ホテル業界ニュース20190219

■シェラトン都ホテル大阪(大阪市天王寺区)では、12階の客室フロア(50室)を全面改装し、「プレミアムフロア」へリノベーションする。
「和のエッセンスを感じる、明るく快活なモダン空間」をコンセプトに、機能的で清潔感のある設えに、明るくエネルギッシュな大阪のイメージカラーとしてオレンジを随所にあしらうという。また、折り紙や扇子、屏風などの和のイメージから連想した要素も盛り込まれる。

■ホテル日航福岡(福岡市博多区)では2月22日より「福岡ソフトバンクホークス野球観戦宿泊プラン2019」を販売する。
ダイナミックなプレーが間近で観戦できるシーズンシートがセットになった宿泊プラン。全プラン共通の特典は、朝食付き、ホテル駐車場無料、ホークスグッズプレゼント。さらに、ラッキーデーに宿泊すると歴代の鷹の祭典ユニフォームをプレゼント。まだ発売されていない公式戦最終試合も予約できる、ファンにはたまらない野球観戦チケット付きプラン。試合開催日には同ホテルから徒歩3分の博多バスターミナルから福岡ヤフオク!ドームまでの臨時バスが運行されるのでアクセスも便利。

■ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート((沖縄県国頭郡)は4月1日より、「サンゴ保護活動プラン」を発売する。
同リゾートでは2003年から「チーム美らサンゴ」の立ち上げに携わり、2005年からはサンゴの天敵であるオニヒトデの駆除作業と水中のクリーン活動、サンゴの苗の植え付けを行いサンゴの保全に努めてきた。昨年夏、恩納村が~世界一サンゴにやさしい村~「サンゴの村」宣言をしたことを受け、同リゾートでも村の行うプロジェクトに参画すべく、リゾートならではのアクティビティを活かした楽しみながら自然保護に貢献できる3つのプログラム「サンゴ保護活動プラン」を企画したという。同プランの参加費の一部はサンゴの保全活動に寄付される。

■マホロバ・マインズ三浦(神奈川県三浦市)では、「コンセプトルーム総選挙」と題したプレゼントキャンペーンを実施する。
同ホテルのコンセプトルームは、「SAKURA(桜)」や「コカ・コーラ」、「アリス」などをテーマに、特長のある内装や装飾、家具などを配しており、今回のプレゼント企画は、同ホテルが「河津桜」の神奈川県内随一の名所・三浦海岸に位置し、その桜にちなんだコンセプトルームもあることから、「三浦海岸桜まつり」の期間に合わせて公式サイト上と館内で実施するもの。同ホテルにあるコンセプトルーム6室のうち、「泊まって良かった、または泊まってみたい客室」を1つ選んで投票し、得票数の最も多い客室に投票した人の中から抽選で1名に、そのコンセプトルームのペア宿泊券(バイキング2食付き)をプレゼントする。

■ダイワロイネットホテル広島駅前(広島市東区)が4月13日にオープンする。
大和ハウス工業が開発中の、商業施設やオフィスなどの複合施設「GRANODE(グラノード)広島」の13~20階にオープンするもので、客室数は197室。全室浴室・トイレ別で客室面積は20平方m以上となる。20階には、インバウンド客の需要が高いフィットネスルーム(宿泊客は無料)を併設する。
40インチ液晶テレビや加湿機能付空気清浄機、Wi-Fiを備え、宿泊料金は、25,000~60,000(円/室)を予定している。
「GRANODE広島」は、1~2階が商業施設、3~11階がオフィス、13~20階がホテルとなる。

■THE LIVELY(ザ ライブリー)福岡(福岡市博多区)が7月に開業する。
同グループではこれまで、「HOTEL GRAPHY」、「ESTINATE HOTEL」、「UNWIND HOTEL & BAR」、「THE MILLENNIALS」の4つを展開してきたが、今回の「THE LIVELY」は、これまで蓄積してきた知見をフルに活かして開発・運営する旗艦ライフスタイルブランドとなる。
ホテルを「世界中から人と情報と機会が集まる場」と再定義し、THE LIVELYをより自由で、訪れる度に新たな発見に溢れるホテルにしていくことを目指す。
バーを中心に据えた空間設計。大規模改装によって、1階の一部の天井を壊して1~2階の吹抜けとし、その中央にアイランド型のロビーバーを配した。全224室の客室は、ダブルルームをメインとして、ビジネスからレジャー利用まで幅広く利用可能。全てが備わった質の高いアメニティとライティングの美しいデザインが特徴で、カジュアルな宿泊に最適としている。

━━━━━━━━━━━━━━━
ベッド ホテル シーツ ホテル ベッドカバー ホテル 枕 ホテル
サータ ベッド サータ サータ マットレス/ベッド
大きなサイズ ベッド 和室 ベッド ホテル インテリア
━━━━━━━━━━━━━━━