ホテルの支配人が必見の業界ニュースクリップをネットで配信_ホテル・旅館のオーナー向け情報を

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのシーツ ホテルのベッドカバー ホテルの枕
サータのベッド サータのマットレス サータのマットレス/ベッド
大きなサイズのベッド 和室にベッド ホテルのインテリアなら安心
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■米・ラスベガスの「プラネットハリウッドホテル」に隣接する「ミラクル・マイル・ショップス」に、バーテンダーのいないカクテルバーがオープンした。
ロボット・バーテンダーがカクテルを作ってくれるバー「Tipsy Robot」で、これまで、世界最大の豪華客船「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」内ではバーテンダーロボ「Galactic Ambassadors」が存在したが、地上では初の事例になるという。
2台のロボットがバーを受け持ち、それぞれ1時間に120杯のカクテルをサーブできる。北米最大の酒類卸売業サザン・グレーザーズ・ワイン&スピリッツ監修のカクテルメニューはiPadから注文し、できあがるまでの時間も表示してくれる。ロボットアームは、攪拌から混合、ガーニッシュを加えるまで忠実にバーテンダーの動きを再現、カクテルは70~90秒で自動的に運ばれてくる。金属メッシュと波状の鋼でハイテクな世界を表現し、9台の大型スクリーンには「宇宙をイメージした別世界の動画」が流れる。最先端のInstagramフォトブースで撮った写真をライブでソーシャルメディアに投稿し、ユニークな体験を共有することもできる。
システムを開発したのは、イタリア・トリノを拠点とするMakr Shakr社で、カクテル作りとクリーニングおよびメンテナンスの機能モードだけでなく、バーテンダーロボが音楽に合わせて踊る「ダンシング・モード」もあるという。
■視覚の95%を失った青年が5つ星ホテルマンを目指すという映画が公開される。
5つ星ホテルで働くという夢をかなえるため、目が見えないことを隠してミュンヘンの一流ホテルに挑んだサリヤ・カハヴァッテさんの実話を基にしたドイツ映画「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」(My Blind Date with Life)で、日本では来年1月13日公開。
目の前の相手もぼんやりとした光の集合体にしか見えない彼が、視覚以外の感覚を総動員させ、過酷な研修をいかにして乗り越えていったのか。笑いと爽やかな感動と共につづられている。主演のコスティア・ウルマンは特注のコンタクトレンズと視野の95%を奪う特別な訓練用ゴーグルを使用して役づくりをし、チャーミングかつ説得力を持った演技を披露した。本国ドイツでは大ヒットを記録したという。
■白樺リゾート池の平ホテル(長野県茅野市)に「仮面ライダービルド」の客室が登場する。
同ルームに泊まる宿泊プランは、「仮面ライダービルド」で装飾された部屋を満喫できるプランで、10月7日から来年9月30日まで。客室には仮面ライダービルドのパネルが飾られ、ベッドカバーやクッション等も仮面ライダー仕様に。用意してあるキャラクターグッズが持ち帰れるなど、男の子の大好きが詰まった客室仕様となっている。さらにホテルに隣接した遊園地・白樺リゾート池の平ファミリーランドのフリーパス券か、室内温水プールの滞在中の無料券、冬季は雪遊びデビューに最適な冬遊び広場の入場券が付くなど、男の子が元気に遊べるプランとなっている。
■ザ・リッツ・カールトン東京(都内港区)では、クリスマスケーキの予約受け付けを開始した。
ヘーゼルナッツのダコワーズとリンゴのコンポートを2層のアップルクリームで包んだ「グリーンアップル ヘーゼルナッツ」(18センチ、7,000円)をはじめ、「ラズベリー シャンパーニュ」(18センチ、7,800円)、「ストロベリーショートケーキ」(9センチ、3,800円~)、全てチョコレートでできたハンドバッグに入った「イボワール コーヒーオレンジ パーティーサイズ」(2万2,000円)の4種類を用意。11月15日からはクリスマス限定スイーツの販売も始める。チョコレート職人によるクリスマス限定のチョコレートをはじめ、和三盆を使用し独自にアレンジしたシュトーレンや、「幸せの贈り物」とも呼ばれる伝統的なお菓子「パネトーネ」をそろえる。
■リーガロイヤルホテル(大阪市北区)に、ハロウィーン仕様のスイートルームが登場した。
フランスの宮殿をモチーフにしたスイート「フォンテンブロー」(82.5平米)をゴージャスにデコレーションしたハロウィンルーム。まるで先程までそこに城のあるじがいたかのような仕掛けをし、謎めいた屋敷に迷い込んだ気分を味わえる。コウモリをあしらったツリーや、黒羽のリースなど、怪しげで少しホラー感のある屋敷。あるじの私物であるステッキやマント、仮面、ハットも置いてあり、客室内で仮装して写真撮影も楽しめる。また、ホテル内のテイクアウトショップ「グルメブティック メリッサ」のハロウィン特別ケーキが入ったプラン専用のアフタヌーンティーも部屋で味わえる。
■パレスホテルが大阪への出店を検討している。
関電不動産開発が大阪・堂島に建設するビルにおけるホテル物件で、外資系含む複数の候補ホテルの中の候補としてパレスホテルの名前が挙がっている。同ビルは2020年春に開業予定で、地上17階、地下1階建て、この内、ホテルは地上1~13階、レストランはあるが宴会場などを持たないホテル形態で、約200室規模を予定。14~17階にはホテルと別事業者の賃貸マンションを導入する計画。
■倉敷アイビースクエア(岡山県倉敷市)に来年10月、大規模な学会、イベントなどのビジネス需要「MICE」に対応できる新宴会場がオープンする。
ホテル敷地内の倉庫などを取り壊し、地上2階建て、延べ床面積約2,460平方mの宴会場にする。千人規模の立食パーティーにも対応でき、倉敷市で最大の施設となるという。来年冬に完成を予定している宿泊棟、大浴場の大規模改修と合わせ、24億円を投じる計画。施設のグレード感を高め、近年増加傾向にある外国人観光客やMICEのさらなる取り込みを図る。
■HOTEL R9 SANOFUJIOKA(栃木県佐野市)が10月28日にオープンする。
コンテナ建設や不動産管理事業などを行なうデベロップ社が開発した建築用コンテナモジュールによるホテル。
同社ではこれまでも出資するTube社が運営する中部国際空港内カプセルホテルの開発や、2017年8月に千葉に開業した「Casual Resort COFF Ichinomiya」など、自社の新たな柱の一つとすべく、ホテル開発に取り組んできた。今回、開業するホテルは、宮城県石巻市で震災復興の従事者用の宿泊施設として利用されていたコンテナホテル「ホテルサンプラザアネックス」を移設してリニューアルするもの。コンテナホテルの移設オープンは国内初の事例だという。
同社ではコンテナによるホテル開発事業を、コンテナ建築の特徴である短工期、建築後の移設・再利用による環境負荷の最小化と産業廃棄物の抑止といった利点を生かし、需要や社会状況の変化に柔軟に対応できるホテル開発ソリューションとして進化させていく方針。
■ホテル1-2-3前橋(群馬県前橋市)が全面的にリニューアルする。
同ホテルは1973年開業の老舗。内外装を改め大浴場も設置、飲食店コンサルと組んでレストランや宴会の料理も改善するという。
ホテルは現在、営業を継続しながら改修工事を実施しており、老朽化している全客室の内装や配管を改修する。外装も塗り替えやタイルの貼り替えで刷新。朝食時の混雑が目立つ1階のレストランはロビー部分まで拡張し、約80席と収容人数を現在の2倍に増やす計画。11月末までに第1弾の改装を終え、12月に新たなホテルとして再出発する。大浴場の開設は来年度中になる見通し。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■「一流ホテルのベッド」■□■
ホームページ ; https://www.hotel-bed.net
Yahoo!ストア店 ; http://shopping.geocities.jp/hotelbed//
楽天店(「ホテルのインテリアをご家庭に」) ; https://www.rakuten.ne.jp/gold/hotel-room/
amazon(アマゾン)店 ; http://www.amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です