業界のニュース一覧 – ホテル備品販売ニュース BUSINESS

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■米・フロリダに、レゴランド・ホテルがオープンした。
米フロリダ州にある「レゴランド・フロリダ・リゾート」内にオープンしたもので、152ある客室およびスイートは、「海賊」「王国」「冒険」「レゴフレンズ」の4つのテーマで飾られている。
宿泊客は、レゴランド・フロリダ・リゾートに開園時間よりも早く入園できるほか、ホテルでのバイキング朝食が無料で利用でき、レゴで遊べるプレイエリア、温水プールも利用可能。さらにマスター・モデル・ビルダーから特別セッションを受けられるワークショップや、レゴ組み立てを競うコンテストもホテル内で毎日実施するなど、レゴの世界を存分に楽しめるという。
各客室にはトレジャーチェストがあり、「スカベンジャーハント」を達成するとチェストが開けられ、「宝物」がもらえるという楽しみも用意している。1部屋の宿泊人数は最大5人で、大人は2人まで。キングサイズベッド1台、2段ベッド1台、キャスター付きベッド1台があり、家族連れにとってはうれしい設備。VIPスイートは最大9人まで宿泊できる。宿泊料金は1泊1室219ドルより。
もちろん、ホテルの建物自体はレゴで作られているわけではないのでご安心を。
■TBSテレビでは、7月からの火曜ドラマ枠(夜10時)で「ホテルコンシェルジュ」を放送する。
外資系一流ホテル「ホテル・フォルモント」を舞台に、お客が巻き起こすトラブルを若き女性コンシェルジュを中心に解決していく一話完結の連続ドラマ。
主演をつとめるのは、若手女優・西内まりや。「絶対にNOとは言わない!」をモットーに、お客の笑顔のためにホテル内を走り回る新米コンシェルジュ・天野塔子役を演じる。超体育会系の塔子は凝り性で負けず嫌い。空気を読む前に突き進む突進型。お客には絶対にNOと言わないが、裏ではパニック。しかし、トラブルを解決するためにみんなの力を借りて奔走する。西内まりやはTBSの連ドラ初出演にして、ゴールデン・プライム帯ドラマ初主演となる。また、何をさせても完璧でプロ意識の高い先輩コンシェルジュ・本城和馬を三浦翔平が、また、ホテル・フォルモントの総支配人・鷲尾隆介役で高橋克典が出演する。非日常感を味わえる一流ホテルで真剣にお客と向き合い”お客様の笑顔”のために奮闘する、視聴者の夢とワクワク感が詰まった「笑って泣けるハートウォーミングなストーリー。
■サウジアラビアに、客室1万室という、世界最大のホテルが2017年に誕生する。
「アブラジクダイ(Abraj Kudai)」がそれで、イスラム教の大巡礼「ハッジ」のために毎年約200万人が訪れる聖地メッカからわずか2kmの場所に建設される。総工費は35億ドル(約4,250億円)で、2017年のオープン時には世界最大のホテルになる見込み。
140万平方mの敷地内に、小さな町ひとつ分に相当する人数を収容できる同ホテルに加え、ショッピングモール、大規模なコンベンション・センター、屋上ヘリポート、フードコート、バスターミナルなどを備える。12の塔で構成される建物には、メッカ巡礼者のためのスペースや礼拝所、ダイニング・スペースもある。ホテルの建物は、複数の塔が中心ドームの塔を取り囲むなど、伝統的な砂漠の要塞を思わせるデザインが施されている。10の塔には四つ星の宿泊設備が、残る2つの塔には五つ星の施設が入るという。
■グランドプリンスホテル高輪(都内港区)では、訪日外国人旅行者向けに、和室に宿泊して、さまざまな日本文化を体験する宿泊プラン「日本文化体験ステイ Japan Experience」を販売している。
今後ますます増加が見込まれる訪日外国人向けに、昔ながらの日本の遊びを楽しんでもらおうと、客室にはけん玉や紙風船が置かれているほか、朝食は和室でとるスタイルをとり入れるなど”日本らしさ”にこだわった。さらに、ホテルの日本庭園にある鐘をならす、”鐘つき体験”もできる。同ホテルは、宿泊客のおよそ3割を外国人が占める。海外からの客を招き日本を案内する国内客の他、6名まで同室利用が可能であることから小さな子供のいる三世代客等にもアピールするという。12月30日まで。
■シャングリ・ラ ホテル東京(都内千代田区)では、フォション(FAUCHON)とコラボレーションし、「FAUCHON アフタヌーンティー」と「FAUCHON アフターファイブ」を6月1日から、28階のラウンジ&バーで開催する。
「FAUCHONアフタヌーンティー」では、フォションを代表するエクレアに同ホテルのロゴマークを彩ったメニューや、日本で初めて披露するフォアグラとサーモンを使用した塩味の効いたエクレアなど、オリジナリティー溢れるエクレアが勢揃いする。さらに、ザ・ロビーラウンジで提供している20種類以上の紅茶や、アップルティーをはじめとするフォションのフレーバーティー・セレクションも用意。好きなだけ味わえる。また「FAUCHONアフターファイブ」では、オリジナルエクレアやフィンガーフードに加え、ドリンクとして約10種類以上のスパークリング・赤・白のワインやカクテルをフリーフローで提供。フォションのシャンパン一杯が付いたプランも提供する。6月30日まで。
■オリエンタルホテル東京ベイ(千葉県浦安市)は、浦安市が新規に展開する産後ケア事業に協力、6月2日より日帰り型ケアを実施する場として客室を提供する。
同プロジェクトは、核家族が圧倒的に多い同市が子育て支援事業の一環として実施するもの。身近に支援者がおらず育児に自信のない母親に、助産師など専門職によるケアを受けてもらい、安心して子育てできる環境を整えていくという。同市では、2014年10月より市内の医療機関で宿泊型ケアを提供。2015年1月からは、モニター利用12回を経て、日帰り型ケアの拡充を図っている。
同ホテルでは、0~3歳の乳幼児連れファミリーのための客室フロア「べビーズスイート」、「べビーズスイート」卒業世代のファミリーのための「キディスイート」を展開しており、ファミリーに優しいホテルとして高い評価を得ている。日帰り型ケアでは、このべビーズスイートのリラックスした空間で、心と体をゆっくり休めながらリフレッシュしてもらう。対象は浦安市在住で生後120日未満の乳児とその母親。
■宝塚ホテル(兵庫県宝塚市)が、宝塚大劇場の隣接地に移転することになった。施設の概要や移転時期などはまだ未定。
同ホテルは、1926年開業の老舗で、クラシックな雰囲気が多くの歌劇ファンに愛されてきたが、開業から89年が経過し、建物や設備が老朽化、耐震化が必要だという。現地で建て替えると、休業期間が3年を超える見通しで、経営への影響を最小限に抑えるため移転を選んだという。
ホテル旧館は、建築家の故古塚正治氏が設計。明治-昭和初期に六甲山麓で育まれた文化「阪神間モダニズム」を代表する建築物のひとつとされ、レトロな雰囲気が多くの人々に愛されている。約1万1千平方mの敷地に4棟があり、129の客室、レストラン9店、宴会場13室、会議室6室を備える。移転先は宝塚大劇場西駐車場で、現在地から武庫川を挟み数百メートル北。宝塚歌劇との連携強化も見込む。現在の跡地は住宅関連の開発が検討されている。
■京王プレッソイン赤坂(都内港区)が7月14日にオープンする。
居室空間を既存店より約30%広げ、ツインルームを除く全室に140cm巾のダブルサイズベッドを採用、ビタミンオレンジとプレッソブルーとの2タイプのテーマカラーを用意した。さらに、無料サービスの朝食に、好みでパンにサラダをサンドする「セルフサンドイッチスタイル」が新登場、おいしさや楽しみがワンランクアップ。セキュリティ面では、接触型ルームキーを採用し、客室・正面玄関(深夜閉鎖時)・エレベーターにセキュリティシステムを導入した。
同ホテルチェーンは、2002年2月に1号店となる「京王プレッソイン東銀座」をオープンし、現在は東京都心に8店舗、約2,000室を運営。今回オープンする「京王プレッソイン赤坂」と建設中の「(仮称)京王プレッソイン東京駅八重洲」の2店舗のオープンにより、10店舗・約2,400室規模の体制となる。今後も3,000室体制を目指すという。
■ネストホテル松山(愛媛県松山市)がオープンした。
旧松山ワシントンホテルプラザがリブランドしてオープンしたもの。
客室数はシングル153室・ダブル14室・ツイン20室・デラックスツイン3室の計190室。デラックスツインは通常ツイン2室分の広さとしている。客室内では、全室に有線LANを完備したほかWiFiを完備。館内には、朝食レストラン1店舗、グリル&バー1店舗(個室あり)、宴会場2室があり、朝食は和洋ブッフェスタイルで提供。
現在、リブランド開業記念プランを販売しており、プラン利用者には、グレープ・マンゴー・桃・ゆずの中から1種類選択可能な入浴剤を進呈するほか、女性にはモイスチャマスクを進呈。
■小川屋(岐阜県下呂市)に、北欧と和が融合した客室「トネリコ tonerico」を、1室限定でリニューアルオープンした。
部屋名の由来である「西洋トネリコ」の木材をふんだんに使用するなど、人気の北欧デザインと和のテイストが程良くミックスされた空間とした。人気の北欧デザインと、和のテイストが程良くミックスした空間に仕上がったという。十和田石を使用した浴槽は檜の框材で縁取った。また、大型のソファー、なら無垢材のカウンター、42インチの大型テレビなど、随所にさりげないこだわりをちりばめた。従来の白い木材を多用した明るい雰囲気が特徴の北欧インテリアと、畳など低い目線を中心に構成される和室デザインとを組み合わせることで、落ち着きがありかつ開放感のある空間を生み出すことができたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

業界動向サーチ-各種宿泊業界別ランキング・シェア・動向・順位情報を研究

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■フランス料理店運営のひらまつが、国内3カ所に高級ホテルをオープンする。
2016年夏に神奈川県箱根町、同年秋には静岡県熱海市と三重県志摩市で開業する計画。いずれも客室数は10室前後で、宿泊料金は1人当たり5万~6万円を想定。
「ザ・ひらまつ」という自社ブランドのホテルとして営業。投資額は新たに開く2つのレストランを含めて計約32億円を見込んでいる。いずれのホテルでも同社が強みとする本格的なフランス料理を提供する予定で、外国人の富裕層の利用も見込んでおり、宿泊客の4割程度を訪日外国人客としたい考え。
同社では、ホテルをレストランに並ぶ中核事業に育てたい考えで、今後10年以内に300億円の売り上げ規模を目指すという。
■フィリピン・マニラに、ノブ・ホテルが誕生した。
アジア初のノブ・ホテルで、マニラのリゾート複合施設「シティ・オブ・ドリームス・マニラ」内にオープンした。
「シティ・オブ・ドリームス・マニラ」は、マニラのエンターテイメントシティにあるメルコ・クラウン・エンターテイメントの新しい総合カジノリゾートで、同リゾート内にはノブ・ホテルのほかにも、クラウンタワーズ、ハイアット・シティ・オブ・ドリームス・マニラの2つのホテルもある。
ノブ・ホテルの客室は321室。”ノブ”こと松久信幸氏監修によるノブ・スタイルの特徴的な料理のほか、ホテルの経験豊かな料理チーム創作の、地域の素材を活かした料理を提供する。ダイニングテラスでマニラ湾を一望しながら料理に舌鼓を打つなど、「楽しさと高級感」あふれる刺激的な体験を楽しめるという。
開業式典では、松久氏がビバリーヒルズで日本料理店を開いていた時に常連客だったアカデミー賞俳優ロバート・デ・ニーロ氏など著名人も出席した。
ノブ・ホテルは、2013年に米・ラスベガスに開業。今回のマニラの他、今後、リヤド、シカゴ、ロンドン、ショーディッチ、エデン・ロック・マイアミ・ビーチ、バーレーンなど、世界的展開を予定しているという。
■アマンリゾーツが手がける初のカフェ「ザ・カフェ byアマン」が6月1日にオープンする。
大手町タワー最上層階の都市型ホテル「アマン東京」の別棟として、四季を感じる憩いの場を提供する。
同ホテルは、昨年12月22日にアマン初の都市型ホテルとして開業。その土地の伝統や文化、自然環境を尊ぶアマンの哲学から、今回、大手町タワーの麓に広がる「大手町の森」の中に一軒家のカフェが開設された。デザインはホテルと同じくケリーヒルアーキテクツが手がけ、ウッドを基調にしたガラス張りの店内にはカウンターを含め32席と、緑が広がる大きな窓を背景にしたオープンキッチン、森と一体化したようなオープンテラス25席が設置されるという。
■広島インテリジェントホテル(広島市南区)に、広島カープをテーマにした「カープツイン」が登場した。
タイプは、カープツイン(スタジアム)と、カープツイン(前田前田)の二種類。カープツイン(スタジアム)は、客室内の壁紙がマツダスタジアムの部屋。まるで球場の中にいるような不思議な感覚で過ごせる。また室内には、堂林・菊池・丸・梵・栗原のサイン入りユニフォームなども飾られている。また、カープツイン(前田前田)では、前田健太投手と前田智徳元選手のサイン入りユニフォームや新聞記事、5,000本安打達成時、ノーヒッや引退時の限定ポスターなどの限定アイテムを飾った部屋。カープマニアやカープ女子にはたまらない仕様となっている。
■グランドプリンスホテル高輪(都内港区)では、訪日外国人旅行者向けに、和室に宿泊して、さまざまな日本文化を体験する宿泊プラン「日本文化体験ステイ Japan Experience」を販売している。
今後ますます増加が見込まれる訪日外国人向けに、昔ながらの日本の遊びを楽しんでもらおうと、客室にはけん玉や紙風船が置かれているほか、朝食は和室でとるスタイルをとり入れるなど”日本らしさ”にこだわった。さらに、ホテルの日本庭園にある鐘をならす、”鐘つき体験”もできる。同ホテルは、宿泊客のおよそ3割を外国人が占める。海外からの客を招き日本を案内する国内客の他、6名まで同室利用が可能であることから小さな子供のいる三世代客等にもアピールするという。12月30日まで。
■帝国ホテル(都内千代田区)では、ハワイをイメージした料理などを楽しめる「ハワイ・ハレクラニ フェア」を開催している。同ホテルがハワイのホテル「ハレクラニ」と提携していることもあり企画された。
レストランおよびラウンジ・バー5店舗とホテルショップ「ガルガンチュワ」で、ハレクラニの人気メニューやハワイをイメージした料理やカクテル、スイーツなどを提している。あわせて、ハワイ産のコーヒー豆として知られるコナを100%使用した「100%コナコーヒー」を提供。
オールドインペリアルバーでは、ハレクラニで人気のサンドイッチや、バーテンダーによるフレッシュフルーツを使ったオリジナルカクテルなど、ハワイをイメージしたメニューを揃える。インペリアルバイキング サールでは、アサイーやパンケーキなど、ハワイにちなんだメニューを「ハワイ・ハレクラニ フェア朝食ブフェ」として提供。6月31日まで。
■ホテルインターコンチネンタル東京ベイ(都内港区)では、「レインボーブリッジビューダイニング&シャンパンバー マンハッタン」でオープン1周年を迎えたのを記念して、乾杯酒とフリードリンクが付いたディナーコースの販売を開始した。
ディナーコースは予算、好みに合わせて選べる様、3コースを用意し、乾杯酒にスパークリングワインをプレゼント、食事中はワイン、生ビール、ノンアルコールカクテル、ソフトドリンクが90分間飲み放題となっている。さらに、感謝の気持ちを込めてキャビアをアレンジしたシェフ特製「カラフル・アート・テリーヌ」を提供する。また、こだわりの赤牛や短角牛を約5~7週間熟成した「ダブルエイジングビーフ(ダブル熟成肉)」を堪能できるコースも用意した。
■宝塚ホテル(兵庫県宝塚市)が、宝塚大劇場の隣接地に移転することになった。施設の概要や移転時期などはまだ未定。
同ホテルは、1926年開業の老舗で、クラシックな雰囲気が多くの歌劇ファンに愛されてきたが、開業から89年が経過し、建物や設備が老朽化、耐震化が必要だという。現地で建て替えると、休業期間が3年を超える見通しで、経営への影響を最小限に抑えるため移転を選んだという。
ホテル旧館は、建築家の故古塚正治氏が設計。明治-昭和初期に六甲山麓で育まれた文化「阪神間モダニズム」を代表する建築物のひとつとされ、レトロな雰囲気が多くの人々に愛されている。約1万1千平方mの敷地に4棟があり、129の客室、レストラン9店、宴会場13室、会議室6室を備える。移転先は宝塚大劇場西駐車場で、現在地から武庫川を挟み数百メートル北。宝塚歌劇との連携強化も見込む。現在の跡地は住宅関連の開発が検討されている。
■名古屋金山ホテル(名古屋市中区)がオープンした。
旧名古屋金山ワシントンホテルプラザが全館リニューアルを実施、ワシントンホテルとの提携を終了してリブランドオープンしたもの。
新ホテルのコンセプトは「くつろぎの都心ホテル」。全館改装により、全室で履物を脱いで利用できるフローリングルームを採用したほか、金山エリアでは初となる男女大浴場や女性専用フロアを新設した。VIP対応のプレミアムルームも用意し、新感覚ホテルとして質の高い仕様・サービスを提供する。客室タイプは、シングル・ダブル・ツイン・和モダンなど全190室。全室フローリングルームで個別空調としたほか、バスルームはバスタブ無しのタイプとバスタブ有りのタイプを設定。新たに設置した大浴場は、水中照明とモザイクタイルをアクセントにしたシンプルモダンなリラクゼーション空間。足を伸ばしてくつろげる寝湯も設置した。また、3階は女性専用フロアとし、女性用大浴場も3階に設置。大浴場と女性専用フロアの設置は金山エリア初になるという。
■京王プレッソイン東銀座(都内中央区)では、歌舞伎座とのコラボレーションプランを販売している。
「隈取手拭い付き」プランと「抹茶かすていら付き」プランがあり、「隈取手拭い付き」プランでは、特典として、歌舞伎座の王道グッズ、歌舞伎座オリジナル”隈取の手拭い”が泊数分プレゼント。また、「抹茶かすていら付き」プランでは、特典として、東京駅限定の歌舞伎座オリジナルスイーツ「抹茶かすていら」が付く。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ニュース速報:ホテル備品販売(HOTEL INTERIOR ONLINE)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■帝国ホテル(都内千代田区)では、ハワイをイメージした料理などを楽しめる「ハワイ・ハレクラニ フェア」を開催している。同ホテルがハワイのホテル「ハレクラニ」と提携していることもあり企画された。
レストランおよびラウンジ・バー5店舗とホテルショップ「ガルガンチュワ」で、ハレクラニの人気メニューやハワイをイメージした料理やカクテル、スイーツなどを提している。あわせて、ハワイ産のコーヒー豆として知られるコナを100%使用した「100%コナコーヒー」を提供。
オールドインペリアルバーでは、ハレクラニで人気のサンドイッチや、バーテンダーによるフレッシュフルーツを使ったオリジナルカクテルなど、ハワイをイメージしたメニューを揃える。インペリアルバイキング サールでは、アサイーやパンケーキなど、ハワイにちなんだメニューを「ハワイ・ハレクラニ フェア朝食ブフェ」として提供。6月31日まで。
■ホテル日航東京(都内港区)では5月26日、ホテルの契約農家で農業体験が楽しめる食育イベント「スマイルファームツアー2015」を開催する。
同ホテルでは館内から排出された食物残渣をコンポスト(堆肥)として再利用している。ツアーでは、同ホテルが契約している「リサイクルエコ野菜」の栽培農家にて農業体験。土や肥料、育て方にこだわったおいしい野菜がどのように栽培されているか、農家の方のレクチャーを受けながら野菜の収穫を行うという。玉ねぎをはじめ、生のまま食べることができるエンドウの葉など、葉野菜を収穫する予定。当日農園で収穫した野菜はお土産として持ち帰ることができるので、採れたて野菜を自宅で存分に味わうことができる。収穫後は農園の近くの広場に移動してランチタイム。バーベキューランチでは、野菜やシーフード、お肉などのバーベキューのほか、春野菜を使った特製メニューを展開。
農業と食の流通を身近に感じ、コンポストでおいしい野菜を作るリサイクルの流れを体感し、味わうイベント。
■ストリングスホテル東京インターコンチネンタル(都内品川区)では、レストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」で、特製カクテルシロップと共に愉しむ「大人のかき氷」を7月1日から期間限定で提供する。
今年は、新たに「マンゴー&パッションフルーツ」、「ストロベリー&レモネード」、 「コーヒー&抹茶」の3種類がラインナップ。かき氷の氷は、いずれもチーフバーテンダーがオリジナルブレンドで作ったものが、バーらしく”アイスピック”で削り出される。荒削りのざくざくした、食べごたえのある食感が楽しめるという。
■ホテルインターコンチネンタル東京ベイ(都内港区)では、「レインボーブリッジビューダイニング&シャンパンバー マンハッタン」でオープン1周年を迎えたのを記念して、乾杯酒とフリードリンクが付いたディナーコースの販売を開始した。
ディナーコースは予算、好みに合わせて選べる様、3コースを用意し、乾杯酒にスパークリングワインをプレゼント、食事中はワイン、生ビール、ノンアルコールカクテル、ソフトドリンクが90分間飲み放題となっている。さらに、感謝の気持ちを込めてキャビアをアレンジしたシェフ特製「カラフル・アート・テリーヌ」を提供する。また、こだわりの赤牛や短角牛を約5~7週間熟成した「ダブルエイジングビーフ(ダブル熟成肉)」を堪能できるコースも用意した。
■ウェスティンホテル東京(都内目黒区)では、平日限定の「ワールドチョコレート・デザートブッフェ」を開催している。
会場となるインターナショナルブッフェレストラン「ザ・テラス」には、エグゼクティブペストリーシェフ 鈴木一夫氏の渾身の新作チョコレートデザートが勢ぞろい。チョコレートのオリジナルのフレーバーや本来の美味しさを保ちながらも、独自のスイーツを展開するために、フルーツやナッツなど、素材との組み合わせを考え抜かれたという。どこのチョコレートブランドの、何%のカカオ分を使い、どの素材と組み合わせるか。それぞれのチョコレートの個性に対して、真摯にアプローチして仕上げた。定番のヴァローナやカカオバリーにはじまり、ベイス(フランス)、ベルコラーデ(ベルギー)、カルマ(スイス)、イカム(イタリア)など、世界各地から選りすぐったチョコレートを、それぞれの特長が最もいかされかたちで、シェフ独自のオリジナルデザートに仕上げた。6月30日まで。
■ザ・リッツ・カールトン東京(都内港区)に、モダンビストロ「タワーズ」がオープンした。
これまでアメリカングリル料理を提供してきたタワーズグリルがメニューを一新し、モダンビストロ「タワーズ」として生まれ変わったもの。タワーズは同ホテルの45階に位置し、東京タワーとスカイツリーが一望でき、モダンでカジュアルでありながら、上質な雰囲気の中で、革新的な料理と45階からの眺めを楽しめる。
今回、グリル料理からモダンビストロへとコンセプトを変え、これまでと同じように洗練された料理を提供しながら、より気軽な平日の夕食や週末のカジュアルブランチ、または仕事の後の寛いだひとときに利用できる。
新しいアラカルト、セットメニューの数々は、世界各地の様々な料理を現代風にアレンジしたモダンビストロスタイル。日本国内で採れた四季折々の食材を使い、洗練された味わいに仕上げて提供する。
■トリップアドバイザーは、外国人旅行客の多い世界48都市で、ホテルでのルームサービスと宿泊費を合計し、ホテルステイにかかる料金を比較調査した「旅行者物価指数世界のホテルステイ2015」を発表した。
調査は各都市の4つ星クラスのホテルで、客室内のミニバーにあるミネラルウォーター、ウォッカのミニボトル、缶コーラ、ピーナッツ、ルームサービスのクラブサンドイッチ、ワイシャツのドライクリーニングサービスといった有料のルームサービスを頼んだ場合の料金を調査し、その平均費用と4から4.5つ星ホテルに1泊したときの平均価格との合計を比較したもの。
その結果、最も料金が安い都市はブルガリアのソフィアで、合計金額は平均11,700円。反対に最も高い都市はアメリカのニューヨークで、ホテルステイにかかる合計金額は4倍以上の51,045円という結果になった。東京は世界で6番目に高い都市という位置づけだった。
■ホテルエスティネーション(沖縄県那覇市)が8月にオープンする。
グローバルエージェンツが那覇市内のホテルを取得し、大規模リノベーション・リブランドを行い、ゲスト交流型ホテルとして開業するもの。客室数88室。沖縄の幹線道路である国道58号線沿いに立地。「新しい沖縄」をコンセプトに、沖縄の伝統的な素材や模様を、視点を変えて組み合わせ、全く新しい表情を創り出したい考え。
沖縄県は、入域観光客数が顕著に増加している成長市場であり、昨年は初の700万人台を記録、今年も前年を上回るペースで推移している。中長期的にも那覇空港の滑走路増設や、ユニバーサルスタジオジャパンが沖縄県への進出を表明するなど観光客数の増加が見込まれることから、同プロジェクトをきっかけに今後も沖縄県内にホテルやソーシャルアパートメントを積極的に展開していくという。
■米・ラスベガスの「ベラージオ」で今年8月、同ホテルの噴水を使った歌舞伎「鯉つかみ」が演じられることになった。
市川染五郎が、鯉の精と水中で格闘する「鯉つかみ」は、本物の水を使ったダイナミックさが見どころ。歌舞伎のラスベガス公演は初めてで、同ホテルの噴水を使って俳優が演技をするのも初めて。
同ホテルは、映画「オーシャンズ11」のラストシーンでも知られ、噴水の中に特設舞台を設け、音楽と視覚効果も加わった壮大なショーにするという。「KABUKI Spectacle – Koi Tsukami – Fight with a Carp」と題した同公演は無料ショーで、8月14~16日に開催される。
■米国ホテルのロイヤルティプログラムに関する顧客満足度調査で、「ヒルトンHオナーズ」と「デルタ・プリビレッジ」が同率で首位を獲得した。J.D.パワーが実施した調査で明らかになった。
同社では「アカウントのメンテナンス/管理」、「ポイント/マイルの利用しやすさ」、「ポイント/マイルの獲得しやすさ」、「リワードプログラムの利用規定」、「特典の豊富さ」、「カスタマーサービス」の6つの要素から評価を実施。今回首位となったヒルトンHオナーズは「ポイント/マイルの使いやすさ」「ポイント/マイルの獲得しやすさ」が高評価となった。ちなみに、3位はベストウェスタン・リワード、4位はIHGリワーズ・クラブ、5位はマリオットリワードだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ホテル旅館観光業界」のニュース一覧 – ホテル備品販売ニュース BUSINESS

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■米・ラスベガスのホテル「The Cosmopolitan resort」で、アップルのモバイル決済サービス「Apple Pay」が使える様になる。
ホテルのフロントデスクはもちろん、レストランやバーでも「Apple Pay」が6月初めから利用可能になる。ルームサービスやコンセルジュサービスでもApple Payでの支払が可能になり、iPhoneはもちろん、Apple Watchでも決済が可能となるという。
ただ、カジノでApple Payでの決済が可能かどうかはまだはっきりしていない。現在、ラスベガスの大部分のカジノでは、チップの購入は現金に限られており、クレジットカード決済を利用する場合は、同額の現金のデポジットが必要になるが、Apple Payが対応するのかどうかは未定。
アップルでは、Apple Payを既にアメリカ全土の数千店舗で利用可能にしており、200を超える銀行やカード会社と提携している。今のところアメリカ以外ではApple Payのサービスは提供されていないが、今年末までにはアメリカ以外でもサービスを開始したいという意向の様だ。
■ウェスティンホテル東京(都内目黒区)では、平日限定の「ワールドチョコレート・デザートブッフェ」を開催している。
会場となるインターナショナルブッフェレストラン「ザ・テラス」には、エグゼクティブペストリーシェフ 鈴木一夫氏の渾身の新作チョコレートデザートが勢ぞろい。チョコレートのオリジナルのフレーバーや本来の美味しさを保ちながらも、独自のスイーツを展開するために、フルーツやナッツなど、素材との組み合わせを考え抜かれたという。どこのチョコレートブランドの、何%のカカオ分を使い、どの素材と組み合わせるか。それぞれのチョコレートの個性に対して、真摯にアプローチして仕上げた。定番のヴァローナやカカオバリーにはじまり、ベイス(フランス)、ベルコラーデ(ベルギー)、カルマ(スイス)、イカム(イタリア)など、世界各地から選りすぐったチョコレートを、それぞれの特長が最もいかされかたちで、シェフ独自のオリジナルデザートに仕上げた。6月30日まで。
■ヒルトン小田原リゾート&スパ(神奈川県小田原市)では、「ヒルトン小田原忍者 宿泊プラン」を販売している。
3月末にコテージを除く全客室、フロントロビーをはじめとした主要施設のリニューアルが完了したことを記念し、かつて忍者がいたと言われる小田原の歴史にちなみ、ヒルトン小田原流忍者修行を達成するとホテル認定の忍者になることができるというユニークなプラン。
同プランは、4~12歳の子供連れファミリーを対象にしたスペシャルパッケージで、客室にある札に書かれた”忍務”を皮切りに、子供が忍者衣装に身を包み、札を集めながら徐々に明らかになっていくミッションをこなしていくというもので、忍務を終えると「ヒルトン小田原忍者」として認定し、認定グッズをプレゼントするという。
小田原には戦国時代、関東一円を治めた北条氏に仕え、五代に渡って活躍したと言われる風魔小太郎とその一党がいたといわれており、小田原市は「風魔忍者の里」として観光振興に活かしている。
■マリオット・インターナショナルは、「アップルウォッチ」用のアプリ「Marriott International」を公開した。
同アプリは、マリオットのポイントプログラム「マリオット・リワーズ」の会員が対象で、ホテルのチェックイン・チェックアウト、部屋の準備ができた際の通知表示、予約履歴、各ホテルまでのアクセスなどの情報を提供する。
また、「ボルチモア・マリオット・ウォーターフロント」では、自分のモバイルデバイスが客室のキー代わりになる「キーレス・エントリー」などの運用を検証するなど、Apple Watchをはじめとするモバイルデバイスとホテルとの連携を推進している。
■神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸市中央区)では、神戸ポートタワーを貸し切り、夜景に包まれながらプロポーズする宿泊プランを販売している。(平日のみ・1日1組限定)
同ホテルが、7月15日に開業20周年を迎えるのに合わせ、20周年特別宿泊プランのひとつとして企画された。神戸ポートタワーを貸し切る宿泊プランは ホテルでも初めて。
神戸ポートタワーは、NPO法人地域活性化支援センターが定める「恋人の聖地プロジェクト」で、プロポーズにふさわしい「恋人の聖地(サテライト)」にも選定されている。
■JRタワーホテル日航札幌(札幌市中央区)は、エグゼクティブフロア(31~34階)の客室「エグゼクティブツインルーム」と「コーナーデラックスツインルーム」をリニューアルした。
エグゼクティブフロアの利用対象を、2015年度末(予定)に開業する北海道新幹線で「グランクラス」(従来のグリーン車より上位の座席)の利用客と想定。アクティブシニアやポスト団塊世代を中心とした旅行・レジャー消費をけん引する客層が安心してゆとりのある滞在を楽しめるよう、インテリアを全面的に改修したという。
道内最高層のJRタワー高層階(31~34階)ならではの眺望を活かし、大きな窓から風景を楽しめるようにベッドの向きや家具のレイアウトを変更。また、大型テレビを壁掛け型に変更し、デスクなどの家具を機能的かつコンパクトにまとめ、女性の肌が美しく見える照明に変更するなど、上質でゆとりのある居住空間を実現。さらに、スズランの刺繍を施したアクセントピローなどをあしらい「北海道らしさ」を演出した。
■ザ・リッツ・カールトン東京(都内港区)に、モダンビストロ「タワーズ」がオープンした。
これまでアメリカングリル料理を提供してきたタワーズグリルがメニューを一新し、モダンビストロ「タワーズ」として生まれ変わったもの。タワーズは同ホテルの45階に位置し、東京タワーとスカイツリーが一望でき、モダンでカジュアルでありながら、上質な雰囲気の中で、革新的な料理と45階からの眺めを楽しめる。
今回、グリル料理からモダンビストロへとコンセプトを変え、これまでと同じように洗練された料理を提供しながら、より気軽な平日の夕食や週末のカジュアルブランチ、または仕事の後の寛いだひとときに利用できる。
新しいアラカルト、セットメニューの数々は、世界各地の様々な料理を現代風にアレンジしたモダンビストロスタイル。日本国内で採れた四季折々の食材を使い、洗練された味わいに仕上げて提供する。
■トリップアドバイザーは、外国人旅行客の多い世界48都市で、ホテルでのルームサービスと宿泊費を合計し、ホテルステイにかかる料金を比較調査した「旅行者物価指数世界のホテルステイ2015」を発表した。
調査は各都市の4つ星クラスのホテルで、客室内のミニバーにあるミネラルウォーター、ウォッカのミニボトル、缶コーラ、ピーナッツ、ルームサービスのクラブサンドイッチ、ワイシャツのドライクリーニングサービスといった有料のルームサービスを頼んだ場合の料金を調査し、その平均費用と4から4.5つ星ホテルに1泊したときの平均価格との合計を比較したもの。
その結果、最も料金が安い都市はブルガリアのソフィアで、合計金額は平均11,700円。反対に最も高い都市はアメリカのニューヨークで、ホテルステイにかかる合計金額は4倍以上の51,045円という結果になった。東京は世界で6番目に高い都市という位置づけだった。
■ホテルの客室で盗難に遭うのが最も多い備品のひとつがタオルだといわれるが、世界の約2,000以上のホテルでは、タオルやシーツにマイクロチップを埋め込み、追跡できるシステムを導入している。マイクロチップは、直径1センチほどのもので、タオルや枕カバー、シーツなどに埋め込んでおくことで、どこにあるのかがすぐにわかるようになっている。
同システムは、もともと、ホテルの在庫管理に便利なシステムとして開発されたものらしいが、実際には盗難防止に大きく役立っているという。例えば某ホテルでは、お客が部屋から持ち出すとすぐに客室係にアラームで知らせがいくシステムになっている為、ホテルの外への持ち出しを防ぐことができ、また、このシステムにより、一か月にどれぐらいのシーツやタオルがなくなっているかもわかる様になった。平均すると1か月に10%から20%のシーツが摩耗や劣化が原因で使えなくなるが、2%は盗難により無くなっているという様なこともわかるようになったとか。
■米・ラスベガスの「ベラージオ」で今年8月、同ホテルの噴水を使った歌舞伎「鯉つかみ」が演じられることになった。
市川染五郎が、鯉の精と水中で格闘する「鯉つかみ」は、本物の水を使ったダイナミックさが見どころ。歌舞伎のラスベガス公演は初めてで、同ホテルの噴水を使って俳優が演技をするのも初めて。
同ホテルは、映画「オーシャンズ11」のラストシーンでも知られ、噴水の中に特設舞台を設け、音楽と視覚効果も加わった壮大なショーにするという。「KABUKI Spectacle – Koi Tsukami – Fight with a Carp」と題した同公演は無料ショーで、8月14~16日に開催される。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホテル業界特化ニュース配信 – インテリア,ベッド,寝具,ホテル備品販売情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■日本の首相として初めて米議会の上下両院合同会議で演説した安倍首相。今回宿泊したのは、ホワイトハウスの傍、北西に位置するブレアハウス(Blair House)だった。
ここは、米大統領の賓客が宿泊する施設で、日本でいえば迎賓館にあたる。このブレアハウス、外見上は、小じんまりとした一般の住宅の様にも見える建物だが、その中は意外にも規模が大きいという、ユニークな構造になっている。というのも、ブレアハウスは、4軒の家屋を繋げた構造になっているから。その歴史は長く、もともとその主屋は、1824年に初代米陸軍軍医総監の邸宅として建てられた建物を、1836年にワシントングローブ紙社主でジャクソン大統領の側近的存在だったフランシス・ブレア氏が買い取り、以後1世紀以上にわたってブレア家の邸宅として使われた。彼はその後、その隣に別屋を建て、自分の娘夫妻を住まわせ、この2軒がぶち抜かれて連結された。そして1942年には米政府がこの両屋を買収し、大統領の賓客のための宿泊施設とした。その後、1980年代に、その裏手に新たに北棟が増築され、さらに隣接するトローブリッジハウスという建物が繋がれ、4棟の建物が連結されるに至った。4棟の総部屋数は計119室あり、総床面積は7万平方フィートを超え、ホワイトハウスの本館レジデンスよりも規模の大きい施設となっている。ただ、外観から見ると、単なる小さな住宅の様に見えるため、初めて訪れる外国VIPの多くは困惑の表情を見せ、1歩中に立ち入ると、今度はその広大さに驚愕の表情を見せるという。
■IHG(インターコンチネンタルホテルズグループ)では、アップルウォッチ用の翻訳アプリ「IHG Translator」をリリースした。
腕時計に直接話しかける「Translator」機能、あらかじめ用意されている基本フレーズ集から必要なフレーズを選択する「Phrases」機能を使用し、日本語を含む13カ国語への翻訳がリアルタイムにできるという。
翻訳されたフレーズは即座にスクリーン上に表示され、音声による再生も可能。発音表示もあるので、読み上げるときヒントになるという。また、翻訳レベルも状況に合わせてフォーマル、カジュアル、スラングと訳し分けることができる。
■ザ・リッツ・カールトン東京(都内港区)に、モダンビストロ「タワーズ」がオープンした。
これまでアメリカングリル料理を提供してきたタワーズグリルがメニューを一新し、モダンビストロ「タワーズ」として生まれ変わったもの。タワーズは同ホテルの45階に位置し、東京タワーとスカイツリーが一望でき、モダンでカジュアルでありながら、上質な雰囲気の中で、革新的な料理と45階からの眺めを楽しめる。
今回、グリル料理からモダンビストロへとコンセプトを変え、これまでと同じように洗練された料理を提供しながら、より気軽な平日の夕食や週末のカジュアルブランチ、または仕事の後の寛いだひとときに利用できる。
新しいアラカルト、セットメニューの数々は、世界各地の様々な料理を現代風にアレンジしたモダンビストロスタイル。日本国内で採れた四季折々の食材を使い、洗練された味わいに仕上げて提供する。
■名古屋マリオットアソシアホテル(名古屋市中村区)では、5月17日に開業15周年を迎えるのに合わせ、感謝と祝いの意を込めた色々なイベントをおこなっている。
52階「ミクニナゴヤ」では、劇団四季ミュージカル「マンマ・ミーア!名古屋公演」とのコラボレーションメニューを提供。驚きと感動に包まれる物語の世界をそのままに、幸せにあふれたコース料理に仕上げた。また、開業日である5月17日にはロビーで、地元出身のジャズシンガーが奏でる音楽に合わせ、シェフが繰り出すチョコレートアートパフォーマンスで15周年を祝う。
また、「プレミアムアニバーサリー」 宿泊プランでは、コンシェルジュフロアにあるデラックススイートルームの宿泊と食事(夕・朝食)に加え、 開業15周年の感謝の気持ちを込めてボトルに名前の彫刻をあしらった、世界に一つのシャンパンをプレゼントする。客室のあるコンシェルジュフロアとは、36階にある専用レセプションでチェックイン・チェックアウトする特別フロアのことで、全室に、当サイトでも取り扱うホテル高級ベッドが納入されており、フリードリンクサービスや、専用のコンシェルジュラウンジでの朝食など、ワンランク上のホテルステイを味わえる。最近では予約が取りにくい状況の人気フロア。
その他、さまざまな開業15周年を記念したイベントを用意している。
■ホテル日航東京(都内港区)日本料理「さくら」では、豚肉やアルコールを含まない、ハラールメニュー3種を5月11日から販売する。
都内のホテルでハラール認証ならびにハラールメニューの認証が発行されたのは、今回が初めてだという。メニューは、牛すき焼きをはじめ、寿司、天麩羅など、日本料理ならではの見た目の美しさと繊細な味を堪能できる「和食」。価格は、3,000円、5,000円、7,000円の3段階。一日20食限定で、事前予約が必要。使用している牛肉や鶏肉、調味料はハラール対応食材を使用し、ハラール専用のキッチンで調理しており、ムスリム完全対応になっているという。
日本政府が観光局と連携して推進している「東南アジア・訪日100万人プラン」で、インバウンドの中でも特にインドネシアやマレーシアなど、イスラム圏からの旅行者の受け入れを強化していることを受けて企画した。事前連絡すれば、既成メニュー以外の要望にも対応できるという。
■リーガロイヤルホテル広島(広島市中区)1階に直営の新レストラン「ALL DAY DINING LUORE(オールデイダイニング ルオーレ)」がオープンした。
朝食・ランチ・ディナー・喫茶と楽しめるレストランで、30~40代の女性をメインターゲットとし、ランチ・ディナーにはイタリア料理を主軸とした欧風料理を提供する。朝食・ランチ・ディナーのビュッフェコーナーでは、スタンドクッキングで、各時間帯で異なる多彩なメニューが楽しめる。ワインを中心としたドリンクも豊富に用意した。店舗デザインは黒を基調とし、上品で落ち着いた、シックな内装とした。また、大きなガラス窓の外にはグリーンが見え、開放的な空間が広がる。グループ利用にも対応し、プライベート席も用意した。
■シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル(千葉県浦安市)は、「ANNEX棟プロジェクト」として新たに175室を持つANNEX棟を増築する。
東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは、2014年度の来場者が合計で過去最高の3137万7000人と発表され、今後、東京オリンピックもあり、訪日する外国人が大幅に増えると予想されている。外国人観光客は最低でも3泊するなど宿泊のパターンが異なることからも、外国人客にもスピーディに対応していく考え。また、これまでの主流は子供連れのファミリーだったが、3世代のファミリーや元気で余裕のある熟年夫婦の利用も増えてきており、求められるサービスやエンターテインメントがこれまでとは異なってきていることからも、ANNEX棟増築など客室のハードだけでなくソフト面も含めて対応していく考えで、多様化する旅行や観光へ対応する。
今回の増築により、舞浜エリアとしては初の1000室を超える規模のホテルとなる。2年後の2017年のオープンを目指す。
■シティスパてんくう(大分市)がオープンした。JRおおいたシティ(大分駅ビル)内の8~18階を占める「JR九州ホテルブラッサム大分」の上層階19~21階に位置し、地上80メートルという、高さ日本トップクラスの屋上露天温泉。ヒーリングスパ、カフェバーなども備える。複合商業施設「アミュプラザおおいた」と合わせ、同駅ビル内の施設はこれですべて開業した。
ホテルは、客室数190。内装や家具のデザインは、駅ビルをデザインしたドーンデザイン研究所代表の水戸岡鋭治氏(豊の国かぼす特命大使)が手掛けた。自然の素材を多用し、「やさしさ」と 「ぬくもり」を感じるデザインとなっている。窓には組子入り障子、天井からは大型のペンダントライト、枕もとにはレトロ調のナイトランプが灯り、ベッドは、当サイトでも取り扱うホテルベッドが全室に納入された。
現在、期間および販売室数限定の、朝食、温泉入浴がセットとなった「開業記念宿泊プラン」を販売している。
■食品スーパーを全国展開する神戸物産が、米・ニューヨークでホテルを計画している。
マンハッタン中心部に購入した土地に、日本企業として初めて、更地からをホテルを建設し、運営する。地上7階、地下1階となる予定で、客室は畳敷きの部屋も用意するほか、深い浴槽や浴衣を備えるなど、和風を強調した作りにするという。
同社は、マンハッタンで展開しているしゃぶしゃぶ店のノウハウを生かし、ホテルでも和食メニューを提供。宿泊料は1泊200ドル(約2万4,000円前後)を想定。家族連れや団体など宿泊人数が増えると割安になる大部屋も用意するなど、特徴を出していきたい考え。2017年夏にオープン予定。
■サッカー・スウェーデン代表でパリ・サンジェルマンに所属する、イブラヒモヴィッチ選手の故郷マルメに新しくオープンするクラリオン・ホテルに、彼の名前「ズラタン・イブラヒモヴィッチ」からとった「ズラタン・スイート」が誕生した。
同ホテルが誇る約320坪の最高級スイートは、当初プレジデント・スイートと称されていたが、イブラヒモヴィッチの名誉を祝して「ズラタン・スイート」と命名されたという。
一泊9000クローナ(約12万4,000円)のズラタン・スイートからはマルメの港が一望でき、室内にはイブラヒモヴィッチの写真も飾られており、地元の観光名所のひとつになりそうだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; http://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━