業界の役に立つニュース プラスになる情報 ためになる話題 – ホテル 旅館 宿泊 観光 –

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ロシア・モスクワに、ファッションブランド「ブルガリ」のホテルが進出する。
モスクワを拠点とする不動産開発企業のストーム・プロパティと進められている計画で、このたび同ホテルが契約にこぎつけた。ブルガリホテルとしては、2004年にオープンしたミラノ、2006年のバリ、2012年のロンドン、2017年に予定されている上海、北京、ドバイに続く世界で7件目となる。
場所は、クレムリンや赤の広場など街のランドマークから300mほどの距離。元々は貴族の住居で、その後、モスクワ音楽院の音楽家たちの家となったという建物で、モダンデザイン、華麗な匠の技、芸術的細部といったブルガリの本質的な美的価値を伝えるにふさわしい建物とされる。イタリアのアントニオ・チッテリオとロシアの建築事務所アトリウムとのコラボによるデザインで、伝統とモダンをミックスしたテーマで、新規と既存の建築を並置し、周辺地域のデザインやスタイルをうまく反映させる計画だという。
レストランやバー、プール、スパなどを備え、ルーフトップテラスがある300平方mのブルガリスイートを含む65室の客室とスイートで構成される。2019年のオープン予定。
■ホテルオークラ福岡(福岡市博多区)では、ハワイの「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」のメニューを提供する「ハワイアングルメフェア」を開催する。
ザ・カハラの総料理長が3日間限定で来館し、本場の味を披露する。
オークラ ホテルズ&リゾーツとニッコー・ホテルズ・インターナショナルの国内14ホテルの共同プロモーションとなる「ハワイアングルメフェア」で、ホテルオークラ福岡では、オールデイダイニング カメリアとラウンジ&バー ハカタガワの両レストランで、ハワイを代表する名物料理やデザート、カクテルを用意する。
また、ラウンジ&バー ハカタガワでは、ザ・カハラのレシピを再現した、ハウピアココナッツケーキやパブロバタルト、ミニアサイボールなど、ハワイならではのスイーツプレートと、カハラオリジナルカクテルも楽しめる。
■リーガロイヤルホテル東京(都内新宿区)は、男性向け宿泊プランを発売している。
メンズプラン「サマーリセットステイ」は、ホテル内のジムでトレーナーの指導を受けて運動した後は、ホテル内の鉄板焼きレストランで黒毛和牛のステーキを楽しめる。20歳代からシニア層まで幅広い年代の顧客から好評を得ているという。
価格は1泊1万9,500円からで、一室を1人で利用した場合は3万3千円から。追加料金を支払うと、頭皮を中心にマッサージをするヘッドスパや眉のカットなどのサービスも受けられる。9月30日まで。
■京都にある6ホテルが共同イベント「地下鉄で行くっ ホテルでランチ」を開催する。
6ホテルとは、京都市営地下鉄烏丸線、東西線の沿線6ホテル(ホテルグランヴィア京都、ホテル日航プリンセス京都、京都ホテルオークラ、ANAクラウンプラザホテル京都、京都ブライトンホテル、ウェスティン都ホテル京都)。
1981年(昭和56年)5月29日に、市バスと並ぶ新たな「市民の足」として開業した京都市営地下鉄が今年で開業35周年になるのを記念し、沿線にある6ホテルが初のコラボする企画。各ホテルのレストランで、”開業35周年”にちなみ、3,500円(税サ込)のランチをメインに、和・洋・中の個性豊かなメニューを提供する。
また、各ホテルのレストランで食事をしてスタンプを集めると賞品が当たるスタンプラリーや、京都市交通局と連携し、地下鉄利用のお客を対象に優待も実施。各ホテル自慢の味を、地下鉄を使って、お得に楽しめるというもの。 9月30日まで。
■ロワジールホテル那覇(沖縄県那覇市)では7月1日、最上階12階に「紺碧の海」をテーマにした新客室がオープンする。
「ロワジール(loisir)」とは「leisure(レジャー)」や「余暇」を意味し、同ホテルでは開業以来、「リゾート感」や「リラックスできる空間づくり」を大切にしてきた。新客室もこのコンセプトを踏襲し、沖縄の「紺碧の海」をデザインテーマにリゾート感と高級感をあわせもった空間を実現した。
新客室は5タイプ、32平方mから62平方mとゆったりとした広さを確保。ダブルルームには240㎝幅のキングサイズベッドを導入。また、バスルームは洗い場付きの独立タイプを用意。
また、今回の改装に合わせ宿泊者専用のフィットネスジムもオープン。宿泊者は24時間無料で利用できる。
■志賀高原 石の湯ホテル(長野県下高井郡)では、ゲンジボタル生息地として日本一の標高に位置する石の湯でのホタル観賞特別プランを販売している。また、それに合わせて、石の湯のゲンジボタルを観賞するポイントなどをまとめた特設Webサイトを公開した。
石の湯は、川に温泉が流れ込むことで、通常は水温が低い標高1,600mを超える場所でありながらゲンジボタルが生息。天然記念物にも指定されている。また成虫の発生期間も長く、7月中旬から8月中旬の夏休み前半に見ごろを迎える。
同プランでは、予約グループごとに「ホタル図鑑」「星座図鑑」「星座盤」「虫かご&虫取り網」を貸し出し。ディナーは18時からで、食事後にホタル観賞や星空観賞をしやすいスケジュールとなっている。料金は朝食と夕食付きで、2名1室利用時1万2,000円から。
■オークラアクトシティホテル浜松(静岡県浜松市)では7月1日より「井伊直虎会席」を販売する。
浜松が舞台で2017年より放送されるNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」に向けてのプロモーションとして、浜松市在住の料理研究家、喜田芳子氏の監修で開発された。井伊家の拠点、浜松引佐地区の食材をふんだんに使い、井伊直虎が生きた時代に思いを馳せて献立を作った特別会席。お造りは「遠州灘の魚介盛り合わせ」、強肴(肉皿)には引佐地区で飼育されている「竜神豚と峯野牛の蒸し焼き」を「浜納豆」を使ったソースで仕上げた。また、食事には浜松 舞阪産「しらす」と、浜名湖産「あおさ」を使用。焼物の「かます胡麻焼き赤蒟蒻巻き」は、赤蒟蒻で井伊家の軍装”赤装え”を模し、蒸物の「鰻と蓮根餅の重ね雑穀あん」では、井伊家の家紋でもある”井”の文字をその時代に食されていたと思われる蓮根を使った蓮根餅で型取った。
■ウェスティンホテル大阪(大阪市北区)は、スイートルームや高級フロアの改装を実施中で、7月中旬に全面オープンする。
漆塗りをイメージした黒色のガラスを飾り、縁起物とされる麻の葉模様のじゅうたんを敷き、落ち着いた雰囲気に仕上げた。全面禁煙とし、ラウンジのサービスを拡充、夕方にはシャンパンを提供。フィットネスクラブも無料にするなど、ホテルに長い時間滞在してもらい、レストランなどの利用を促す。専用ラウンジでは和食も提供する。高価なサービスを充実させ富裕層を誘客、改装で宿泊単価を15%前後上げ、収益を増やしたい考え。外国人にも評価してもらえるような落ち着いた空間を心掛けたという。
■天然温泉富山剱の湯 御宿 野乃(富山県富山市)がプレオープンした。
「ドーミーイン」を展開する共立メンテナンスが手掛けたもので、「御宿」シリーズは、ドーミーインブランドの和風テイストのホテル。「野乃」ブランドとしては2棟目、ドーミーインチェーンとしては国内57棟目のホテルとなる。館内には男女別天然温泉大浴場を設置、客室は洋室についても和風テイストとしている。
客室は、ダブル111室・ツイン36室・和洋室1室・その他3室の計151室で、全客室に全米第一位シェアの「サータ」のベッドを完備。洋室(ダブル・ツイン)についても全て和風テイストの内装・仕様とし、一部を除き天然温泉の檜風呂を設置した。館内2階に設置した男女別天然温泉大浴場「剱の湯」では、内湯・外気浴・打たせ湯・樽風呂・ドライサウナ・スチームサウナなど、多彩な湯浴みが楽しめるという。朝食は約70種類のメニューをバイキング形式で6時30分~9時30分に提供。夜食には「夜鳴きそば」を21時30分~23時に無料で提供する。
■ホテルエリアワン高知(高知県高知市)がオープンした。
エリアワンエンタープライズが、旧ホテルサンアトラスをリブランドオープンしたもので、JR「高知」駅より徒歩7分、路面電車「高知橋」電停より徒歩2分に位置。
リブランドにあたっては、外観のほか、客室の内装やロビースペースの内装なども一新した。客室は、シングル45室・ダブル2室・ツイン4室・和室1室・その他2室の計54室。全館無線LAN対応としたほか、シングルの2名利用も可能。朝食は7時~9時30分に館内「CAFE BREDDA」で提供。北海道産エリアワンオリジナルウインナーのサンドや女性に人気のエビ・アボガドや卵サンドなど、1人1つ選べる特製サンドをメインに、サラダ・シリアル・デザートなどの軽食を用意した。
■アポアホテル(三重県四日市市)がオープンした。
旧ホテルサンルート四日市がリブランドオープンしたもので、近鉄線「近鉄四日市」駅より徒歩6分の立地。客室は、シングル72室・ダブル1室・ツイン11室。全室でwi-fi・有線LANが使用できるほか、ロビーにも無料で使用可能なPCを設置した。朝食は、地産地消の食材で豊富なメニューを用意、「おふくろの味」をバイキング形式で提供する。館内には、30名まで利用可能な会議室、マンガコーナーなどもあるという。なお、リブランド後も「サンルートクラブパートナーズホテル」として営業を継続するため、サンルートクラブのポイントカードは引き続き利用可能だという。
■ホテルWBFアートステイ那覇(沖縄県那覇市)がオープンした。
WBFリゾート沖縄が、旧ホテルラッソ国際通りをリブランドオープンしたもので、モノレール「美栄橋」駅より徒歩5分、国際通りまで徒歩30秒の立地。
客室は、ダブル32室・ツイン48室の計80室。全室にFREE Wi-Fi、ウォシュレットトイレなどを完備したほか、ベッドにはデュベスタイルを採用した。朝食は、沖縄の食材にこだわった和食・洋食・沖縄料理に、タイ料理も加えたバラエティーに富んだメニューを、ビュッフェスタイルで提供する。
館内「Growing Artists Floor」では、バーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設として、1999年12月にタイ北部のチェンマイ郊外で設立された生活施設)の子どもたちによる絵画を壁紙に使用しているという。
■アパホテルの海外第一号ホテルとなる「APA HOTEL WOODBRIDGE」がグランドオープンした。
場所は、米・ニューアーク空港から車で20分、マンハッタンへ電車で30分。かつては「Hilton Woodbridge」として運営していたホテル。グランドオープンにあたり、外装、宴会場、会議室、ロビー、一部客室のリニューアル工事を行い、リニューアル客室全室に温水洗浄便座を完備。宴会場、会議室、レストラン、プール、フィットネスを備える。
「アパカード」の新規受付も行い、自社サイトから予約し宿泊した場合は「アパポイント(USA)」が付与され、日本と同様に小切手でのキャッシュバックも行うという。アメニティ、色違いのタオル、折り鶴、アパグループ月刊情報マガジン「Apple Town」を全客室に設置する。今後、全室への温水洗浄便座の設置、コーヒーショップ、日本食レストランの開店も予定している。
「新都市型ホテル」の理念をもとに、今後も、まずは東海岸から順次拡大し、将来的には北米全域に広がるホテルチェーンとして日本のホテル文化をアメリカに広めていきたいとしている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「知っ得」べき業界の有意義なニュース ~ ホテル・旅館・観光・宿泊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■休暇村紀州加太(和歌山県和歌山市)では、「ときめき」感じなかったら宿泊料が返金されるという「ときめき保証プラン」を提供している。
7月1日にリニューアルオープンするのを記念して、オープンから3カ月間、「ときめき」を保証する宿泊プランを1日1組限定で販売する。
同プランでは、お客に10個の「ときめきストーン」が渡され、リニューアルした5つのポイントについて、「ときめいたか」「ときめかなかったか」を評価。チェックアウトの前に、10個の「ときめきストーン」を使って、どのポイントにときめいたかを投票する。万が一、ときめきを感じず「ときめきストーン」が手元に残った場合、ストーン1個につき宿泊料金の10%がその場で返金される。もし、まったくときめかなかった場合は宿泊代はタダになるという。5つのときめきポイントとは、「夕日百選の絶景」「天空の湯」「オーシャンビューの客室」「地元食材で揃えた特別コース」「ふれあいプログラム」の5つ。「ふれあいプログラム」とは、地域の自然や産物、文化、人などに触れ合える休暇村ならではのプログラムで、ガイドブックに書かれていない土地の魅力がわかるというもの。今回のプランでは、長い歴史や文化を感じる「加太の町歩き」が付く。
■中国・上海にオープンした上海ディズニーリゾートに、2つのホテルが開業した。
ひとつが「上海ディズニーランド・ホテル」で、客室数は420室。アールヌーボー様式で、インテリア、壁、カーテン、家具などは全てディズニーの独特なテイスト。映画「ファンタジア」をイメージしたラウンジやカフェも登場。
もうひとつが「トイ・ストーリー・ホテル」で、映画「トイストーリー」をテーマにした世界初のディズニーホテル。客室数は800室。ホテル壁面はアンディの子ども部屋をイメージしたデザインになっている。客室では、ベッドカバーやバスルームのシャワーカーテンなど、いたるところにキャラクターの姿が描かれ、トイ・ストーリーの世界を感じることができる。また、中国ならではのこだわりも。部屋の壁に描かれた雲の形は、中国では非常に縁起がいいとされており、ディズニーらしさだけではなく、中国らしさも感じさせる工夫が施された。いずれのホテルも、無料Wi-Fi(ロビーや客室)やパークまでの無料シャトルバスを提供する。
■米・ラスベガスの老舗「リビエラホテル」の「モナコ・タワー」が爆破解体され、多くの群衆が見守った。
同ホテルの開業は 1955年4月。その後 40年ほどラスベガス屈指の高級ホテルとして一世を風靡した。その後、1990年頃から始まった巨大テーマホテルの建設ラッシュ以降、その存在感を次第に失い、昨年5月、60年の歴史に幕を降ろすことになった。8月には同ホテルの「モンテカルロ・タワー」も解体される予定。
今回、閉鎖から爆破解体までに1年要したのは、当時の古い建物に使われている断熱材や防火材にアスベストが含まれることから、それが爆破により飛散してしまうことを防ぐ対策などに時間を要したためで、8月に解体予定のモンテカルロ・タワーの場合、モナコ・タワーよりさらに13年古く、アスベスト問題がより深刻で、爆破前の除去作業などに時間がかかっているという。爆破自体も建物全体を特殊シートなどで覆ってから行う必要があるなど複雑な手順が求められている。今回のモナコ・タワーの爆破解体では、そのすぐ東側にアパートなどの施設が近接しているため、かなり困難な作業だったようだが、倒壊方向などすべて想定通りに進み、幸い天候が無風状態に近かったため、埃の飛散なども最小限に抑えられた模様。
爆破解体後の跡地は、コンベンション施設の拡張や駐車場の増設などのために有効利用される予定だという。
■マンダリンオリエンタル東京(都内中央区)は6月27日から、38階「オリエンタルラウンジ」で、昨年80周年を迎えたフランスの化粧品ブランド「ランコム」が誇る、最高峰のコレクシオン「アプソリュ」とのコラボレーションアフタヌーンティー「レジェンダリー アフタヌーンティー with ランコムローズ」を提供する。
“絶対という名の美学”という意味を持つ「アプソリュ」は、フランス流の崇高な美の芸術を注ぎ込んだプレミアムコレクシオン。中でも、「アプソリュ レクストレ」のシリーズには、約20,000品種のバラの中から誕生した希少な「ランコム ローズ」と先進のサイエンスが融合した成分が配合されている。究極のラグジュアリーとフランス流の絶対美を象徴する「アプソリュ レクストレ」のシリーズと、連日好評の本格英国式アフタヌーンティーのコラボレーション。7月15日までの平日限定。
■軽井沢マリオットホテル(長野県北佐久郡)が7月29日にオープンする。
同ホテルは、世界約50カ国に500軒のホテルとリゾートを展開する「マリオットホテル」の国内5軒目となる。「ラフォーレ倶楽部ホテル中軽井沢」を全面改装し、リブランドした。長野県内では初の外資系ブランドホテルとなる。
閑静な中軽井沢エリアに立地する緑豊かな森に囲まれた約12,000平方mの敷地内に、ホテル棟とコテージ棟内全86室の客室を持ち、レストラン、天然温泉、スパ、会議施設などの設備が揃う。
今後、温泉露天風呂付客室等56室を有する新築棟の増設を計画しており、2017年の完成後には全142室のリゾートホテルになる予定。
開業記念で、館内レストランなどホテルのサービスに使える1人3,000円のクレジットが付いた開業記念宿泊プラン「Brilliant Holiday (ブリリアント ホリデー)」の販売も開始。既にホームページで予約受付を開始している。
■ウェスティンホテル大阪(大阪市北区)は、スイートルームや高級フロアの改装を実施中で、7月中旬に全面オープンする。
漆塗りをイメージした黒色のガラスを飾り、縁起物とされる麻の葉模様のじゅうたんを敷き、落ち着いた雰囲気に仕上げた。全面禁煙とし、ラウンジのサービスを拡充、夕方にはシャンパンを提供。フィットネスクラブも無料にするなど、ホテルに長い時間滞在してもらい、レストランなどの利用を促す。専用ラウンジでは和食も提供する。高価なサービスを充実させ富裕層を誘客、改装で宿泊単価を15%前後上げ、収益を増やしたい考え。外国人にも評価してもらえるような落ち着いた空間を心掛けたという。
■ホテルニラカナイ西表島(沖縄県八重山郡)では、風がなく海が穏やかになる夕凪の時間帯、「夕凪SLOW SUP」を期間限定で開催する。
SUP(スタンドアップパドル)は、ハワイを中心に世界中で人気のマリンアクティビティのひとつ。性別・年齢問わず楽しめることから、日本でも定着しつつあるという。今回開催する「夕凪SLOW SUP」は、夕陽が望めるビーチとして有名な「月ヶ浜」で、沈みゆく太陽が染め上げるオレンジ色に輝く時を、海の上で全身に受けながらゆったりと満喫してもらおうというもの。
夕凪は、昼の海風と夜の陸風が切り替わる時に起こる一時的な無風状態のこと。特に夏は風がなく際立って海が穏やかになるため、波のない静かな海に夕陽が吸い込まれてゆく、美しい光景をゆったりと楽しむことができる特別な時間帯だという。開催期間は7月1日~9月30日。
■スイスホテル南海大阪(大阪市中央区)は9月1日、高層階の「スイスエグゼクティブクラブフロア」をリニューアルオープンする。
今回リニューアルする客室は32階~34階にあるスイートルームを含む全53室で、総工費は約3億5,000万円。リニューアルに伴い、ホテルの総客室数は546室となる。2018年9月に同ホテルに隣接して「新南海会館ビル(仮称)」が竣工を予定していることから、国内外のビジネスマンが増えることを想定。レジャーだけでなくビジネス利用も意識し、スタイリッシュ感を高める。
客室のデザインはアップテンポな配色と現代的なデザインで構成。室内では、スイスが得意とする木工技術にこだわり、曲げ加工を使った家具や、木の格子を室内に取り付けるなど、上位グレードの客室ほど木材を多用する。客室壁面には、なんばパークスや御堂筋など、なんばの風景をドットグラフィックで描くなど、大阪らしさも打ち出す。まだリニューアルしていない客室も2017年から2018年にかけて順次リニューアルを予定しているという。
■2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、バリアフリー化の指針とする「アクセシビリティ・ガイドライン」の最終案を取りまとめた。
ホテルにさまざまな障害のある人の利用を想定した客室「アクセシブルルーム」の設置を求めることや、障害者に配慮した大会運営に向けスタッフやボランティアに研修を実施することなどが新たに盛り込まれた。「アクセシブルルーム」は車いすで利用しやすいよう室内の段差を25mm以下とし、トイレや洗面所で方向転換できるスペースがあることを推奨。点字での避難経路表示や字幕放送を受信できるテレビの設置も求めた。
■オンラインホテル予約サイト「Hotels.com」のモバイル・アプリがUberに対応した。
オンライン旅行業界でのUber導入は初。これにより、ワンクリックでUberの配車サービスを予約し、ホテルまで直接送迎してもらうことが可能になるという。Hotels.comで予約可能なホテルのいずれかに滞在すると、ホテルに到着したその日から、利用者のHotels.comのアプリのホーム画面または予約画面に「Uber Button」が表示される。「Uberを使用してここで乗車する」というボタンをクリックすることで、現在地とホテルの住所が自動的に追加される。これにより、初めて訪れた土地でもタクシーの呼び出しから移動までのプロセスがスムーズになるという。
■ヒルトン東京(都内新宿区)2階、中国料理「王朝」では、悠久の歴史を誇る中国の様々な王朝にスポットをあて、各時代を象徴する人物や物語からインスピレーションを得たコース料理を展開している。
「唐王朝楊貴妃」、「唐王朝長安、シルクロードの旅」に続き、7月は三国時代の興亡史である「三国志」から構想を得たコースメニューを用意。
「三国志」の中で最も有名な戦いの一つ、赤壁の戦いから構想を得たスープ「雄風赤壁ハタの濃厚コラーゲンスープ」は、鶏ベース出汁にハタ、蟹肉を合わせたスープをまるで船の帆のように耐熱シートで包み、曹操軍を火攻めにするため、東南の風を待つ様子を表現した。プレートが透けるほど薄くスライスした冬瓜に、車海老、タラバ蟹爪、帆立貝の蒸し物を盛りつけた「桃園結義」、肉料理は、三国志に登場する人物の中でも人気の高い関羽をイメージした「赤胆忠心国産牛フィレ肉の炒め四川唐辛子」を用意。関羽のトレードマーク青龍偃月刀を表現するためフィレ肉を串刺しにして提供する。他にも、諸葛孔明が敵陣から10万本の弓を奪ったエピソードから、黒鮑となまこの煮込みを船に見立て、たっぷりの黄ニラともやしで矢をイメージした「草船借箭 黒鮑となまこの煮込みに黄ニラともやしを添えて」など、想像力を膨らませながら一皿一皿を楽しめる趣向となっている。
7月6日から8月31日までの期間限定。
■長崎県は、来年度に移転が予定されている長崎県警本部跡地について、ホテルやオフィスなどが入った民間の複合施設の建設を検討している。
同跡地は1,940平方mで、民間事業者に数十年単位で貸し付け、民間の資金で高層ビルを建設してもらうことを想定。長崎市に不足しているオフィスやホテルの入居を検討している。周辺の店舗に影響を与えないように商業施設にはしないという。
長崎県は5月、民間による施設整備が可能かについてコンサルタント業者に調査を発注。業者は今後、不動産やホテル、観光関係の約20社にどのような施設の需要があるかを聞き取り、整備手法を検討した上で長崎県に提示するという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

要チェックのホテルニュース一覧 | ホテル旅館業界 最新クリップ 一流ホテルのベッド

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■熊本地震で営業をストップしていた熊本市内のホテルが相次いで本格営業の再開に向けて動き出している。
「ホテル日航熊本」は、地震発生1カ月の5月14日に全館で営業を再開。「ホテルニューオータニ熊本」は、5月18日に地下1階と1階部分のレストランが営業再開したのに続き、6月28日に全館で営業を再開する。外壁の修理も8月末には完了するという。「熊本ホテルキャッスル」は、7月中旬に宿泊営業を再開する。同ホテルは、地震で外観が崩れ落ち、宿泊室も浴槽のレンガが落下するなど大きな被害を受けていた。また、「ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ」も6月末をメドに全客室の営業を再開する。地震で外壁のひび割れや客室、備品に被害を受け、改装を進めてきた。全186室の内、既に8割超が復旧しており、残る26室も6月中に修理・改装が終わる見通し。レストランは4月30日から既に営業を再開している。
■ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪市北区)では、夏のフルーツ、マンゴーを味わい尽くす「マンゴーブッフェ」を提供している。
前回開催した「ストロベリーブッフェ」では2万5千人を動員したという。今回は、高級スイーツでもあるマンゴーをふんだんに使ったメニュー50種以上の多彩なアイテムを提供。宮崎マンゴーのスライス、マンゴーピューレのココナッツミルククリーム、ココナッツライスを盛りつけたプレートを1人1皿ずつスタート。ブッフェ台には、烏骨鶏のマスカルポーネクリームを添えたマンゴーパンケーキ、マンゴークリームがたっぷり詰まったシュー、マンゴーパンナコッタなどが並び、黄色で埋め尽くされ、オリジナリティー溢れるメニューが勢揃い。7月31日まで。
■ホテルイースト21東京(都内江東区)では7月8日より、5階の屋外プール「ガーデンプール」を営業する。
19世紀初頭ヨーロッパの貴族庭園をイメージして作られた同プールは、都内ホテル最大級の約2,000平方mの広さで、メインプールとラッププール、4箇所にある温水ジャグジー、軽食やカクテルを提供するガーデンカフェを備える。一般ビジター利用の他、ガーデンプールと会員制ヘルスクラブの屋内プールも利用できる宿泊プランなど、様々な目的に合わせて利用できる。9月4日まで。
■シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(千葉県浦安市)に、新客室棟「PARK WING」が12月にオープンする。
オープンすれば階数にして12階、175室が増え、舞浜エリアでは初の客室数1,000室超えとなる1,016室の大型ホテルが誕生する。
「PARK WING」は、「MAIHAMA SEASIDE RESORT」をコンセプトにし、陽気で楽しくなる雰囲気で館内がデザインされているという。客室インテリアもウッディなスタイルで統一。リゾートクルーザーが寄港する南国のシーサイドリゾートをイメージし、壁にはヤシの木のオブジェが配されるなど、リゾート感を高める内装となる。それぞれフロアごとにテーマカラーが異なり、ホワイト/ブラウン、ピンク/パープル、イエロー/クリーム、ブルー/グリーンと4タイプが用意される。客室は広めで38.5平方mあり、最大4名まで滞在可能。本館のグランデルームとほぼ同等のクラスとなる。
また、「PARK WING」には愛犬と一緒に宿泊ができる、ドッグラウンジを併設した「Dog Lovers’ Suites at Tokyo Bay」を2階と3階に計32室用意する。こちらは、チェックインカウンターからすべて一般客室とは完全に分離したエリアとなっており、一般客には一切ペットを近付けずに滞在できる。ドッグラウンジでは、愛犬と一緒にくつろげ、シャンプーやトリミングなどのサービスや関連グッズも販売されるという。「PARK WING」は7月中に予約受付を開始する。
■レジーナリゾート軽井沢御影用水(長野県北佐久郡)が7月30日にグランドオープンする。
愛犬同伴型のリゾートホテルで、場所は、御影用水に面した位置にあり、全客室から御影用水の水面と軽井沢の森を眺めることができる。また、ホテルが位置する御影用水エリアは愛犬同伴可能なカフェやレストランがあり、軽井沢のなかでも愛犬家に人気のエリアとなっている。
1階の客室にはプライベートドッグランが備えられるほか、2階客室では軽井沢の心地よい風が感じられる大きなテラスを備える。レストランからは御影用水を眺めることができ、愛犬とともに地元食材と一流フランス料理に精通した料理人による料理が楽しめる。同ホテルでは、今後も愛犬同伴型ホテルの開発、運営を行なっていくという。
■リニア中央新幹線の東京~名古屋間の開通を2027年にひかえた名古屋周辺にホテルが相次いで開業する。
今年春から来秋にかけて愛知県内で少なくとも11軒のホテルが開業し、愛知県内の総客室数は約1.2倍以上に膨らむ見通しだという。
5月20日には「リッチモンドホテル」の新拠点がオープン。名古屋市内2カ所目の開業で、シングルを中心に151室。名駅周辺では来秋プリンスホテルが初進出する他、三井ガーデンホテル名古屋プレミア、名古屋JRゲートタワーホテルなど300室前後の大型ホテルが相次いで開業する予定。周辺の豊橋市などでもホテルがオープンし、来秋までに県内の総客室数は2,500室程度増えるという。
名古屋市中心部の既存ホテルはほぼ満室状態で、稼働率は90%前後で推移しており、昨年の愛知県内の稼働率は、大阪、東京、京都に続き、全国で4番目の高さだった。名古屋市内で予約が取れない場合は半田市や豊橋市に宿泊する人もいるという。リニア新幹線開通に加え、訪日外国人客の急増も要因となっている。中部国際空港で15年以降、格安航空会社(LCC)の就航が相次ぎ、中国などからの訪日客が急増し、15年の愛知県内の外国人延べ宿泊者数は、前年比50.7%増の224万5,450人に達した。ただ一方では、供給過剰の懸念もあり、国際情勢の変化によっては外国人客が減少することもあり得ることからも、安定的に日本人客の需要を取り込むことを重視するホテルも多い。
■ラフォーレ琵琶湖(滋賀県守山市)は、ホテル館内にある本格プラネタリウム「デジタルスタードーム ほたる」で、 七夕スペシャルイベントと題し、7月16日から上映予定のプラネタリウム新番組完成披露試写会と公式キャラクター「びわっちくん」6代目デビューイベントを開催する。
完成披露試写会では、出演者のスターダスト☆レビューの根本要氏からのビデオレターも上映。また、昨年開業30周年記念企画のひとつとして公募したプラネタリウム公式キャラクター「びわっちくん」が、6代目となる新デザインとなって同イベントで初めて登場する。あわせてデザイン考案の滋賀県在住の高校生も登壇する。
■厚生労働省は、ホテルや旅館などで「迷惑客」の宿泊を断れるように旅館業法を見直す方針だ。
1948年施行の同法は、だれでも寝場所を確保できるよう、伝染性の病気の客や賭博など違法行為の恐れがある客らを除き、原則として宿泊拒否を罰則つきで禁じている。一方で、世界的に広がってきた民泊の大手仲介サイトでは、客から民泊提供側(ホスト)への評価とともに、ホスト側が騒音やごみ投棄など迷惑行為があったか登録客ごとに評価し安全を担保するシステムがあり、評価の低い客を断れる実態がある。民泊を法規制の対象にした上で普及させていくには、迷惑客拒否を認める必要があると厚労省は判断し、大幅に緩和する。法改正されれば、民泊でたとえば女性オーナーが「女性客だけを泊めたい」といった営業ができるほか、大人専用のホテルや旅館などが増え、利用者の選択肢が広がる可能性もある。ただ、恣意的な差別の宿泊拒否につながる恐れもあり、障害や人種による差別など合理的でない拒否はできないように条件は残す方針だという。今年度中に同法改正案を国会に提出する。
■CNNでは、ホテル客室のドアノブに掛ける「Do Not Disturb(起こさないでください)」のプレートで、ユニークなものをいくつか紹介している。
それによると、たとえば、「ザ・リバティ・ホテル」は、かつて刑務所だった建物をホテルにしていることから、従来の「起こさないでください」サインの代わりに「SOLITARY(独房監禁中)」という文字が書かれた独房の鍵付きのサインを使用している。また、「キャンドルウッド・スイーツ」では、「(寝息を表す)「ZZZ」を捕獲中(trying to catch some Zs)」と書かれ、虫取り網で「Z」を捕まえている絵が描かれている。「グレート・ウルフ・ロッジ」では木製の「起こさないでください」サインを使用。「ホテル・インディゴ」は、ストリートアートが盛んなエリアということから、グラフィティーをテーマとする「起こさないでください」サインを使用。カリブ海東部の「ジャンビー・ベイ、ア・ローズウッド・リゾート」では、地元のアーティストたちが貝殻やラフィアヤシを使って作ったオリジナルで、購入もできるという。「21Cミュージアムホテル」は、ペット連れでも泊まれるため、ペット連れ宿泊客向けのドアハンガー「PET IN ROOM」を使用。メキシコの「ラス・ベンタナス・アル・パライソ、ア・ローズウッド・リゾート」では地元の女性達にドアハンガーの製作を依頼しており、地域の伝統的なネックレスで作られている。シリコンバレーの「スタンフォード・コート」のプレートには、「オン」「オフ」のスイッチが描かれ、ハッシュタグ付きで「起こさないでください」のサインとなっている。・・・等々、創造性に富んだユニークなサインを使うホテルが増えている様だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

耳よりな情報ピックアップ – ホテル旅館業界 – hotel ryokan news まとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■グランドプリンスホテル広島(広島市南区)では、同ホテルで、G7広島外相会合が開催されたことを記念して、「G7広島特別再現コース」を提供している。
G7広島外相会合の会場となった「ボストン」で、会合で用意した食材やメニューを再現した特別コースを用意する。
広島県大長みかんのエスプーマソースや広島県向原産卵で作った洋風茶碗蒸し、広島産蕪のスープと雲丹のハーモニー、瀬戸内海産鯛のソテー、神石牛のステーキ、小いわしの天ぷら、握り寿司(瀬戸内海産太刀魚の炙り広島菜巻き)、広島レモンのチーズスフレなど、地元の食材がふんだんに使われている。料金は1人18,000円で、3日前までの予約制。さらに、10名以上の場合は、外相会合と同様のスタイル(席の場所・レイアウト)での用意が可能(1人30,000円)。9月30日まで。
■志摩観光ホテル(三重県志摩市)では、伊勢志摩サミット開催を記念した各種プランを提供している。
サミットの会場となった同ホテルで、アメリカのオバマ大統領が宿泊した「ザ クラシック」の「ロイヤルスイートルーム」や、フランスのオランド大統領が宿泊した「ザ ベイスイート」の「ロイヤルスイートルーム」など、各国の首脳が実際に宿泊したスイートルームに泊まり、到着からご出発までバトラーがサポートしてくれる というプレミアムな宿泊プランを用意。他にも、サミットで各国首脳が食したランチ、ディナーをイメージしたフルコースや会席料理のほか、実際 に首脳が食事をした「サミットテーブル」で食事できるプランも用意した。日本で8年ぶりの開催となった伊勢志摩サミットの雰囲気を存分に感じられるプラン。
■ホテルオークラ東京本館(都内港区)の建て替え工事が着手された。
建て替え後の建物は地下4階地上38階建ての高層棟、地下4階地上13階建ての中層棟で構成。高層棟にはオフィスフロアを配置する。最新の機能を備えたラグジュアリーホテルとともに、優れたオフィス環境を整備することで、国際的なビジネス・交流拠点としての東京・虎ノ門エリアの発展に貢献するとしている。
設計は、大成建設、谷口建築設計研究所、観光企画設計、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズのJV、施工を大成建設が担当し、19年6月末の竣工を目指す。
■アップルワールドは、個人旅行者向けのホテル予約サイト「アップルワールド」を、2015年11月に開始したホテル予約サイト「Hotelista(ホテリスタ)」と統合し、新生「ホテリスタ」としてリニューアルオープンした。
ユーザーの要望や意見、ユーザビリティ調査を踏まえ、ホテルの検索がしやすいように機能を大幅に改善。ホテル一覧画面から様々な情報にアクセスしやすいようなデザインにしたほか、地図からホテル検索をシームレスなものとし、直感的な操作で短時間に探せる機能を追加した。さらに今回のリニューアルでは、従来のホテル検索・予約部分に加え、各種コンテンツもスマートフォンに完全対応。スマートフォンでもPC環境と変わらないユーザビリティを実現した。
■サンマリーナホテル(沖縄県国頭郡)が「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」にブランドを変更した。
世界72カ国で「シェラトン」ホテル440軒を運営するスターウッドホテル&リゾートが、同ホテルを運営するイシンホテルズグループとフランチャイズ契約を結び、客室計200室を約1年かけて改装した。部屋は10タイプで平均宿泊料は1人1泊約3万5千円。
シェラトンは1992年、北中城村に沖縄初進出。今回24年ぶりに再進出した。アジア太平洋地区の20カ国で115軒目のシェラトンブランドとなる。今後、全46室の客室棟のほか、屋内プールやジム、スパ、大浴場を備えたウェルネス棟、宴会会場を備えたレストラン棟を年内に新築する。チャペル棟も建設する計画。
■ホテルニューガイア上呉服町(福岡市博多区)がオープンした。
これまで既存ホテルのリニューアルによりホテルをオープンさせてきた同社だが、11棟目となる今回は初めての新築ホテル。福岡市営地下鉄「呉服町」駅から徒歩3分。 
部屋数は74室で、内最上階の2室はそれぞれ和室と洋室の特別室。特別室はスイートルームで眺望のよさや内装にもこだわりが貫かれている。
今月15日にはホテルニューガイア柳川もオープンする。
■博多駅周辺でホテルの開業が相次いでいる。
5月には、ホテルウィングインターナショナルセレクト博多駅前がオープンした。福岡県には初進出で、110の客室は2階が「博多」、9階が「ローマ」など、フロアごとにテーマと内装を変え、リピート客も楽しめる造りとした。熊本地震後のオープンで当初は客足も心配されたが上々の滑り出しだという。エスペリアホテル博多駅前(仮称)は17年12月にオープン予定。こちらも福岡初進出で、客室数は280室。バス・トイレ・洗面が独立した客室と地産地消のバイキングで国際会議の出席者や訪日旅行者の需要を取り込む。R&Bホテルは200室強を新たに展開する予定で、土地を取得。博多駅周辺には既にR&Bホテルを出しているが、集客力が高く、増設しても新たな需要が取り込めると判断した。FJホテルズは既存の博多駅近くの170室のホテルに加え、17年8月には隣接地に65室を増設する。先立って17年2月には113室のホテルフォルツァ博多駅博多口を新築する計画で、今年8月から予約を受け付ける。既存のホテルも改装などで迎え撃つ体制で、グランドハイアット福岡は17年4月までに全370室のリニューアルを予定。料金も改定する。博多都ホテルも建て替えのために3月いっぱいで休業した。再開後は、ホテル・オフィスを含めた複合ビルになる予定。
博多駅周辺のホテル稼働率は、繁華街の天神地区よりも高く、客単価も一昨年の夏くらいから上昇傾向にあるという。地震後に一時的にインバウンドが落ち込んだが、既に回復傾向で影響の長期化はないという見立てが多く、国内外から博多駅周辺のホテル不足を指摘する声も上がっており、今後の継続的な需要を見込み、各社は一斉に今後の計画を立てている。
■プレミアホテルグループの5軒が「プレミアホテル-CABIN-」としてリブランドオープンした。
今回オープンしたのは新宿(旧ホテルヴィンテージ新宿)、松本(旧トーコーシティホテル松本)、札幌(旧ホテルパコジュニアススキノ)、旭川(旧ホテルパコ旭川)、帯広(旧ホテルパコ帯広)。
同グループでは、展開する基幹ホテルブランドにそれぞれシリーズ名を付けており、最上級シリーズを「プレミアホテル-TSUBAKI-」、シティホテルシリーズを「プレミアホテル」としている。「プレミアホテル-CABIN-」はビジネス層を中心ターゲットとしているが、既存のビジネスホテルとは大きく異なる方向性を打ち出す。コンセプトは「リフレッシュ&パワーチャージ」で、ビジネスマンが1日のエネルギーをチャージする朝食に力を入れ、地域ごとの地元の食材の仕入れや、多品目のメニュー構成にこだわるという。会員制度「CABIN定宿倶楽部」も設定。1泊ごとに「永久不滅ポイント」が貯まり、ポイント数に応じて変化する会員ステージにあわせて、各種特典を用意する。来年6月には大阪の梅田にも新たなホテルを開業する予定。
■埼玉県東松山市の東武東上線東松山駅近くに2018年にホテルがオープンする。
市が東口ロータリーに隣接する市有地約3,290平方mを、民間開発会社に約5億7千2百万円で売却。民間会社が8階建て120室のホテルを2018年度にオープンさせる。
同市は、企業や工業団地への商談に来るビジネスマンやゴルフ客、11月に8万~10万人が参加するウオーキングイベントなど多くの宿泊需要があるが、市内には4ホテル計190室しかなく、部屋数が慢性的に不足していた。市は、19年に隣の熊谷市も会場になる「ラグビーワールドカップ2019」や20年東京五輪のホテル需要にも貢献できると期待している。ホテルは8階建てで、1、2階にレストランなどの店舗4区画を設ける。ほかに89台の立体駐車場と駐輪場(約270台)を併設する。チェーン展開しているホテルを誘致する予定だという。
■米・ラスベガスのホテル「ウィン・ラスベガス」では、砂漠の町ラスベガスに人工の海とビーチを造るプロジェクトを進めている。
「Wynn Paradise Park(Lagoon Project)」がそれで、 広さは38エーカー(約15.4万平方m)。現在のウィン・ラスベガスの客室棟の裏側に広がるゴルフコース Wynn Golf Club をラグーンにする計画で、水上スキー、パラセーリング、ジェットスキーなどを楽しめるウォーターパークにするという。一周約1マイル(1.6km)のラグーンの水際はすべて白砂のビーチにして、そのビーチに沿って1マイルのボードウォーク(遊歩道)も設置。ラグーンの中央には島を造り、そこから毎晩花火を打ち上げるという。
さらに、ラグーンの北西側に面した場所に、1,000室規模の客室棟も建設する。現在の同ホテルの本館と 「アンコール」と称される別館を合わせた客室数は既に4,700を超えているので、完成すれば 5,700室という巨大リゾートが誕生することになる。
ちなみに、日本では特殊小型船舶の免許を持っていないとジェットスキーに乗れないが米国では可能。猛暑で知られるラスベガスの夏は長いので、この計画が実現すれば、ゴールデンウィークから10月頃まで、日本人観光客からもかなり注目されるスポットになるだろう。 完成予定時期は 2020年、建設費用は約15億ドル。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━