シーツの洗濯はどうすればいい? シーツのお手入れ・メンテナンス方法って?

画像

シーツは、ベッドマットレスの上にベッドパッドを敷いた上から、マットレスをくるむようにしてベッドメイクするインテリアのアイテムです。

画像

ご家庭では、箱型になった「ボックスシーツ」が多く使われ、ホテルや旅館などの宿泊施設では、フラットな「メイキングシーツ」が一般的に使われます。

画像

シーツは定期的に洗濯して、清潔・衛生的な状態を保ちましょう。
◆洗濯機で洗濯◆

画像

まずは、洗濯機の容量を確認。
シーツのサイズにもよりますが、別注サイズや特注サイズの場合は、特に大きめの洗濯機を使いましょう。

画像

詳細は、洗濯機の説明書を読んでシーツの大きさ・ボリュームとの相性を参考に。
洗濯の際、布団用洗濯ネットに入れると、安心して洗濯できます。

画像

洗濯の手順は、使う洗濯機の手順に準じます。
コースは、毛布洗い、布団洗い・弱洗いなどが適していますが、使う洗濯機のコースや説明書などを確認して選びましょう。

画像

全自動のコースが終われば終了。
陰干しで、干します。
日光による黄ばみ・色あせを防ぐため、日陰で干します。早く乾かしたいときは、ときどき裏返します。
タンブラー乾燥、乾燥機を使った乾燥は縮みの原因にもなりますのでやめておきましょう。
◆では、もし洗濯機に入らない場合は?
浴槽で踏み洗いという方法もあります。
浴槽に10cmくらい水をはって(約45L)、洗剤をよく溶かします。
シーツを洗たく液にひたし、踏み洗いします。
すすぎは、浴槽に15cmくらい水をはって足踏みし、水がきれいになるまで、数回繰り返します。
水を抜いて、足で踏んでシーツの水気を切る。
◆日頃のお手入れ
シーツの日頃の手入れには、たとえば、リセッシュ除菌EXなどの、香りが残らないタイプの消臭剤が良いでしょう。汗のニオイがたまりやすいシーツを手軽に消臭・除菌できます。20~30cm離して表面全体が湿り気をおびる程度にスプレーします。
ホテルでは、専門のリネン会社が、日々、ホテルからシーツやベッドパッドなど、リネン類をまとめて引き取り、業務用の洗濯機でクリーニングしています。もし、シミや汚れがひどい場合は、お近くのクリーニング店等に相談してみましょう。

画像

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です