山梨県南都留郡)が開業した。
「シャリアホテル」とは、「イスラム教のきまりにのっとったホテル」という意味で、空き家だった民家を5千万円で買い取り、ホテルにリフォームしたという。ムスリム以外の人も宿泊できる。
客室は8室のみで、館内に礼拝所や手足を清めるための水場を備え、礼拝用のマットも無料で貸し出す。客室にはメッカの方向を示す印を付けた。食事は戒律に沿って調理した和食で、日中断食するラマダン期間中は早朝や深夜に出す。1室2人利用の場合、1人1泊2食付き1万円。
業績がよければムスリム向けホテルをさらに増やす予定だという。
■シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(宮崎県宮崎市)では、「ふしぎな本」(専用タブレット端末)を片手にホテルの中や周辺を実際に歩き回り、家族や友だちと協力しながら「ポケモンのページ」を集めるアクティビティ、”コレクション&ミステリー ポケモン「イーブイとふしぎな本」”を開催している。
さらに、「ふしぎなポケモンルーム」の客室に泊まると特典が付いてくる。特典は、ピカチュウとイーブイファミリーのマカロン(10個入り)や、ポケモンわくわくドリンクまたはピカチュウラテアートホットチョコドリンク(マカロン2個セット)、誕生月の宿泊で、ピカチュウバースデーケーキ、2回目以降の宿泊で、オリジナルポケモントートバッグ、ピカチュウと記念撮影など。
■ウェスティンホテル東京(都内目黒区)は、少人数のウエディングプランの販売を開始した。
同プランは、7月にリニューアルオープンした「サファイア」とサロンスタイルの「クリスタル」の2つの会場を贅沢な空間に創りあげ、プライベート感あふれる、エレガントなウエディングを提案する。
披露宴会場「サファイア」に隣接した専用のサロン「クリスタル」では、ウェルカムパーティーや披露宴後のアフターパーティーなど、新郎新婦がゲストと直接ふれあえる、くつろぎの時間を過ごせる。
中央には大きなカウンター、オーダーメイドで設計されたソファとテーブルのセットも備え、ワンランク上の少人数ウエディングが叶う。また、大きな窓からやわらかな自然光が入り、東京タワーをはじめとした都心の景色も眺められる「サファイア」では、新郎新婦が親しいゲストとグラスを傾けながら、会話や料理を楽しめる、温かみのある披露宴が実現。同ホテルならではのヨーロピアンクラシックなテイストと、日本的な”凜”を融合させた上質な空間で、プライベートパーティーを演出する。
■ホテルJALシティ羽田東京ウエストウイング(都内大田区)が今秋開業する。
建物は地上8階建て、ダブルとツインからなる全103室の客室構成。インテリアデザインには、ザ・ビバリーヒルトン、ル・メリディアンシカゴ、グランドハイアット仁川、インディゴホテルなど数多くのホテルでデザインを手掛ける創業1965年の「ゲンスラー・アンド・アソシエイツ・インターナショナル・リミテッド」を起用、深夜に到着するお客に配慮し、ベージュトーンのソファや間接照明の柔らかい空間に仕上げた。また、ロビー床には、上空から俯瞰した羽田空港をモチーフにつくられた象嵌タイルを施し、ラウンジには江戸の小路をイメージした格子模様の壁を配置、各フロアの廊下には紙すきの手法を使ったクロスを用いるなど、海外客に日本の「和」を感じてもらえる様な空間を演出。
全4タイプの客室には、桜や富士山といった日本の風景写真をモチーフにしたドリームボードを設置し、写真をぼかすことで、まるで夢をみているかのような雰囲気を演出。また、着物の八掛を思わせるベッドスローなど、日本をイメージさせるマテリアルを採用した。ビジネスマン向けのコンフォートタイプの客室には、パソコンでの作業が楽に行えるよう大きめのデスクを設置し、観光客が中心となるツインタイプの客室には寛ぎを重視したソファを設置。さらに、昨今の観光需要の高まりとともに大型化の傾向にあるスーツケースについても、客室内で荷物を広げられるようスペースを確保し、スーツケースが収納可能なベッドを採用するなど、利用客の快適さに配慮した。
■大磯プリンスホテル(神奈川県中郡)が、64年ぶりに大規模リニューアルする。
同ホテルは、1953年8月に洋室12室の「大磯ロングビーチホテル」として開業し、その後1957年7月に「大磯ロングビーチ」が、1988年7月に現在の3号館がオープンした。プール、テニス、ゴルフなどのスポーツアクティビティを軸としたホテルリゾートとして親しまれてきた。
今回、開業以来64年ぶりに、大規模リニューアルを実施することで、年間を通じて楽しめる魅力を有する大磯プリンスホテルに生まれ変わる。現在の3号館の客室、レストラン、宴会場を改装し、来春リニューアルオープン、さらにこれまでの1、2号館跡地に天然温泉を利用した温泉・スパ施設を新設し来夏オープンする。
■ホテルインターコンチネンタル東京ベイ(都内港区)では、「三世代で楽しむ-サマースペシャルブッフェ」を開催している。
ヘルシー・ビューティ・フレッシュのコンセプトのもと、シェフズライブキッチンで、夏の食材を使ったオリジナルメニューを提供。ランチ・ディナーブッフェで定番メニューとともに約50種類のメニューを提供する。9月14日まで。
■アパグループが、東京・浅草駅前に15階建て(304室)のホテル建設を計画している。
浅草線浅草駅より徒歩1分、銀座線「浅草」駅より徒歩3分の場所。浅草周辺エリアには、アパホテル(浅草蔵前)(全301室)が稼働中で、アパホテル(浅草田原町駅前)(平成29年7月開業予定・全464室)、アパホテル(浅草雷門)(平成29年9月開業予定・全126室)も計画中だが、昨今の海外インバウンドや国内ビジネス・観光需要の増加の中、年間4,500万人の観光客が訪れる「浅草エリア」で、さらなる需要の獲得を目指して今回の計画に至ったという。完成すれば、台東区内でのアパホテルは、8棟・1,901室となり、台東区内のホテルでは保有棟数・客室数でトップとなる。平成30年8月の開業を目指す。
■シティプラザ大阪(大阪市中央区)では、7月30日・31日の2日間、ホテル開業10周年記念イベント「ヒトノワ夏の感謝祭~大阪府内の市町村物産・観光フェアも同時開催!」を開催する。
大阪府内の市町村や、田舎暮らし情報発信として同ホテルに拠点を置く、大阪ふるさと暮らし情報センターの紹介により各県からも参加し、観光・物産フェアを開設してそれぞれの魅力を紹介する。併せてご当地キャラクターも大集合。また、熊本大震災復興応援を込めて「くまモン」が登場し、大阪から元気を発信する。友達の「もずやん」も駆けつけるという。
■ホテルアンテルーム京都(京都市南区)は、67室を増室し、リニューアルオープンした。
同ホテルは、ホテルと長期滞在型ホテル(アパートメント)、ギャラリーからなる複合施設。”京都の今を表現するアート&カルチャーが集まる場所”をコンセプトに、築23年の学生寮をコンバージョンし、2011年4月にオープンした。
今回のリニューアルでは、「アート&カルチャー」の要素を強化し、1階の客室には、日本の庭をモダンに表現した庭付き客室が新たに誕生。また、「365日アートフェア」という新たなテーマのもと、館内のいたる所に購入可能なアートが展示された。増床した部屋の一部には、現代美術家の名和晃平、蜷川実花、ヤノベケンジ、金氏徹平、宮永愛子ら8組のアーティストが手がける「コンセプトルーム」として、客室全体がギャラリーのようい独自の世界観で表現された、新たなホテルの体験を提供。さらに、1階にはアーティストの制作活動の現場を見学&体験できるアトリエや、オリジナルグッズやセレクトアイテムが手に入るショップスペースも加わった。
■ジャパニングホテル八宏園(京都市下京区)がオープンした。
外国人観光客のニーズを踏まえ、新しいスタイル「コンセプションホテル」を掲げたゲストハウスで、地上3階建て、客室数は16室。
日常では出来ないような日本文化を体験してもらうため、着付け師による無料着付けサービスや茶道などの「五感で感じる日本の文化体験サービス」を提供する。
また、インバウンド市場の需要が高い間は独自性のあるコンセプションホテルとして経営を行う事で利益の最大化を図り、インバウンドの需要の減退時には、賃貸マンションに用途を変更し収益を確保できるような仕組みで運営するという。
■レッドルーフプラス大阪難波(大阪市中央区)がオープンした。
米・ホテルチェーン「レッドルーフ」の日本のホテル1号店となる。198室の旧・フローラルイン難波を改修し、新たに26の客室を加えて全224室として開業するもので、建物は同社の上級ブランドである「Red Roof PLUS + 」の内装とアメニティーの基準に格上げされ、「アップスケール・エコノミー」なホテルとして、国内外のビジネスおよびレジャー客をターゲットにする。
同社は、海外ホテル1号店を2015年9月にブラジルのクリチバに、また今年4月には2号店をブラジルのビトリアにオープンした。向こう25年間でブラジル各地に新築または改修された35~40施設を開発する予定。また、タイでは、2017年から2020年にかけて各地に新築ホテルを開業する計画で、バンコクからプーケットまで主要観光地の土地確保を積極的に進めているという。
■スイスに屋根のないホテルがオープンした。
場所は、アルプスの海抜1,970m地点に位置し、無いのは屋根だけでなく、壁もない。
ホテルを運営するのは2人の兄弟経営者。部屋(!?)は一室のみで、宿泊価格は1泊260ドル。早春から晩秋まで利用できるという。山に囲まれ、パノラマ景色の他に、個人用バトラーサービスもあるという。モーニングコールをしたり、コーヒーやサンドイッチもベッドまで運んでくれるとか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホテル旅館観光業界のホットで耳寄りなニュース話題情報はコレ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■韓国の束草市で、ホテルの予約が一週間で4倍に膨れ上がった。
その理由は・・・巷で話題の「ポケモンGO」。日本や韓国でまだサービスが開始されていない「ポケモンGO」にも関わらず、韓国北東部の束草(SOKCHO)で唯一、起動するのだという。韓国当局はその原因について、ゲームのシステムが誤って束草を北米エリアに分類したためだと説明した。
人口8万人という小さな海辺の町の観光産業が、この事態を喜ばないはずがなく、韓国メディアによると、束草市ではここ数日のホテルの予約数が、先週と比べて4倍に膨れ上がったという。地元のレストランや商店は、ポケモンGOのユーザーに「特典」を用意するなど宣伝に躍起となっている。市長も応援に乗り出し、今後束草市は、市内の無料Wi-Fiを拡張し、ユーザーがゲームを中断しなくても済むようにスマホの充電基地も提供すると約束したという。
■フォーシーズンズホテルが都内大手町に2020年春に開業する。
三井物産本社跡地の再開発ビルに入るもので、同再開発は三井不動産と三井物産が共同で手がけており、5月に着工した。皇居に面したA棟と、より高層なB棟、緑地広場などで構成する。複合ビルの延べ床面積は約36万平方mとなる。フォーシーズンズはB棟の高層階にあたり、皇居を含む東京の街を一望できる34~39階に入るという。客室数は約190室。
大手町再開発計画は国家戦略特区の特定事業。外国企業の誘致やビジネス交流のため、見本市や国際会議など「MICE(マイス)」機能を強化する拠点になることを目指しており、東京五輪の開催にあわせて、日本有数のビジネス街に高級ホテルを誘致し、国際都市としての東京の競争力を高める狙い。
■帝国ホテルが運営するレストラン「ザ・パーク」が、慶応義塾大学病院(都内新宿区)内にオープンした。
場所は、2号館の最上階に当たる11階で、窓からは新国立競技場建設予定地を見下ろすことができ、明治神宮外苑や赤坂御用地の眺望も楽しめる。帝国ホテルのシェフが腕をふるい、「特製ビーフカレー」(1,800円)や「ハンバーグステーキ」(2,300円)といったおなじみのメニューが並ぶ。
■リーガロイヤルホテル東京(都内新宿区)では、3D撮影した婚礼会場を実際に見て回っているかのような疑似体験ができる会場見学サービスを導入した。
同サービスは、NECネッツエスアイの「スムースキャプチャー」を使用したもので独自の3Dカメラで撮影し、3Dコンテンツ(パノラマコンテンツ)化した婚礼会場をパソコンやスマートフォン、ダブレットなどインターネット環境に接続可能な端末から閲覧することができる。実際にその場を自分の好みの導線で移動し、見学しているような移動形式のほか、平面図やドールハウスのような立体図で会場を俯瞰することもでき、細かな雰囲気やホテルの魅力を感じ取ることができる。同ホテルでは、今回開催のブライダルフェアで接客ツールとして使用を開始した。
■オリエンタルホテル東京ベイ(千葉県浦安市)では、現在開催中の「ハワイフェア」で期間限定の特別メニューを提供する。
8月11~15日の5日間限定で、ハワイ風のちらし寿司など子どもに人気のメニューを用意する。お盆期間中に帰省する家族連れなどが増えるのを想定し、集客につなげる。フェアはホテル2階にあるレストラン「グランサンク」で、昼と夜の2部制で開催する。お盆期間中の特別メニューとして、サーモンなどを使ったハワイ風のすしや色とりどりのかき氷などを用意する。このほか、鶏肉と南国の果物のココナツ煮込みなども提供する。特別メニューは5日間限定。ハワイフェアは8月31日まで開催。
■軽井沢マリオットホテル(長野県北佐久郡)では、ホテルロビー階にレストラン「Grill & Dining G(グリル & ダイニング ジー)」を開設する。
「Grill & Dining G」は、2013年12月にオープンした東京マリオットホテル内レストラン「Lounge & Dining G」の姉妹店で、空間やサービスにマリオットの個性的なコンセプトが生かされたオールデイダイニング。熟成肉を中心としたジューシーなグリル料理や、地元・信州の契約農家から届く新鮮な野菜を使用したオードブルなど、軽井沢の豊潤な風土にふさわしい料理で、リゾート感あふれるダイニング体験を提供。ランチ、ディナーでは、前菜・サラダ・デザートがブッフェスタイルで提供され、出来たてのメイン料理とともに、快適に食事のひとときを楽しめる。
ホテルのリブランドオープンを記念した特典付きのランチセット「Bracing(ブレイシング)」を9月30日まで提供する。
■札幌ビューホテル大通公園(仮称)が2017年5月にオープンする。
日本ビューホテルが、札幌市中央区の「東京ドームホテル札幌」の建物を引き継いでオープンさせるもので、同社としては北海道内初進出。外国人観光客が増える北海道内で知名度を高め、北海道外で展開するグループホテルの集客にもつなげる狙い。東京ドームホテルは来年4月末で営業を終え、北海道からは撤退する。
■ラ・ジェント・ステイ札幌(札幌市中央区)が開業した。
場所は、地下鉄大通駅から近い大和ハウス所有地で、以前は時間貸し駐車場として使われていた1,280平方mの土地。建物は大和ハウスが建築主になり大成建設が施工した。ビジネスやファミリー、カツプル、インバウンドなど幅広い層をターゲットにする。客室数は219室。
地上14階建てで1~2階にはコンビニや物販店が入り3階から上が客室フロア。ホテルの運営はABアコモが行う。同社は「アコモイン気仙沼」「ラ・ジェント・イン気仙沼」や首都圏でホテルを運営している。
■ヨドバシカメラは、JR札幌駅南口に所有する旧札幌西武跡地(札幌市中央区)に、自社店舗、及び、ホテルを併設する複合ビルの建設を検討している。
札幌市なども関わる再開発事業として、隣接するビルの建て替えを含めた区画の一体開発をおこなう。当初は、西武跡地に自社の新店や、飲食、物販などの外部テナントを入れた商業ビルの開発を計画していたが、外国人観光客の急増で札幌市内のホテル需要が高まっていることから、ホテルも併設する方向で検討している。運営は、ホテル業者を誘致し委託する模様。具体的な計画はこれから札幌市などと話し合い、2020年代前半の開業を目指す考え。
■ホテル一畑(島根県松江市)が、2020年に新館を開業する。
新館は、本館・東館に隣接する約3,300平方mの敷地に建設の予定で、2018年4月に着工し、2020年4月に開業する。総事業費や客室数は未定。立地場所は景観保護のため建築規制があるため、本館の客室数143を若干下回る規模の見込みだという。
また、10月からは、阪急阪神第一ホテルグループに加盟する。全国で45ホテル、9,948室を保有する同グループの名称使用が可能となり、インターネットの予約システムやブランド力・運営ノウハウを活用し、2020年の東京五輪に向け外国人観光客の宿泊需要を開拓したい考え。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ニュース – ホテル・旅館・インテリア・宿泊業界 最新の動向を毎週チェック – ホテル備品販売 –

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■モナコの「オテル・ド・パリ・モンテカルロ」に、イタリア高級車メーカー「マセラティ」のスイートルームが期間限定でオープンした。
これは、マセラティと同ホテルとのパートナーシップ事業の一環。著名なデザイナーを招き、2つのラグジュアリーブランドのコラボとして、同ホテルのスイートルーム2室に創り上げた。
同ホテル3階に設けられたこの「マセラティ・ポップアップ・スイート」は、地中海とカジノ・ド・モンテカルロ広場、両方の眺めが楽しめる。リビングルームには、モンテカルロで勝利を挙げたマセラティのミニチュアモデルが飾られ、インテリアのテーマは、「絶対的なミニマリズム」。ベッドルームは、伝統あるイタリア自動車メーカーならではの演出で、グレイン・レザー仕上げのアームチェアは、マセラティのサルーンのインテリアを連想させる仕上がり。
同スイートルームは、7月1日から9月30日までの期間限定で、気になる料金は、大人2名で3500ユーロ(約40万円)から。滞在中はマセラティの4シーターコンバーチブル「グランカブリオ」が利用でき、モンテカルロの周囲50kmを自由にドライブできるという。
■帝国ホテル大阪(大阪市北区)に、NHK大河ドラマ「真田丸」の主人公で戦国武将の真田幸村を表現した大型人形が展示されている。
日本三大祭りの一つ天神祭を盛り上げる企画の一環で、やりを手にした迫力のある姿で利用者を出迎えている。大型人形は御迎え人形と呼ばれ、江戸時代、天神祭の船渡御で神を祭った船団を出迎えるために作られた。高さ2m超で、多くは当時流行の浄瑠璃や歌舞伎の登場人物が採用されたという。最盛期の幕末には50体以上あったが、現存するのは16体で、そのうちの1体が幸村。
展示場所は、玄関を入ってすぐの場所。また、御迎え人形16体の土人形も2階メインロビーで展示されている。7月25日まで。
■品川プリンスホテル(都内品川区)では、女性ファッション誌「CanCam」とコラボしたプール「CanCam × Shinagawa Prince Hotel Night Pool」を期間限定でオープンした。
プールサイドのデザインは「CanCam」編集部が監修しており、敷地内では限定グッズも販売する。夜に映える「サイリウムブレスレット」などのアイテムも販売するという。また、期間中、「CanCam」が考案したオリジナルメニューが、品川プリンスホテルイーストタワー1F「カフェレストラン24」で販売される。9月19日まで。
■フリープラス(大阪市北区)は、2017年の春、インバウンド特化型ホテルを開業する。
同社は、2010年10月から訪日旅行事業に参入し、これまでに25万人以上の訪日旅行者の取り扱いを展開してきたが、今後の更なるインバウンド市場の拡大、並びに訪日外国人旅行者の宿泊施設における満足度の向上を実現すべく、ホテル事業への参入を決めたという。今回の第1号ホテルを皮切りに、大阪や東京を中心に今後5年間で10棟のホテル運営を目指すとしている。
新しいホテルの名称は「 FP HOTELS Shin-Imamiya (仮称)」で、2017年4月に大阪市西成区に開業する予定。建物は地上9階建て、延床面積は約2,800平方m。客室数は100室を用意し、これまでに25万人以上の訪日外国人旅行者を取り扱ってきた実績を生かした仕様設計や運営を展開するという。
■マンダリンオリエンタル東京(都内中央区)は、館内スパ施設「ザ・スパ・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」で、日本初上陸となるイギリス発祥のハンド&フットケアブランド、「マーガレット・ダブス・ロンドン」監修のトリートメントの提供を開始した。
世界で名が知れ感度の高い顧客をもつマーガレット・ダブスが創設した「マーガレット・ダブス・ロンドン」は、1998年にロンドン市街の一等地、ハーレー・ストリート地区に足病治療のクリニックとして開業した。それ以来、医学的な根拠をベースに、健康と美容両面に配慮した施術や製品で高い評価を得ている。オーストラリアの先住民族が、様々な効能を持つ”皮膚の万能薬”として古くから重宝してきたエミューオイルに、芳しいレモンマートルの香りを配合した独自の製品を使用して行うトリートメントが、同ブランドの最大の特徴となっている。今回、同ホテルでは 「マーガレット・ダブス・ロンドン」の監修による、限定2種類のトリートメントの提供を開始する。
■ホテルインターコンチネンタル東京ベイ(都内港区)では、「2016夏 かき氷コレクション」を販売している。
「大人のフレンチかき氷」は、コース料理の最後を飾るデザートのようなかき氷を味わってほしいという想いを込めた一皿。ロゼスパークリングワインのグラニテに、ライチソルベ、旬の桃、マスカットを合わせた「桃とマスカットのフレンチかき氷」は、大人の味わいを楽しめる。「マンゴーのフレンチかき氷」は、完熟マンゴー、パッションフルーツ、マンゴーソルベ、ココナッツブランマンジェを合わせ、濃厚なマンゴーを贅沢に味わえる一品。「今治かき氷 東京ベイスタイル」は、ひんやりとしたかき氷にアツアツのお茶と一緒に食べる今治スタイルで、「今治かき氷」を、”抹茶”、”モモ&イチゴ”、”瀬戸内レモン”の3種類のソースで用意した。「ニューヨークラウンジ By インターコンチネンタル東京ベイ」で8月31日まで。
■ホリデイ・イン大阪難波(大阪市中央区)が2016年中にオープンする。
既存の「ホテルビスタグランデ大阪」がリブランドしてオープンするもので、新たにホリデイ・インのグローバルスタンダードが同ホテルの施設・サービスに導入される。ホリデイ・インはIHGのホテルブランドとして、現在、世界70以上の国と地域で1,152ホテルを展開しており、日本国内では、札幌、仙台、金沢、宮崎に加わり、国内5軒目のホリデイ・インとなる予定。
■ザ・プリンス パークタワー東京(都内港区)は、3階~31階の客室、プレミアムクラブラウンジ(32階)と、ロビー(1階)の改装を2018年春までに順次実施する。
全603室のうち、3階~31階に位置する590室を改装し、フロアごとの機能を明確化する。29階~31階は「プレミアムクラブフロア」(63室)として、国内外のラグジュアリー層のビジネスやレジャー利用、および近年注目を集めるビジネスとレジャーを融合させた”ブリージャー”利用の取込みを強化。また、併せてプレミアムクラブラウンジ(32階)のバリューアップを行うことで更なる滞在価値の向上を図る。19階~28階の「パノラミックフロア」(209室)は、増加傾向にある国内外の個人客のビジネス、レジャー利用に合わせ、東京のランドマークを望むロケーションを最大限に活かした空間へとバリューアップを図る。3階~18階の「パークフロア」(318室)は、MICE需要の高まりに伴い増加するMICE参加者の利用を想定し、より利便性を追求した空間に生まれ変わる。既存のロイヤルフロア(32階3室)、ガーデンフロア(2階10室)と合わせ、幅広いお客のニーズに合わせた滞在を可能にする計画。
■ホテルセンチュリー静岡(静岡県静岡市)では、日本平動物園とコラボし、客室に大型のぬいぐるみなど動物グッズを多数置く「コラボルーム」を設けた。
同ホテルの20周年記念として、好天ならば富士山が見える20階の広さ31平方mのスーペリアツイン1室を改装した。料金は2人利用で2万2,000円(土休前日2万4,000円)。小学生2人までの添い寝は追加料金が不要で、日本平動物園の入園引換券なども含む。夏休みの家族旅行需要のほか、若いカップル、30歳前後の女性の利用を想定する。8月31日まで。
■三菱地所が低価格ホテルを東京大阪に3棟計画している。
150億円を投じて建設し、2018年度までに順次開業するという。運営は外部に委託して自社ブランドは付けない。まず手始めに大阪・心斎橋に地上13階建て約300室のホテルを建設。運営は「スマイルホテル」のホスピタリティオペレーションズに委託。17年12月の開業を目指す。
同社はこれまで、ロイヤルパークホテルなど、中・高級ホテルを中心に展開してきたが、価格帯を抑えたホテルで新たな顧客層を取り込みたい考え。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホテル旅館・おもてなし業界のニュース | ホテルマン・ホテルウーマン・ホテルコンシェルジュのための専

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ベストウェスタンプレミアホテル長崎(長崎県長崎市)に、一日一組限定で予約が入った時にだけオープンするアニバーサリーレストランが誕生した。
結婚記念日や誕生日、プロポーズやクリスマス、昇進祝いや家族の還暦祝い、会社の創立記念等の記念日などを大切な人達と共に過ごす、感動で満ちあふれる日にしてほしいと、記念日の利用だけに限定した「アニバーサリーレストラン」。
会場となるのはホテルのスィートルームを改装して作られた部屋。室内にはホテルの高級感はそのままに厳選したソファや調度品が並ぶ。通常は婚礼や宴席での利用に限っている部屋で、「アニバーサリーレストラン」がお客を迎える。予約も一日一組に限り、ランチ、ディナーにあわせて季節の和洋コースを用意し、お客のかけがえのない時間を演出する。7月1日より予約受付を開始した。
■羽田空港の国際線近くにホテル3棟が計画されている。
国土交通省が、羽田空港の沖合展開で生じた跡地を開発する住友不動産グループの計画を公表したもので、それによると、高級からビジネスまで3タイプのホテルや、訪日客らに24時間対応する「おもてなしセンター」、飲食・物販店などを含む施設を建設するという。
計画では4.3haの敷地に12階建てのホテル3棟(計1,700室)を建てる。ホテルは3タイプを計画。この内、ラグジュアリーホテルは12階建て延べ9437平方m、客室数154室、ハイグレードホテルは12階建て延べ2万626平方m、644室、スタンダードホテルも12階建て延べ2万3652平方m、906室を計画している。おもてなしセンターは宿泊先や観光ツアーの予約と情報提供、手荷物預かりなどに4カ国語で応じる。ホテルなどの施設は国際線旅客ターミナルと通路で直結。通路には電子看板を設置し、訪日客らに日本の歴史や文化などの情報を発信する。ホテルと国際線、国内線の各ターミナルビルとを結ぶシャトルバスも運行する。国際会議などに使える600人収容のバンケットルームや温浴施設、飲食・物販店なども設ける。施設の延べ床面積は計8万平方m。東京五輪・パラリンピック直前の2020年6月までの全面開業を目指す。
■ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル(横浜市)では、人型ロボット「Pepper」に、接客業向け音声認識機能を内蔵させた。
M-SOLUTIONS社が、同ホテルのPepperに個別に対応させたもの。同ホテルでは当初、フロントやレストランの混雑時に、客とコミュニケーションをとることで楽しませ、退屈や不満の緩和を目的にPepperを導入した。しかし、Pepperの標準プログラムに備わる音声認識機能だけではホテルが期待する全てのニーズは満たせなかったという。ホテルでは多くの客がPepperとさまざまな会話を試みるために、「話しかけたのに、期待する回答をしてくれない」などの不満が上がっていた。そこで、新たに開発された音声認識機能は、特定の単語やフレーズに対しては決まったせりふで、設定した通りにPepperが反応するようにした。例えば、「おなかがすいた」「食事」と話しかけたら、「おすすめのレストランを紹介するよ」といったように、決められた応対をするように設定できるという。
■ダブルツリー・バイ・ヒルトン那覇首里城(沖縄県那覇市)が開業した。
ヒルトンが琉球ホテルリゾート那覇から運営を請け負い、これまでの「ホテル日航那覇グランドキャッスル」からブランドを切り替えた。ヒルトンが沖縄県内で運営するホテルは3軒目となる。
333の全客室を来年4月までに改装し、続いてレストランや宴会場もリニューアルする予定で、加する沖縄への訪日客を取り込む考え。
■グランドハイアット東京(都内港区)は、夏季限定で夏の暑さを吹き飛ばす、冷たい麺メニューを用意した。
中国各地の代表的なお料理や本格的な飲茶をお召し上がりいただける中国料理「チャイナルーム」。今夏は、スープをかき氷状にしてトッピングしたキンキンに冷たい「トマトかき氷冷麺 海鮮サラダ入りサラダ添え~海洋性コラーゲン麺」を期間限定で用意。糖度が高い北海道産有機ミニトマト約50個分を凝縮した濃厚なスープにエビやホタテのシーフードを合わせた人気メニューのトマトスープ冷麺に、さらにスープをかき氷状にしてトッピングしたトマトかき氷冷麺。麺は、マグロやカツオから抽出したコラーゲンを練りこんだ海洋性コラーゲン麺をつかい、トマトに含まれるたっぷりのリコピンと相まって、夏の美肌効果も期待できる一品。涼やかな見た目と、旬の食材を活かしたヘルシーな味わい。8月31日まで。
■竹中工務店は、米・ニューヨークで、ホテル「Andaz (アンダーズ) 5th Avenue」を取得した。
同社が設立した米国現地法人「TAK Hospitality社」を通じて取得したもので、ニューヨークマンハッタン五番街に位置し、グランドセントラル駅やタイムズスクエアからも徒歩圏内と利便性の高い場所。
同ホテルは、Hyatt Hotels Corporationが、2006年に同地にあったオフィス物件を取得後、著名ホテルデザイナーである Tony Chi 氏の設計によりホテルにコンバージョンし、2010年にAndazブランドとして開業したもの。ホテルは引き続き「Andaz」ブランドで運営される。
同社は米国で、オフィス物件の「ヘロンタワー」「日本クラブタワー」(いずれもニューヨーク州)を、ホテル物件として「ホテル日航サンフランシスコ」(カリフォルニア州)、「グランドハイアットカウアイ・リゾート&スパ」(ハワイ州)を、また英国・ロンドンでは、オフィス物件の「One Fleet Place」を所有している。今回の取得により、海外不動産物件の所有は6件になるという。
■ウェスティンホテル東京(都内目黒区)では、昨年から改装計画を進めていた4階ミーティングスペースが、ゆったり過ごせるサロンも備えたプロダクトとして、7月1日にリニューアルオープンした。
4階には、この度新設したサロン「クリスタル」を含む、7つのミーティングスペースを設けており、これらのスペースは、同ホテルの象徴でもあるヨーロピアンクラシックなテイストを残しつつ、凛としたラグジュアリーと、快適性を重視したハイグレードな機能性を持ち合わせている。
自然光の入るミーティングスペースや、大きな窓から恵比寿の街並みが望めるサロンは、リラックスしながらコミュニケーションをとることができ、都会の喧騒から離れたくつろぎ空間を実現。また、ビルトインスクリーンやプロジェクターなど、機能性を重視したミーティングルームの間にサロンを設けることで、リフレッシュメントやミーティング後のカクテルパーティーなど、よりスタイリッシュな演出も可能となった。
■相鉄フレッサイン銀座7丁目(都内中央区)が今秋オープンする。
客室数は286室と、建設予定のものも含めてこれまでで最大規模になる。新橋・日比谷口にも別館を開業する。歌舞伎座やお台場など観光名所にも近いため、ビジネス需要だけでなく、訪日客など団体の取り込みも狙う。
地上13階建てで、延べ床面積は約7,000平方m。東京メトロの銀座駅、都営線の東銀座駅からそれぞれ徒歩5分の場所に立地しており、利便性の良さを売りにする。フレッサインは都内で11カ所目。神奈川県(5カ所)と千葉県(1カ所)を合わせると17カ所目になる。
■安心お宿プレミア荻窪店(都内杉並区)が7月27日にオープンする。
「泊食遊一体!進化系カプセルホテル」がコンセプトで、新宿・秋葉原・新橋に続く4店舗目となる。これまで「泊まる」ことだけに主眼を置いたカプセルホテルのイメージを覆し、「食」と「遊」を追求した「泊まってみたくなる」カプセルホテルを目指す。今回、無料コンテンツ満載の新施設として「クラフトビール&純米酒」をコンセプトにしたカフェバル「ウブドフォレストカフェ」(4階)を併設。支配人が厳選した世界各国のクラフトビールと日本酒、フードコンセプトはフリッターと惣菜で、お酒と料理のマリアージュを提案。朝食はフライドベジタブルとチキンの特製カレーを無料食べ放題で用意。他にソフトドリンク、ダーツマシン、マッサージチェア、コミック&雑誌&新聞、パソコンなどすべて無料で提供充実した「食」と「遊」を楽しめるという。カプセルユニットには、40インチのモニターを特別に設置したシアタールームを一部に設置。今話題のVRの視聴体験サービス「VR THEATER」など、男性専用カプセルホテルならではのエンターテインメント体験ができる環境を整えた。
■ザ・ビー福岡天神(福岡市中央区)が2017年夏にオープンする。
地上10階、客室数は125室。地下鉄七隈線「天神南」駅より徒歩1分、地下鉄空港線「天神」駅より徒歩5分に位置。客室は、快適さと機能性のバランスを追及したシックでシンプルな内装とし、レイン・シャワーとマッサージ機能付シャワータワーも設置する。ホテル全館で無料Wi-Fi接続サービスを提供する。
■くれたけインプレミアム富士宮駅前(静岡県富士宮市)が来年末に開業する。
敷地面積は715平方mで地上10階建て、部屋数は133室。総事業費は約10億円で着工は16年11月の予定。初年度から75%以上の稼働率を目標とする。建設予定地は2009年にボウリング場が閉鎖して以来、浮上したホテル建設計画が白紙になるなどで空き地のまま放置されていた。ホテル予定地を含む約2,900平方mの土地を取得したエヌ・ケーハウジングが呉竹荘と事業協定を結び、ホテル運営を委託するという。来年10月には富士山世界遺産センターが完成予定で、観光客のほかビジネス客の需要も見込む。
■沖縄県那覇市の国映館跡地に、台湾企業がホテルを計画している。
ホテルを計画しているのは、台湾大手セメント会社「嘉新水泥」で、ホテルは地上13階建てで、部屋数は239室。延べ床面積は約2万3,100平方m、敷地面積は4,7944平方m。ホテル内では4つのレストランを計画しているほか、那覇市内最大の宴会場も併設する予定。台湾人観光客に対して、より良いホテルの選択を提供していきたいとしている。2017年初めに着工し、2020年の東京五輪開催前の開業を目指す。
■キューバに、米国のホテルチェーンが約半世紀ぶりに進出する。
米ホテルチェーン、スターウッドホテルが、キューバの首都ハバナ中心部、ミラマー地区にあるキューバ軍所有の高級ホテル「キンタ・アベニーダ」の経営権を引き継いだもので、米ホテルチェーンがキューバに進出するのは、1959年のキューバ革命以来、約半世紀ぶりとなる。
同ホテルは、スターウッド傘下のシェラトン系列の「フォーポインツ・バイ・シェラトン・ハバナ」で、宿泊費は1泊246ドル(約2万5,000円)から。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━